カレーを夏に常温で置いておくとどうなるの? 安全な保存方法は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





季節関係なく私たちに身近なカレー

個人的には夏なイメージ。

実際、昨日も作りました!

簡単に作れるので大助かりです。

多めに作れば翌日も食べられますし、
大人も子供も好きな人が多い料理です。

食卓に並ぶことが多いという家庭も多いのでは?

カレーの正しい保存方法を知っていますか?

夏に常温で置いていたら危険かな?

結論から言うと、危険です!

アウト!

食べたらもれなくトイレとお友達になります。

どうして夏場にカレーを常温保存することは危険なのか?

正しい保存方法は?

そんなことについてお話ししていこうと思います。

カレーを冷蔵庫に入れ忘れちゃった!夏の常温は危険すぎる?

スポンサードリンク

先ほども言いましたが、カレーをそのまま
常温で保存することは大変危険です。

カレーは夏場に常温保存すると

ウェルシュ菌

という細菌が繁殖しやすくなります。

この菌は、食中毒を発症する引き金になります。

一般的に『菌は熱に弱い』とされていますね。

「もう一度、熱を通せば菌は死ぬよね。じゃあ、食べられる!」

と思ったあなた。

残念なことに、このウェルシュ菌は強い菌です。

100℃で1時間加熱しても死滅する事はありません。

ウェルシュ菌43℃~45℃になると繁殖を始めます

増殖が可能な12℃~50℃の温度帯が長く続くほど、
ウェルシュ菌が増える原因となります。

夏場にカレーを常温保存するのは絶対に避けましょう

カレーの保存方法ってどうすればいいの?安全に置いておくには?

すぐに食べきれない時やしばらく保存したい時は、
冷蔵保存しましょう。

ただし、冷蔵庫でカレーを保存する際は
お鍋のままでの保存はやめましょう

お鍋は密閉度が低く、細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

冷蔵保存の仕方

小分けにできる容器やジップ付き保存袋を用意します。

密閉度の高いもので保存しましょう。

また、カレーがしっかりと冷めてからでないと
細菌の繁殖の原因になりますから注意が必要です。

冷蔵保存した際のカレーの賞味期限は2~3日

これを過ぎるとカレーが傷み始めます。

カレーをより長く安心して食べるには冷凍保存がおすすめ。

冷蔵保存と比べると保存期間がグンと長く伸びます。

冷凍保存の仕方

冷凍保存する際は、1食分ごとに保存容器や
ジップ付き保存袋に入れて冷凍しましょう。

冷蔵保存の時同様、カレーがしっかりと
冷めてから保存するようにしてください。

カレーをできるだけ平らにし、急速冷凍しましょう。

冷凍したカレーの保存可能期間はおよそ1ヶ月

カレーに欠かせない具材のひとつであるジャガイモ

必ずと言っていいほど入っているジャガイモですが、
冷凍するとジャガイモから水分が抜けて
パサパサになってしまいます。

ジャガイモが入ったカレーを冷凍保存する場合は、
保存する前にジャガイモを取り出してから容器にいれましょう。

どちらも「冷ましてから」がポイントですが、
オススメは『10℃以下の急速冷却』。

カレーを冷ますために重要なことは

・菌が繁殖する時間帯を短くする

・カレーの内部の温度を早く下げる

平たい容器に小分けにすることで、冷める時間が短縮されます。

この時に氷水に容器を浸けながら冷ますといいですよ。

時短に繋がります。

容器に水が入らないよう注意してくださいね。

10℃以下にまでカレーが冷めたら、冷蔵庫で保存してください。

まとめ

カレーを夏場に常温で保管することは大変危険です。

食中毒の原因となる菌が繁殖してしまうからです。

冷蔵保存、冷凍保存がオススメ。

それぞれジップロックや容器に小分けにして、
良く冷ましてから冷凍庫、冷蔵庫に入れましょう。

氷水に容器を浸しておくと時短になります。

賢く安全にカレーを保存しましょうね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする