お弁当は前日に作るのがかしこい選択!でもこれには注意点があった!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





学生時代は
当然のように作ってもらっていたお弁当。

社会人になったら
「節約のために自分でお弁当を作るぞ!」
と意気込んでみたものの…
意外に大変でした!

何種類ものおかずを準備して
キレイに詰めて…

結構、時間がかかるんですね。

朝は1分でも長く寝ていたいし、
お弁当は前日に作ってしまいましょう!

最近は作り置きレシピなども
たくさん紹介されていますし、
時間短縮して素敵なお弁当ライフ!

でも…ちょっと待ってください。

前日に作ったお弁当って、
お昼に食べるまでの間に
傷んでしまわないか心配ですよね。

お弁当を前日に作り
傷まないようお昼まで保管しておくために

  • 細菌をつけない
  • 増やさない
  • やっつける

ことが大事です。

ポイントは

  • 手や調理器具の清潔を保つ
  • お弁当をよく冷ます
  • おかずをよく加熱する

…ですよ!

また、前日に詰めてはいけない
お弁当のおかずもあるので要注意。

詳しくご紹介していきますね!

お弁当は前日に作って詰める!これってすごいナイスアイデア!

スポンサードリンク

お弁当を前日に作っておくだけでなく、
詰めるのも
前日のうちならもっと時間短縮!

傷ませずに保管するには…
菌をつけない、増やさない、やっつける
ですよ!

調理の際には
食材を直接手で触らず箸を利用します。

お弁当箱の中やおかずカップなども
なるべく素手で触らない習慣をつけましょう。

調理器具やお弁当箱も
定期的に殺菌・熱湯消毒などを
行っておきます。

お弁当箱は
電子レンジ対応のもので、
ご飯とおかずを
別々の容器に詰めるタイプが良いです。

おかずは生野菜や汁気の多いものを避けます

肉類などは内部までしっかり火を通し、
ハムやちくわなども生のままではなく、
加熱して使います。

おかずを詰め終わったら、
完全に冷めてからフタをします。

フタに水滴が付いたら
きちんと拭き取ります。

完成したお弁当は冷蔵庫で保存します。

当日の朝に作ったお弁当と違って、
前日に詰めて冷蔵庫で保管したお弁当は
そのまま持っていくことができません。

冷蔵庫から出したら、
電子レンジでしっかり再加熱してから
きちんと冷ましてフタを閉め、
持っていく必要があります。

75度以上、1分間程度の加熱
菌は死滅します。

せっかく前日完成させたお弁当。

また温めて、冷まして
面倒だなぁと思ったかもしれませんが…

朝起きたらまずお弁当の再加熱、
着替え、朝食などを済ませ
最後にお弁当のフタを閉める
で大丈夫ですよ!

おまけですが、
ご飯だけは当日炊き上がったものがおススメです。

理由は…

そのほうが断然美味しいからです!

朝一番で、ご飯をお弁当箱に詰めて
冷ましておきましょう。

お弁当は前日作っちゃいけないものがある!避けた方がいい食材!

前日作って詰めておいたお弁当を
安心して持っていくためには、
傷ませないことがとても大事です。

特に避けたほうが良いおかずはコチラ!

生野菜は水分が多いので避けます

ほうれん草や人参など加熱して使え、
色鮮やかな野菜を使いましょう。

プチトマトは
ヘタや本体の水分を
きちんと拭き取って使います。

煮物やお浸しも水分が多いので
避けておきます。

汁気のあるおかずを入れたいときは、
煮汁は極力入らないようにすること、
ゴマやかつお節を混ぜて
水分を吸わせること、
などで工夫します。

梅干し、酢、しょうが、カレー粉などは
痛みを防ぐ効果があるので
味付けに使ってみましょう。

練り物やハムを
生のまま入れるのはNGです。
焼くなど加熱して入れます。

マヨネーズあえのおかずも
食材から水分が出てくるので避けます。

フルーツは水分が多いため、
別容器に入れて保冷剤を添えます。

まとめ

前日に作ったお弁当を
詰めて保管しておくことで
朝の時間が節約できます。

お弁当を傷ませずに
安心して持っていくため

細菌をつけない増やさないやっつける
ことが大事です。

手やお弁当箱、調理器具の清潔を保つこと、
生ものや汁の多いおかずを避けること、
完成したお弁当は冷蔵庫で保管し、
再加熱してから持っていくこと

が大事です。

前日に作って詰めておくのに
避けたほうが良い食材・おかずが
いくつかあります。

水分の出やすい生野菜やフルーツ、
煮物、マヨネーズあえ、
生のままの練り物やハムなどです。

こういった食材・おかずでも、
水分を吸わせる食材を組み合わせたり、
痛みを防ぐ調味料を混ぜたり、
工夫すると使えるようになることもあります!