弁当の保冷剤は上に置く?それとも下?保冷効果を高めるには?

家事のあれこれ

暑い季節になってきましたね。

お弁当を作って仕事に行っている方がこの時期になると気になるのは、お弁当の傷みなのではないでしょうか。

私もお弁当を作っていた時は、お腹を壊さないように保冷剤を入れたりしていました。

じめじめした季節のお弁当ライフを乗り切るのに、
保冷剤は強い味方ですよね!

冷蔵庫が自由に使えるような職場ではない場合もお弁当の中身が心配になりますよね。

湿度が高いと食中毒も気になります。

その対策として、味付けを濃い目にしたり、
保冷剤を入れている方も多いのではないでしょうか。

そこで、「保冷剤はお弁当の上?それとも下?どっちに置くのが良いの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

保冷剤はお弁当の上と下どちらに置くのが良いのか?詳しく見て行きましょう!

 

弁当の保冷剤は上と下のどっちに置くのが正解なの?

スポンサードリンク

 

「お弁当に保冷剤を入れようと思っているけれど、上と下、どっちに置いたら良いんだろう?」
私も、以前お弁当を作っていた時に、どっちだっけ?
と思ったことがありました。

小学生くらいの頃に理科の授業で「冷たい空気は重いから下にいく」と勉強したような気がする……と思い確認したところ、そのとおりでした。

あなたもなんとなく勉強したような記憶があるのではないでしょうか。

そのため、お弁当の保冷剤を効率よく使うには
「上」に置くのが良いでしょう。

上に置くと、冷気が下がっていくので、お弁当全体を冷やすことができます。

 

下に置いたこともありますが、その場合は、置いた部分だけが
集中的に冷やされている気がしました。

下に保冷剤を置くと、お弁当の傾きが気になったり、
移動の仕方次第で、中身が偏ってしまうこともあると思います。

保冷剤を上に置くことで、まんべんなく冷やすこともできますし、
お弁当がずっと斜めになる心配もありません。

保冷剤は、お弁当の「上」に置いてみてくださいね。

 

弁当に保冷剤を使うと水滴がついちゃう!どうすればいい?

お弁当に保冷剤を使う時は「上」に置くと良いということが分かりましたね。

ですが、ここでまた困ったことがありますよね。
保冷剤を使うと水滴が発生しますよね。

あなたも経験があるのではないでしょうか。
仕方がないとはいえ、これが結構厄介なのですよね……。

保冷剤の水滴を防ぐために、私はミニタオルに包んだり、ティッシュを巻いたりしていました。

それから、表面が不織布の保冷剤は結露しにくいですよ。

この不織布の素材の保冷剤をミニタオルで包めば、
あの悩ましい水滴を防ぐことが出来ます。

 

ちなみに、保冷剤の水滴が嫌なだけで、冷やすこと自体が目的ではない場合。

暑い時期だと食中毒が心配、というケースですね。

そういう時に使えるのが、抗菌シートです。

お弁当の上に乗せるフィルムのようなもので、お弁当に菌が繁殖するのを防いでくれます。

けっこうちゃんと威力があるので、この抗菌シートもオススメ。

活用するのもひとつの方法ですよ。

 

まとめ

今回は、暑い季節のお弁当に欠かせない保冷剤についてでした。

冷たい空気は下に下がるので、保冷剤は「上」に置くのがポイントです。

保冷剤の結露が気になる場合は、表面が不織布の保冷剤を使用すると、少し結露がマシになりますよ。

食中毒も怖い季節です。

安心してお弁当が食べられるように色々と対策をしましょう。

食中毒が心配な場合は、保冷剤と抗菌シートを組み合わせて使うのもおすすめです。

抗菌シートは100円ショップでも購入することができます。

美味しいお弁当を食べて、お腹が痛くなったりしては困りますよね。

是非、お弁当が傷まない対策をして、暑い時期も安心なお弁当を食べられるようにしてくださいね。

参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました