ディズニーアトラクションの待ち時間には語呂合わせがある?解説します!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





ディズニーランドやシーに行くと、
みなさんアトラクションに乗るのではないでしょうか。

アトラクションの入口前には、待ち時間を
示したボードが立っていますよ。

最近はパーク内のインフォメーションボードや、
公式アプリからも待ち時間を確認できますね。

待ち時間はいつも5分刻みの表示のはずなのに、
たまに不思議な数字を見たことはないでしょうか?
例えば13分や82分など。

実はこの待ち時間には、そのディズニーの物語やアトラクションにちなんだ
語呂合わせなどで作られた数字が表示されていることがあるのです!

ディズニーランドの待ち時間での数字の意味をご紹介します!

スポンサードリンク

「4分」「9分」「13分」はどのアトラクションの
待ち時間かわかりますか?

これはファンタジーランドにある
「ホーンテッドマンション」で表示される待ち時間です。

ここは、999人の亡霊が住む館を
ゲストがめぐるアトラクションです。

どの数字も不吉なイメージのある数字ですよね。

アトラクションの雰囲気に合わせて怖い数字が表示されているようです

同じくファンタジーランドにある「プーさんのハニーハント」

こちらで見られる待ち時間は、アトラクションに
ちなんだ楽しい語呂合わせになっています。

「82分」・・・ハニー、「32分」・・・みつ(蜜)、
「14分」・・・イーヨー(プーさんの物語に登場する
ロバのぬいぐるみのキャラクターです。)、
「8分」・・・はち(蜂)があります。

私も一度だけ「8分」表示を見たことがあります。

いつも混雑しているアトラクションで
「8分」の表示は珍しいですから、記念に写真を
撮っているゲストがたくさんいました!

プーさんでは他に、いつも働いてくれている
キャストを閉園後のパークへ招待するという
“サンクスデー”で「832分」・・・はちみつ
が表示されたこともあるそうですよ。

ちなみにこの日は、モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”
「549分」・・・ゴーシークが表示されたそうです。

「34分」「39分」「82分」はどの
アトラクションの待ち時間でしょうか?

これはトゥモローランドにあるバズ・ライトイヤーの
アストロブラスターで表示されます。

「34分」・・・ミッション

これはアトラクションの乗り場手前で、
ゲストがバズからザーグの秘密兵器を破壊するように
というミッション(任務)を与えられることにちなんだものでしょう。

「39分」・・・ザーグ(アトラクションにも登場するバズの敵です。)、
「82分」・・・バズ、これはもちろんこのアトラクションの主人公ですね。

同じくトゥモローランドのスター・ツアーズでは「4分」・・・フォース、
「43分」・・・シス(映画スターウォーズで
ジェダイと反する存在として登場)
「54分」・・・May the Force be with you(フォースと共にあらことを)
というのもあるそうです。

May・・・5月=5、Force=フォース=4からきているようですね。

「43分」「54分」は映画に詳しくないとちょっと難しいでしょうか?

ディズニーシーの待ち時間での数字意味をご紹介します!

実は、シーはランドと比べて待ち時間の
数字の語呂合わせがほとんどありません。

今のところ報告が見られるのは、
タワー・オブ・テラー「13分」です。
これは一定期間に開催されていた、
スペシャルバージョンの「Level 13」
に合わせていたそうです。

いかがでしたでしょうか。

いつも何気なく見ている、アトラクションの待ち時間表示ですが、
こんなところにもゲストを楽しませようとする
ディズニーの心遣いがあるのですね。

パークに行った時にはぜひ、
待ち時間の数字にも注目して見ましょう。

もし、今までに見たことがない時間が
出ていたらキャストに聞いてみてください。
きっと新しい発見があると思いますよ!