お弁当のご飯を冷ますと乾くのが気になる!どうすればいいの!?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





お弁当を作る時に、
気になるのがご飯の冷まし方ですよね。

あなたはどのようにして冷ましていますか?

お弁当を冷ます際に、
ご飯が乾いてしまうのが気になる場合は、
どのようにすれば良いのでしょうか。

いろんな方法があるので一緒に見ていきましょう!

お弁当のご飯の美味しい冷まし方って?乾かないようにするには?

スポンサードリンク

お弁当に入れるご飯の冷まし方はどのようなものがあるのでしょうか。

①お弁当箱に入れてから冷ます

②お皿などを使って冷ます

方法は大きく分けてこの2通りあります。

では、それぞれの方法を詳しく見ていきましょう!

お弁当箱に入れてから冷ます

お弁当を作るとき、まず先にご飯を炊いて、
あらかじめお弁当箱に詰めておきましょう。

ご飯が冷めるまでにおかずを用意すると、時短にもなりますね。

で、ここで、
お弁当箱の中のご飯の表面が
カピカピになってしまう問題が出てくるんですよね。

どうしたら美味しくご飯を冷ます事ができるんでしょうか。

ご飯のカピカピ乾燥を予防するためには、
お弁当箱のフタを少しずらしてご飯の上に乗せておきましょう。

これでもある程度湯気が逃げるので大丈夫。

また、
ラップをフワッと少しすき間ができるようにかぶせておくのもオススメです。

そうすると水分が完全に蒸発せず適度に残るので、
ご飯カピカピを防ぐ事ができるんですね。

お弁当箱のフタをずらして置くと、
フタに水滴が付くので、それは拭き取ってから蓋をしめましょうね。

カピカピも嫌ですが、ビショビショも嫌です。

お皿に入れて冷ます

お弁当箱にそのまま入れるより、
お皿などに入れてた方がご飯が早く冷めます。

お皿に薄く広げると空気に触れる面積が増えるので、
その分冷めるのも早くなります。

もちろん、
ご飯のカピカピ乾燥を防ぐために、
ラップをフワッとかぶせるのをお忘れなく。

時間がない!少しでも早くご飯を冷ます方法

朝は何かと時間がないですよね。

早く冷めるようにさらにひと工夫できるのでご紹介しますね。

ご飯を早く冷ますには、

底にすき間を作る

箸や金網などの上にお弁当箱を置いて、
お弁当箱の底にすき間を作ってから冷ますと、
下にも空気が通り少し早く冷めるようになります。

保冷剤の上に置く

お弁当箱を保冷剤の上に乗せて冷ますのもオススメ。

素材が不織布(ツルツルじゃない)素材だと滑らなくて安心ですよ。

ご飯の入ったお弁当の下に保冷剤を置いて、
ラップをフワッとかけてご飯を冷ます。

これが一番早くてオススメの方法です。

保冷剤がなければ、
濡らしたおしぼりを冷凍庫で凍らせておく事で代用できます。

私も以前お弁当を作っていたことがあります。

ですが、朝のバタバタでお弁当のご飯が乾いているのなんて気にしたことがありませんでした。

おかずがある程度美味しかったらどうにかなるだろうと思っていまいた。

一応、おかずが傷まないように、
粗熱だけ取るようにしていましたが、完全に冷ましてはいませんでしたね……。

私がやっていた冷まし方は、

  • うちわで扇ぐ
  • 扇風機の風を利用する
  • 保冷剤で冷やす

お恥ずかしいですが、かなり余裕のない朝だったことが分かりますね。

うちわは少しならカピカピにならないので良いですが、
扇風機は埃などをご飯にぶっかける事に繋がるので決してやってはいけません。

あと、どうしても時間が無くて、前の日に作って
冷蔵庫に入れていたこともありますが、
美味しくないのでおすすめしません。

お弁当のご飯の美味しい冷まし方は、先ほどご紹介したように、
炊きたてのご飯を詰めたら
(ご飯がカピカピになるのを防ぎながら)粗熱が取れるまで放って置くのが一番です。

あとは、混ぜごはんを作る際にボウルで混ぜてしまえばご飯の熱も取れます。

朝から混ぜご飯を作るのは、少し手間ですが、
冷めるのを待つより早く熱が取れるのでオススメです。

そうすれば、美味しく早く冷ます事ができますよ。

なぜ、お弁当のご飯やおかずの粗熱を取るかというと、
菌がお弁当箱内で繁殖して食中毒を起こさないためです。

暑い季節は梅干しを入れたり、
抗菌シートを利用するなどして食中毒対策も同時にしてみてくださいね。

こういう可愛いのもありますし、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

抗菌シート お弁当抗菌シート るんるんパンダ 30枚入 P-2912
価格:472円(税込、送料無料) (2019/9/6時点)

楽天で購入

こういう安心感が強そうな抗菌シートもあります。
個人的にはこういうのがオススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワサガード お弁当用抗菌シート50枚入り メール便送料無料 食中毒対策に!
価格:702円(税込、送料無料) (2019/9/6時点)

楽天で購入

お弁当の詰め方を基本から!美味しく見せるのも大事!コツとポイント!

お弁当の詰め方の基本は、まずご飯を先に詰めて、
ご飯の熱が取れてからおかずを入れることです。

ご飯が冷めたら、からあげや焼き魚など、
メインになるおかずを入れます。

この時に、レタスなどを敷くと彩りにもなりますし、
他のおかずへの色移りなども防ぐことができます。

次に入れるのは副菜です。
お弁当のおかずは少し濃い目に味付けするのがポイントです。

そして、美味しそうに見えるお弁当に欠かせないのは彩りです。

美味しいお弁当は茶色いと言いますよね。
そのとおりだと思います。

揚げ物は美味しいですからね。

美味しいだけではなく、美味しそうに見せたいなら色味を意識してみると良いと思います。

副菜に、「赤」「黄」「黒」「緑」「白」などが入るとアクセントになります。

からあげがメインのお弁当を例にしてみましょう。
想像してみてください。

レタス(緑)を敷いて唐揚げを詰めます。
そこに、卵焼き(黄)とポテトサラダ(白)、
ミニトマト(赤)を入れます。

どうでしょうか?イメージできましたか?
簡単ですが彩りがあって、美味しそうなお弁当になると思いませんか?

色を工夫することで、見た目も素敵なお弁当に仕上げることができます。

時間がない時は冷凍食品を使うのも良いと思います。

おかずのカップがカラフルなものがあるので、アクセントになりますよ。

また、おかずを入れるシリコンカップもカラフルなものが
ありますので、それを使うのも良いのではないでしょうか。

まとめ

お弁当がカピカピにならない美味しい冷まし方は、
炊きたてのご飯を詰めて熱が取れるまで待つ事です。

その際に、お弁当箱の蓋を少しずらした状態にしたり、
ラップをフワッとかけたりして、
水分が全て蒸発してしまわないように気をつけましょう。

保冷剤を下において、
ラップをフワッとかけるのが一番早くてオススメです。

うちわはどうしても急いでいるときは少し使って大丈夫ですが、
扇風機はほこりなどをご飯にかけることにつながる為、やめておきましょう。

おかずを詰めるときも、彩りを意識してみてくださいね。

美味しいお弁当づくりを応援しています!!