水筒の底にサビがついちゃった!何とかして復活させるには!?

家事のあれこれ

暑い時期はこまめな水分補給が大事ですよね。

毎日ペットボトルの飲み物を買うのはお財布の負担になってしまいます。

節約のために水筒を使っている人も多いのではないでしょうか。

 

あなたはどうですか?

ちなみに、私も水筒を愛用しているひとりです。

水筒は、節約にもなりますし、好きな飲みのものを入れられるのでいいですよね。

でも、久しぶりに水筒を使おうと思って、
中を見たら水筒の底にサビを発見してしまった……
ということはありませんか?

お気に入りの水筒だと尚更ショックですよね……。

でも、安心してください。
そのサビ、落ちるかもしれません。

使うものは「酢」もしくは「クエン酸」です。

詳しいやり方を紹介していきたいと思いますので、一緒に見ていきましょう!

 

水筒の底にできたサビの落とし方って?どうにか復活させたい!

スポンサードリンク

 

水筒の底にできたサビ。

あの赤い点々は、水に含まれる鉄分が付着したものです。

これから、サビの落とし方を詳しくお話していきたいと思います。

酢を使う

まずは、「酢」を使用した方法です。

10%に薄めた「酢」を水筒に入れて30分程度放置します。

30分経ったら、よく洗ってください。

 

クエン酸を使う

もうひとつは「クエン酸」です。

クエン酸を小さじ1杯。

それを酢と同じように水で割ります。
30分後によく洗ってください。

 

奥の方は、普通のスポンジを使用しただけでは届かないので、
柄の付いたスポンジを使用するか、
メラミンスポンジを菜箸で摘まんでこすると、
水筒の底もきれいにお手入れできます。

 

実は、この「酢」や「クエン酸」を使用したお手入れ方法は水筒の取扱説明書に載っているのです。

もし、お手元に説明書が残っている方は見てみると良いかも知れません。

私も、つい最近ホームセンターで水筒を見ていた時に、
何気なく説明書を読んだら、サビ取りの方法が載っており、上記の方法でした。

水筒の説明書は捨ててしまう方も多いと思います。

もし、取ってあるという方はご覧になってみてください。

その水筒に合わせたお手入れ方法が分かりますよ。

もし、説明書が無い場合はインターネットで検索すると
説明書が出てくるものもありますので、
気になる時は検索してみてくださいね。

 

水筒のサビを防止したい!続けてほしい日常のお手入れ方法!

 

日々使う水筒のサビ、防止したいですよね。

基本中の基本のお手入れは、洗ったらしっかり乾かすことです。

水分に含まれる鉄分が付着してサビになるので、きちんと乾かすことが大事ですよ。

水筒の良いところは、好きな飲み物を入れられるところですが、
お手入れするのが面倒だと感じることもありますよね。

分解するパーツが多いと面倒だと感じるかもしれません。

私も面倒だと思っています。

毎日使う場合は、水筒専用の柄の付いたスポンジやブラシを使用すると楽ですよ。

私は、メラミンスポンジやアクリルたわしを水筒の中に入れ、
菜箸を使い、水筒の中をこするようにしてお手入れしています。

疲れている時は、軽く洗って乾燥させて、週末に分解して細かい部分をお手入れしています。

面倒だと感じることも少なくないですが、このやり方で水筒に困ったトラブルが起きたことはありません。

水筒を乾かす時ですが、水筒の底に溜まった水はなかなか乾かないですよね。

ある程度水気が切れたらティッシュペーパーや
キッチンペーパーなどを丸めて入れると、
水分を吸ってくれるので乾くのが少し早くなりますよ。

 

まとめ

 

水筒の説明書が手元にありますか?

もしある場合は、お手入れ方法が書いてあります。

そこにサビの落とし方も書いてあることもあるので、確認してみると良いかも知れません。

手元にない場合は、メーカーのサイトに説明書が掲載されている可能性もあるので検索してみてくださいね。

サビに困って、買い替えを検討している方もいらっしゃると思います。

個人的に、オススメなのは内側がフッ素加工されているものです。

私も、内側がフッ素加工されているものを愛用していますが、今までサビなどに悩まされたことがありません。

買い替えを検討している場合は、内側の素材も確認してみると良いと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました