運動会のお弁当!前日に詰めると食中毒の心配がある?安全な方法は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





お子さんのいる家庭では、
運動会は1年の中でも
かなり大きなイベントですよね!

小さい兄弟も、
おじいちゃん・おばあちゃんも
皆で行って楽しめるのが魅力の行事です。

そして何より、
子供たちにとっては
運動会のお弁当も楽しみの一つです!

でも、運動会の当日って、
お天気はどうか、着るものの調節は?
早めに行って場所取り…等、
いろいろ気がかりです。

その上、
お弁当を当日の朝に作るとなると
かなり早起きしなくてはなりません。

お弁当は前日に作っておいちゃ
ダメでしょうかね!?

答えを言ってしまうと大丈夫です!

ですが作り置きのお弁当には
傷ませないための注意が必要ですので、
安心して前日作ったお弁当を持っていけるよう
工夫の仕方をお知らせしますね!

また、前日に詰める
オススメのおかずもご紹介しますので、
献立の参考にしてみてください^^

運動会の弁当って前日に作っても大丈夫?傷んだりしない?

スポンサードリンク

一般的に、「作り置きおかず」として
紹介されているものは、
お弁当のおかずとしても
利用することができます。

ただ、当日の朝に作ったお弁当よりは
傷みやすいですので、
いくつか注意点があります。

お弁当に菌をつけず、増やさず、
殺菌して保存することが大事です。

運動会のお弁当は
皆で食べることになりますので、
容器やおかずカップなども清潔な状態にし、
できれば熱湯消毒などを行っておきましょう。

おかずを詰める際にも、
素手ではなく菜箸などを使います。

運動会ですと
おにぎりを作ることもあるかと思いますが、
ラップ使い捨てのプラスチック手袋を使って握ります。

痛みにくい食材を!

食材やメニューの選び方にも
ポイントがあります。

菌は水分の多いところで繁殖しますので、
生野菜や水分の多く出る料理は避けます

調味料ですと、
マヨネーズやタルタルソースは
水分が多く出ます。

中までしっかりと火を通した
揚げ物、炒め物などは食べごたえもあり、
運動会に持って行く
作り置きおかずとしては適しています。

味付けを濃いめにすると保存性が増しますが、
酢、しょうが、わさび、
からし、カレー粉、梅干し等
傷みを防ぐ効果のあるものを加えると更に安心です。

前日に作ったお弁当は冷蔵庫で保存しますが、
当日取り出してそのまま持って行くのはNGです。

電子レンジでしっかり再加熱し、殺菌します

しっかりと冷ましてからフタを閉めましょう。

お弁当を入れる容器は、
電子レンジにかけられる
素材のものを使ってくださいね!

前日に作れるおかずはこれ!夜に作って朝ゆっくりしよう!

運動会に皆で食べられて、
前日のうちに作っておける
オススメのおかずはコチラです!

唐揚げ

年齢を問わず、
お弁当のおかずとしては人気です!

また、運動会なので、
狭い場所や膝の上で
食べるかもしれないことを考えると、
掴みやすい形状だということも
ポイントが高いです。

ハンバーグ、肉団子

小さめサイズで作ると火の通りも良く、
食べやすいため、オススメです。

きんぴらごぼう

運動会だと年輩の方が一緒のことも多いですし、
野菜のおかずが何か欲しいですね。

煮物のように汁気が出ず、
食べやすいのでオススメです。

カレー粉を少し加えてみると
新鮮な風味になりますよ!

卵焼き

前日作った卵焼きは
冷凍保存して使えます!

マヨネーズを生地に混ぜこむと
解凍してもふんわりです。

出汁巻き卵のような汁気の出るものではなく、
わさびや刻んだ梅干しを入れると
傷み防止の効果がアップします。

果物

デザートは、欲しいですよね。

運動会だと会場は近所でしょうから
凍らせた果物をそのまま持って行って、
すっかり溶けなくても
シャーベットのような食感を楽しんでみましょう。

まとめ

運動会当日の朝にバタバタしないよう、
お弁当を前日に作っておくことができます。

保存していたお弁当を傷ませないよう
水分の多い食材や料理を避け、
中までしっかりと火を通したおかずを選びます。

防腐効果のある調味料を
一緒に使うことも役に立ちます。

冷蔵庫で保管したお弁当は
当日の朝に電子レンジでしっかり再加熱し、
よく冷ましてからフタをします。