あなただけじゃない!子育てにストレスは付き物!過食・買い物・鬱

子育て&ママ

そこのあなた。

 

子育てのストレスで悩んでいませんか?

 

大丈夫。みんなそうなんです。

子育ては楽しくて幸せ。

 

でも、初めてのことばかりで不安やストレスに

悩まされてしまうものなんです。

 

今回はそんなストレスから来る症状と、

うまい付き合い方を

一緒に見ていきましょう!

 

そして、

可愛い我が子との時間を楽しんでいきましょう!!

 

子育てのストレスで過食

子育てのストレスで
過食になってしまうママさんも
多いと思います。

なぜなら、食べるという事が
一番簡単でてっとり早い
ストレスの発散方法だからです。

そして

「必要以上に食べてしまった」
「どうにかして痩せたい」

という新たな悩みを作ってしまうのです。

 

けれど、食べる事によって
心が満たされるなら、
それでいいと思うのです。

 

問題なのは、

食べた事で自己嫌悪にならないかどうか

ということだと思います。

 

食べ過ぎるとひどいときは
過食症という症状になってしまいます。

 

もし食べる時は

「とびっきりおいしく食べてしまおう」

くらいの気持ちが必要だと思います。

子育ては体力勝負、気力勝負だからです。

 

普段から子育てで
ストレスを感じているのだから、
美味しいものをとびっきりおいしく頂いても
いいと思うのです。

とにかく、ストレスが一番体に良くないのだから。

 

けれども目の前にあるものを食べていれば、
体重も気になるもの。

 

そんな時は
少しだけカロリーの少ない物を食べるとか、
目の前のものを片っ端食べるのではなく、
これ!と決めた物
(コンビニのスウィーツだって
今はとても美味しいものが
沢山ありますからね)
を育児の合間に食べるとか。

その時は10分でいいので、
美味しいコーヒーや紅茶と共に、
一人の時間を作って独り言

「美味しいなぁ、幸せだわ~」(ここがポイント)

と言いながら頂くことです。

「アタシはよくやっているわ」
と褒めながら…

 

要はおやつを食べる事を
「ストレスでただ単に物を食べる、詰め込む」
のではなく、
「よくやっている自分を褒めて讃える」
ひとつの儀式としてしまってはいかがでしょうか。
そうしたらオカキ一つが
ものすごい効果を生むと思うのですが・・・。

そして、できれば少し体を動かしたり、
アロマを入れたお風呂で
ゆっくり湯船に浸かってみたりして
リラックスしましょう。

「そんなことする時間は無い」
といったら時間はできません。

10分でいいので、
意識して「一人になる時間を作る」ことが
大事だと思いますよ。

 

ストレスが軽減されるのなら、

「これくらい食べるのも仕方がない」

と割り切ってみることも必要かもしれません。

 

なにせ、ストレスが一番いけないのですから。

 

子育てのストレスで買い物

スポンサードリンク

 

今はネット販売が盛んで、
家にいながらにして
クレジットカードを使い、
ネットでポチすれば、
品物が送られて来るという時代です。

 

それを子育てのストレス解消にあててしまい、
歯止めが効かなくなってしまうこともあります。

カードで買い物をすると、
その場では自分のお財布から
お金が減る事はありません。

後にまとめての請求の為、
計画的に買い物しないと、
平気で家計で使える予算を
オーバーしてしまいます。

 

 

まだ生後半年だというのに、
「安いから」「可愛いから」といって、
2歳児用や3歳児用の洋服を
大量に買い込んでしまって、
実際に2歳になった時には
洋服がたくさんありすぎて
サイズアウトしてしまったり
という事になってしまうのです。

 

自分の預金や月々の生活費の範囲内で

余計な物を買ってしまうのが【浪費】
身の丈以上の物を買ってしまうのが【依存】

と言われています。

 

カードで簡単に物が買えてしまうこの時代、
きちんと計画を立てて
買い物をするようにしましょう。

 

買い物依存症は
自分のやる気次第で克服できる病気です。

 

もし子どもの洋服が欲しくなったら、
あれこれその時に買わずに、
「今は何が必要か」を書き出し、
2,3日買うのを待ってみて、
まだ必要だと思ったら
買うようにするといいでしょう。

また、いっそのことカードを処分する
という荒治療もあります。

 

全て現金のみの買い物とするわけです。

最初の1~2ヶ月は
カードの支払いと現金の支払いが重なるので
大変でしょうが、
3ヶ月もすれば現金だけの支払いとなるので
さほどではなくなります。

 

また、定期的に部屋の隅から隅まで掃除をして、
買った物を把握する事も必要です。

 

必要な物をリストに上げて、
優先順位をつけて表にしておくと、
少しは衝動買いに歯止めがかかると思いますよ。

 

とにかく
「買い物が好き」から「買い物依存症」
にならないよう、
自分の周りを見渡してみましょうね。

 

子育てのストレスで鬱

妊娠後期にはマタニティブルーと呼ばれる
ホルモンバランスの乱れによって
ブルーになる時期がありますが、
出産を終え10日もすると
自然と解消されえいきます。

 

しかし出産のあと、
とても心が不安定になる事があります。

これが産後うつと呼ばれるものです。

出産のダメージをたくさん受け、
その傷を癒す間もなく
赤ちゃんの世話をしなければなりません。

自分の傷が痛くても
赤ちゃんが泣いたら
おっぱいを上げなければなりません。

授乳だけでも大変なのに、
オムツ替え、お風呂と
いろいろな事をしなければならず、
睡眠時間もろくに取れずに
体も精神状態もボロボロになってしまいます。

 

 

「私が頑張らなきゃ」
と思ってしまっていたり、
一人の時間を持てないというのも
ママが疲れる原因のひとつです。

 

赤ちゃん中心の生活になってしまって
息苦しさを感じるママも居るでしょう。

また、周囲に頼る人がいなくて
ひとりぼっちで育児を
しているような気分になっている
ママもいることでしょう。

 

そんなママ達は
産後うつになってしまう可能性が大きいのです。

 

そんなママ達はやる気が起きなかったり、
些細なことでイライラしたり、
涙が出たり、
育児家事何もかもしたくなくなったり、
一生懸命やっているのにも拘らず
「ダメな親だ」と思ったりします。

 

これらは【育児に疲れている】という
体からのサインだと思ってください。

 

大変な時、辛い時は
周囲を巻き込んでみましょう。

 

育児はおろそかにはできませんが、
家事は手抜きができます。

あまりきっちりと頑張りすぎない事です。

 

ママの休息を優先して
子どもと一緒に寝てしまいましょう。

 

そうするとちょっとだけかもしれないけど
やる気が出てきます!

 

またママ友さんや旦那さんに
自分の気持ちを吐き出してみると
ずいぶんと違ってきますよ。

聞いてくれる人が周囲にいないときは、
日記に書いたりしてみるのも
手かもしれません。

 

 

とにかく何らかの方法で
自分の気持ちを吐露することです。

笑うことも大事ですが、
大声で泣くこともいいでしょう。

地域の子育て支援センターに相談すると
経験のあるスタッフから
適切なアドバイスをもらえる事もありますし、
最終手段として病院で診察を受けてもいいでしょう。

 

一人でいろいろ悩まないこと、
誰かに救いの手を求めてください。

 

ほおっておくと
幼児虐待や子どもの将来に大きな影響を
及ぼす恐れもあります。

 

大事な事は育児は手を抜けないけど、
家事は適度に手を抜き、
何もかも一人で抱え込まない事
そして毎日10分でいいので
自分の時間を作ってゆっくりすることです。
そして子どもと一緒に成長していきましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました