ディズニーランドのキッズエリアとはどんな場所?利用の条件は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





ディズニーランドに家族でおでかけしたら、
キャラクターの出演するパレードやショーを
ぜひ子どもに見せてあげたいですよね。

でも、ゆっくり子ども見せたいのに鑑賞する場所がない、
場所はあったけれど周囲を大人に囲まれてしまって
子どもが見えないなど、困った経験はありませんか?

実はそのようなことを解消するために、
ディズニーランドには「キッズエリア」があります。

こちらは文字通り
「子ども専用の鑑賞エリア」になります。

専用の場所から見ることができるため、
子どもは大人などに視界をさえぎられることがなく
パレードやショーを思い切り楽しめます!

わたしも利用したことがありますが、
子ども連れに助かる、とても便利なエリアでした。
今回はキッズエリアについてご紹介します!

ディズニーランドのキッズエリアの場所はどこにあるの?

スポンサードリンク

キッズエリアは、
パレードやショーによって場所が違います

また、エリアが設けられる場所は
日によって変わることもあります。

現在開催中の「ドリーミング・アップ!」は
ウエスタンランドのカントリーベアシアター付近
設けられることが多いです。

シンデレラ城前のパレードルートに
設けられることもあるようですね。

エリアの周囲にはキッズエリアであることを
知らせるためのロープが張られ、プレートが下げられます。

でも混雑している中で、子どもを連れて
あちこち探すのはたいへんですよね。

そんな時は、キャストに一言
キッズエリアはどこですか?」と確認しましょう。

前日とは場所が変わっていることもありますので、
絶対に聞いた方が確実です!探す手間もはぶけます。

今年の夏から開催された夜のショー
「オー!サマーバンザイ」にもエリアがあります。

こちらは中央鑑賞エリアの前方に設けられています。

これなら大人に視界をさえぎられることなく、
小さな子どもでも間近でショーを見ることができますね。

ここで一つ、注意していただきたいのは
混雑具合やパレードやショーによっては
キッズエリアが設けられていない場合もあるということです。

毎日状況が変わります。

キッズエリアを利用したい場合は、
当日の状況を必ず付近にいるキャストに確認してくださいね

ディズニーランドのキッズエリアを利用するための条件は?

キッズエリアの対象は4歳から小学校6年生以下のお子さんです。

小学生の高学年にもなると、結構大きいお子さんもいると
思いますが、小学生であればOKということですね。

パレードの1時間前からエリアに入場することができます。

あまり早くから待機しているとキャストに
注意されることがあるので注意してください。

キッズエリアは他の観賞場所とは違って、
ベビーカーを畳む必要がありません。
これはとても助かりますよね。

でも、そのためにスペースが早く
埋まってしまうことも考えられます。

キッズエリアを利用したいあなたは
なるべく早めに向かうことをオススメします

また、保護者の鑑賞方法に条件がある場合も。

例えば、座って見られるけれど、前方で子どもたちが
立ち見をするため視界が一部遮られるとか、
立ち見で見られるけれど、障害物などによって
一部視界が遮られるといったことがあります。

わたしは経験したことがないのですが、
ショーによっては、子どもだけエリア内で
大人はエリア外で・・・というのもあるようですね。

思っていたのとは違う!ということがないように、
事前に保護者の観賞条件についてもキャストに確認しておくとよいですね。

いかがでしたでしょうか?
いろいろな人の話を聞くと、キッズエリアの存在を
知っている人はあまり多くないようです。

パレードやショーがよく見えて、
子ども連れにはとっても便利な場所です。

小さいお子さんを連れてディズニーランドに遊びに行ったら、
ぜひ利用してみてくださいね!