クラブ33に行く服装は?ディズニーランド唯一のドレスコードとは?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





東京ディズニーランドにはVIPしか利用できない会員制レストラン
クラブ33”があるのは、噂で聞いたことがある方も多いはず。

しかし、クラブ33は写真撮影NGとあって、なかなか全容を知ることはできません。

今回は、謎に包まれたクラブ33について調査してみたいと思います。

クラブ33にドレスコード!男性は?女性は?

スポンサードリンク

現在世界のディズニーパークの中でクラブ33があるのは、
アナハイムのディズニーランド上海ディズニーランド
そして東京ディズニーランドです。

会員制とあって、限られた招待客しか入ることができません。

JCBのブラックカード“The Class”を持っている人は
抽選予約が可能でしたが、2019年7月をもって終了してしまい、
さらに敷居が高くなってしまいました。

このレストランに入るには、事前に予約し、
入口でインターホンを鳴らした後、
予約情報を伝える必要があります。

入口はワールドバザール内の銀行とマジックショップの間にある、
知らなければ通り過ぎてしまいそうな扉です。

扉の右側に、金色に輝くパネルがあり、端を押すと開くのだとか。

たまに入った人が開きっぱなしにしていることがあるので、
中身を見ることができる場合も。、

クラブ33の中は高級レストランの雰囲気で、
ディズニー色はほとんどないそうです。

受付ではオリジナルグッズの販売もあるそうですが、
一般販売はされていないため、ほとんど出回ることはありません。

レストランの場所はホームストアの上に位置しているため、
ナイトショーやパレードのタイミングで照明が消えて
ショーを部屋から見ることができるそうです。

クラブ33にはディズニーの中で唯一ドレスコードがあります。

ドレスコードはスマートカジュアルで、
男性は襟付きシャツや長ズボン、靴の着用、
女性は過度な肌の露出の無い服装とのことです。

ビーチサンダルやジーンズ、短パンなどはNGですが、
パークで購入した帽子などのアイテムを身に着けていたとしても、
入店を断られることはないようです。

おそらく、高めのレストランで食事をする際に
常識範囲内での服装であれば問題ないと思いますが、
男性の場合は脱ぎ着できるジャケットを持っていくことをオススメします。

クラブ33のメニューや値段は?

クラブ33では前菜、メイン、デザートと、本格的なフレンチのコースが味わえます。

また、東京ディズニーランドでは東京ディズニーシーと違い、
お酒を飲むことができませんが、このレストランのみ
お酒をいただくことができます。

ワインの種類など豊富に取り揃えていて、
フレンチ料理と一緒に飲むとここがディズニーランドの中
だということを忘れてしまいそうです。

値段は公表されていませんが、お酒などのドリンクを含めると
一人当たり20,000円程を予算に考えていた方が良いと思います。

ココでしか買えないオリジナルグッズも、単価が高いものばかりですので、
お財布の中身は余裕を持っておいた方が良いですね。

1日1組のみ誕生日をお祝いしてくれるプランもあるそうで、
世界のスーパースターがこの日のためにやってきてくれます。

まとめ

東京ディズニーランドには、クラブ33という
会員制レストランがあります。

予約ができたVIPしか入ることができません

以前はJCBのブラックカードを持っている方も
抽選予約することができましたが、現在は完全なる招待客のみ。

とても敷居の高いレストランです。

東京ディズニーランド内で唯一お酒が飲めて、
ドレスコードが設定されています。

レストランでは本格的なフレンチ料理のコースをいただくことが
できて、帰りにはオリジナルグッズを購入することもできます。

幸運にも予約することができた方は、写真撮影が禁止なので、
その目にしっかりと焼きつけてきてくださいね。