奥出雲おろち号で紅葉を見よう!見頃や予約方法や運賃とオススメ座席も!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





残暑も和らぎ、過ごしやすい日が増えてきましたね♪

紅葉も深まり、旅行にもぴったりなこの季節、奥出雲おろち号に乗って、
トロッコ列車に揺られながら、
奥出雲へ紅葉を見に出かけてみませんか?

「ゆっくり紅葉を見たいけど、小さい子どもがいてなかなかゆっくり見られない…」

そんな小さなお子さま連れの方でも、トロッコ列車に乗れば、
子どもも大喜びすること間違いなし!

親は紅葉もゆっくり楽しめて、一石二鳥♪

恋人同士でもお友達同士でも、
老若男女だれでも楽しめる奥出雲おろち号について、

紅葉の見頃や予約方法、
運賃から周辺情報に至るまで、幅広くお伝えします!

奥出雲おろち号で見る紅葉の見頃はいつ?

スポンサードリンク

せっかくなら紅葉が一番きれいな時期に見に行きたいですよね♪

奥出雲おろち号はJR木次線の木次~備後落合までを走っています。

この沿線の紅葉の名所である、奥出雲おろちループの紅葉情報を調べると、

紅葉の見頃は例年10月下旬~11月中旬となっています!

とはいえ紅葉は毎年天候によって、見頃が少しずつ変わるもの。

日本気象協会のサイトでは、最新の紅葉情報をチェックすることができます。

奥出雲おろちループの紅葉情報もピンポイントで載っているので、
ぜひチェックしてから行って下さいね!

日本気象協会 奥出雲おろちループの紅葉見ごろ情報

奥出雲おろち号の予約の仕方は?発売開始日や空席情報も

奥出雲おろち号は、全区間全席指定の指定列車となっています。

※定員64名、全席禁煙

2両編成の小さなトロッコ列車なので、定員も少なめです。

確実に予約をとってから行くようにして下さいね!

予約はJR主要駅のみどりの窓口、旅行代理店等で行うことができます。

発売開始日は乗車予定日の1か月前からとなっています。

予約・購入は直接駅や旅行代理店に出向く必要がありますが、
空席情報はJRサイバーステーションで確認することができますよ♪

JRサイバーステーション

※利用時間6:30~22:30

試しに今日(2019年9月26日金曜)から1か月後の、
10月26日土曜の予約状況をJRサイバーステーションで確認してみると…

なんと、もう満席でしたΣ(゚д゚lll)!!

ちなみに、前日の10月25日金曜はまだ空席がありました♪

平日のほうが予約は取りやすいのではないでしょうか。

紅葉の見頃の時期の土日祝は予約殺到のようです…!

1か月前ちょうどに予約を取るつもりで動くのがベストですね!

土日祝に行きたい人は、行く日の1か月前の朝に、
早起きしてみどりの窓口へ行ってみて下さいね♪

奥出雲おろち号で見る紅葉の見どころは?

奥出雲おろち号は山あいの紅葉を見ながら走っていくので、
あちこちで紅葉を見ながらの旅が楽しめそうです♪

その中でも最大の見どころは、「奥出雲おろちループ」でしょう!

pastedGraphic.png
出典:https://okuizumo.org/jp/autumn-leaves/

途中停車駅の出雲坂根~三井野原間にある絶景スポットです♪

奥出雲おろちループは日本最大級の二重ループ橋。

11の橋と3つのトンネルから成り、高低差は105メートル。

壮大ですね!

奥出雲おろち号はこの巨大なループ橋を、紅葉とともに眺めながら走っていきます♪

特に大きくて真っ赤な橋である三井野大橋は、紅葉が映える絶景スポット!

写真もお忘れなく、きれいな紅葉を目に心に焼きつけて下さいね♪

奥出雲おろち号の見どころは?

期間限定運転の紅葉のなかを走るトロッコ列車というだけで、
風情たっぷり、魅力十分ですが、それだけではありません!

奥出雲おろち号は銀河鉄道をイメージした車両で、
青と白のカラーに星をちりばめた、さわやかなデザイン。

pastedGraphic_1.png
出典:http://www.hiikawa-summit.info/orochi/index.html

ぜひ記念写真を撮って、旅の思い出にして下さいね♪

また、全国的にも珍しいところ&トンネル内で綺麗なイルミネーションを
見ることができたり、車内でおいしいものを食べることができるのも大きな魅力です!

まずはとっても珍しいものからご紹介しましょう!

三段式スイッチバック

奥出雲おろち号が走る木次線は、中国地方随一の、険しい山間部を走るローカル線。

険しい山を越えるために、三段式スイッチバックという、
全国でも珍しいスタイルで山道を登っていくんです!

鉄道ファンはもちろん、鉄道好きな子どもにもたまらないスポットです♪

出雲坂根駅~三井野原駅間にそのポイントがありますよ。

スイッチバックとは急な斜面を登るために、1度ある地点まで登り、
別の線路へいったんバックで登り、また前に進んで登り始めること。

日本でも3か所しかない三段式スイッチバック地点なので、
多くの方はイメージがなかなかわかないかもしれませんね。

こちらのサイトにわかりやすいイメージ図が載っていました♪

pastedGraphic_2.png
出典:https://makiken.at.webry.info/200809/article_3.html

逆Z字型で切り返しながら登っていく感じですね!

電車でバックするのはなかなか体験できないですから、とても面白そうです♪

ぜひこの時はよく見える後方車両に行って、
スイッチバックするところを見てみて下さいね!

鉄道好きのお子さんはきっとかじりつきでしょう(^^)

トンネルでイルミネーションも観れる

また下久野駅を過ぎたところにある下久野トンネルでは、
天井にオロチのきれいなイルミネーションが、色あざやかに光ります♪

暗いトンネルが苦手なお子さんも、きっと気を紛らわすことができますよ!

美味しい食べ物も!

また、車内で地元のおいしいものを食べることができるのも、
奥出雲おろち号の大きな魅力です!

電車の旅での楽しみといえば、やはり駅弁&車内販売!

奥出雲のおいしい食べ物が車内販売、停車駅のホームで手に入ります♪

しかもすべて、前日まで予約が可能です!(予約必須のものもありますよ!)

結構駅弁は狙っていても、売り切れが多いんですよね…(>_<)

電車が走るのもちょうどお昼時。お昼のこと考えるのもけっこう大変ですし、
予約しておけば確実に食べられるのは、本当にうれしいですよね! 

どんなものが販売されているのか、主なものをご紹介しましょう♪

ぜひ目星をつけて、予約の参考にして下さいね!

まずは車内で食べられる焼肉弁当を2つご紹介!

奥出雲和牛焼肉弁当(1000円)

販売駅:木次駅

※乗車前日17時まで要予約

前日までに予約必須の駅弁!木次駅のホームで受け取ることができます。

特製のタレに漬け込んだ地元の和牛肉がたっぷりのっています。

想像するだけで間違いないですよね!ペロリといけそうです♪

仁多牛べんとう(1000円)

販売駅:出雲三成~備後落合(往復車内販売)

※乗車前日まで予約可

こちらの弁当は出雲三成~備後落合間の車内販売で売られています!

備後落合方面から乗ってもおいしい焼肉弁当にありつけますよ♪

ジューシーでボリュームたっぷり!

奥出雲の天然水で炊き上げたコシヒカリの仁多米と、仁多牛の組み合わせ。

奥出雲和牛焼肉弁当と食べ比べをしても楽しそうです♪

続いてそば弁当を2種類ご紹介!

亀嵩駅そば弁当(750円)

販売駅:亀嵩駅

※乗車当日10時まで予約可

亀嵩駅は映画『砂の器』で一躍有名になった駅ですが、

駅舎内にお蕎麦屋さんがあり、そのお店の手打ちそばをいただくことができます!

国産のそば粉を石臼でひき、奥出雲の天然水を使用した奥出雲そばは、

テレビのロケ番組でも紹介されたことがあるんだとか。

温泉卵と山芋もついて、さっぱりといただけますよ!

トロッコそば弁当(730円)

販売駅:八川駅

※乗車当日10時まで予約可

こちらのそば弁当は、亀嵩駅のそば弁当とはまた一味違うおそばです!

まいたけを中心に、様々な薬味がどっさりとのったおそばとなっています。

山の幸と秋の恵みを感じられるそばですね~♪

どちらのそば弁当も趣向がちがって甲乙つけがたいですね!

私なら焼肉弁当のあとに2つのそば弁当、いっちゃいます(笑)

おそばならつるつるっといけちゃいますし、
何人かで行けば、シェアできてちょうど良さそうです♪

最後に車内販売の情報を!

車内販売では、

●「スーパープレミアムアイスクリームVANAGA」(380円)、

●「カスタードプリン」(250円)

が販売されています!

※木次~出雲八代間の片道のみ販売

いずれも「木次パスチャライズ牛乳」で有名な木次乳業が作っている
(ちょっと高めのスーパーなどで見たことがある方もいるでしょうか?)
おいしい地元産のスイーツです♪

「スーパープレミアムアイスクリームVANAGA」は、
100%天然素材(添加剤不使用)の、体に優しい高級アイスクリーム。

車内ではバニラ・いちご・抹茶あずき・ブルーベリー・ビターチョコの
5つのフレーバーが販売されていますよ♪

「カスタードプリン」も地元のフレッシュな牛乳と平地飼いの有精卵、
国産のグラニュー糖のみ使った、完全無添加のプリン。

大自然の中を走るトロッコ列車で、自然の恵みだけを使ったスイーツを
いただけるなんて、とても贅沢ですよね♪

小さなお子さんにも安心してあげることができますね!

また出雲八代駅では、
「てなづちの里のクリーム大福」(3個入り400円)も販売されています!

車内販売のスイーツは、食後のデザートとしてはもちろんですが、
途中で少し飽きが出てきたお子さんのご機嫌をとるにもぴったり♪

おいしいおやつで、親子でリフレッシュして下さいね!

奥出雲おろち号の紅葉のオススメ服装

寒暖差のある紅葉シーズン、楽しむためには服装も重要ですね!

この時期は、調整できるあたたかい服装&動きやすい服装で行くのが良さそうです♪

この時期の奥出雲町の気温を、気象庁の統計から調べてみると、

【10月】の平均気温13.6度、最低気温8.3度、最高気温19.7度

【11月】の平均気温8.1度、最低気温3度、最高気温14.0度

となっていました。思いのほか寒いですね…!

山あいとなると所によって、さらに寒く感じられるところもあるかもしれません。

また奥出雲おろち号はトロッコ列車なので、窓がありません!

ダイレクトに風を受けることになりますね。

※寒い時、悪天候に備えて避難できる普通の車両(控え車)があります。

厚手の長袖とコートや厚手の防寒着で、脱ぎ着して調整するのが良さそうです♪

寒がりな人は、マフラーやカイロも用意しておくと、さらに万全でしょう!

さらに奥出雲おろち号は、木次から終点の備後落合まで、
2時間半弱かかります。

日曜祝日は出雲市駅から運転しているので、
始発から乗ると4時間弱、列車に乗ることになります。

タイトな服装だと疲れてしまいそうですよね。

ゆったりと動きやすく、あたたかい服装で紅葉を楽しんで下さいね♪

奥出雲おろち号のオススメ座席

奥出雲おろち号2両編成の小さなトロッコ列車です!

1両はメインのトロッコ列車で、もう1両は悪天候時などに避難できる控え用車両。

トロッコ車両に窓はなく、手すりのみとなっていて、
窓枠に邪魔されることなく、ダイナミックな景色を楽しめます!

天気が良ければ秋のあたたかい日差しの中、さわやかな風を感じられますよ♪

おいしい空気を吸えば、身も心もリフレッシュできちゃいますね!

座席表がこちらで紹介されていました!

pastedGraphic_3.png
出典:http://kiha81.com/okuizumo-orochi/#i-5

4人掛けのBOX席と、4人掛けの窓に向かって座るタイプの席があるようです。

トロッコ列車なのでどこの席に座っても、窓からきれいな景色が楽しめそう♪

より景色を楽しみたいなら、やはり窓に向かって座るタイプの座席でしょうか。

ワイワイとおしゃべりを楽しみながらの旅なら、

BOX席の方がいいかもしれませんね♪

奥出雲おろち号で紅葉を見る時の混雑状況は?

奥出雲おろち号は、全区間全席指定のトロッコ列車です!

なので予約さえとれれば、当日混雑で乗れない!ということはないので大丈夫♪

混雑を気にせず、ゆっくり席に座って紅葉を楽しめますよ!

予約の仕方や空席情報については、
前のほうで紹介しているので、そちらをご覧下さいね!

奥出雲おろち号周辺の駐車場情報

奥出雲おろち号の出発駅である、木次駅、出雲市駅、
備後落合駅の周辺の駐車場情報を調べてみました!

木次駅周辺の駐車場情報

1.新町駐車場(駅から262m)

住所:島根県雲南市木次町木次9-1

台数:不明

料金:全日終日無料

2.本町駐車場(駅から501m)

住所:島根県雲南市木次町木次50

台数:不明

料金:全日終日無料

出雲市駅周辺の駐車場情報

  1. タイムズ出雲市駅前(駅から228m)

住所:島根県出雲市駅北町2-2

台数:46台

料金:60分200円、駐車後24時間最大料金800円

  1. 出雲市駅北駐車場

住所:島根県出雲市駅北町2-2

台数:77台

料金:8~24時まで60分200円、以降1時間ごと100円

ここでは駅からより近い、台数の多い駐車場をご紹介しましたが、
木次駅周辺にも他にもいくつか無料の駐車場がありますし、
出雲市駅周辺にも、他にもたくさんの駐車場があります!

万が一お困りの際は、スマホやカーナビで駐車場を調べてみて下さいね♪

備後落合駅周辺の駐車場情報

調べた限り、備後落合駅周辺には駐車場はないようでした。

広島方面から車で来て、備後落合から乗る予定の方は注意ですね!

備後落合から木次方面へ乗っても、途中の出雲八代までに降りて

普通列車で折り返さないと、その日の備後落合行きの電車はもうありません!

余裕のある旅を楽しみたい方は、どこかで宿をとり、

そちらの駐車場を利用するのが良さそうです♪

奥出雲おろち号へのアクセス

乗るためには当然ながら、乗車駅に行かねばなりません!

広島方面からの方は備後落合から乗るのが便利です!

ここでは奥出雲おろち号の出発駅である、
木次駅と備後落合駅へのアクセスを紹介します♪

木次駅までのアクセス

●電車でのアクセス

出雲市駅から…JR山陰本線で宍道駅→JR木次線で木次駅(約1時間20分)

松江駅から…JR山陰本線で宍道駅→JR木次線で木次駅(約1時間)

米子駅から…JR山陰本線で宍道駅→JR木次線で木次駅(約1時間30分)

●車でのアクセス

松江自動車道・三刀屋木次ICから約5分

備後落合駅までのアクセス

●電車でのアクセス

木次駅から…JR木次線で約2時間20分

三次駅から…JR芸備線で約1時間20分

●車でのアクセス

三刀屋木次ICから57.5km

三次ICから42.5km

奥出雲おろち号の運転区間

奥出雲おろち号は、平日・土曜(土曜祝日は除く)と、
日曜・祝日とで運転区間が若干違います!

平日・土曜(土曜祝日は除く)の通常運転日は、
JR木次線の木次~備後落合間を運行しています。

日曜・祝日は木次まで出雲市から片道延長運転日となっていて、
出雲市から木次までも、乗り換えなしで奥出雲おろち号で行くことができますよ!

あくまで片道延長運転なので、帰りは通常運転と同じ木次まで!

行きは出雲市から乗れても、帰りは木次でいったん降りて、
出雲市までの電車に乗り換える必要があるので要注意です!

日曜・祝日に出雲市から乗る人はお帰りに気をつけましょうね。

また、途中停車しない駅もあります(油木、宍道、南宍道、幡屋、南大東)。

途中下車して観光の予定がある人は、停車駅もチェックしてみて下さいね♪

途中停車駅はこちら

木次駅は奥出雲おろち号の出発時間・到着時間に合わせて、
出雲方面、松江方面の電車がありますので、乗り換えもできます。

行きはいずれの方面からも、到着から奥出雲おろち号の出発まで時間に余裕がありますが、
帰りは木次駅についてから、乗り換え時間がなんと3分しかありません!

電車での移動の方は要注意です!

この電車を逃すと、次の電車が来るのは1時間後…

旅にトラブルはつきもの!万が一乗り換えが間に合わなくても、
木次で観光しながら休憩するのも、また楽しいかもしれませんね♪

奥出雲おろち号の運転期間

奥出雲おろち号の運転期間は、
2019年度は4月6日~11月24日までの、
金・土・日・祝日に運転予定となっています!

ただし、
ゴールデンウィーク・夏休み期間・
紅葉期間は毎日運転
しています。

今年の紅葉期間の運転は10月18日~11月24日まで。

天候にもよりますが、ちょうど例年の見ごろの時期ともぴったりですね♪

ただこの時期は台風シーズンでもあります。

台風の状況次第では運休もありえますから、
あらかじめJRおでかけネットで、運転情報をチェックしてから出かけましょう!

JRおでかけネット

奥出雲おろち号の発着時間

奥出雲おろち号は木次~備後落合間を1日1往復しています。

そして日曜・祝日のみ、出雲市から片道延長運転をしていて、
乗り換えなしでそのまま備後落合まで行くことができます。

発着時間をチェックしておきましょう!

平日・土曜(土曜祝日は除く)だと、
木次駅10:07発、備後落合には12:36着。

日曜・祝日は出雲市駅を8:45発です!

※木次発、備後落合着時間は平日土曜と同じ。

駅ごとの発着時間は、以下を参考にしてみて下さいね!

pastedGraphic_4.png
出典:http://www.hiikawa-summit.info/orochi/index.html

奥出雲おろち号の料金はいくら?

気になる値段をチェックしましょう♪

奥出雲おろち号は全区間全席指定の指定列車なので、
運賃にプラスして、指定席券も必要です!お忘れなく!

2019年10月からの消費税増税のあおりを受け、
運賃も10月から少々上がっています。