UVカットフィルムの寿命はどれぐらい?気になる耐用年数と張替時期!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





これからの時期、
特に気になってくるのが
紫外線

外出時はもちろんのこと、
車の運転中、

家の中にいても紫外線を浴びてしまいます

外に出る時は用心して
日焼け止めを塗るなどの対策を取る
人が多いと思いますが、

家の中では無防備なことが多いはず。

家の中だからと
つい油断してしまいますよね。

家の中にいる時でも
紫外線から
守ってくれるのに役立つ
のが「uvカットフィルム」です。

紫外線から
肌を守ってくれるのはもちろんのこと、
カーテンや家具の劣化からも守ってくれます

窓ガラスが割れてしまった場合の
飛散防止になったり、

断熱効果もあったり
とても役立つアイテムです。

もう使っているよ~

というあなた。

その寿命や耐久性、
張替時期など気になりませんか?

せっかく取り付けていても

効果がないのなら意味がありません。

それにフィルムだから
劣化しているのかどうか

見分けがつきにくいですよね。

では、

寿命はどれくらいなのでしょうか?

見て行きましょう!

uvカットフィルムの耐用年数って?性能はいつまでもつの?

スポンサードリンク

uvカットフィルムの
耐用年数は、

内貼りタイプで
約10年。

外貼りタイプで
約7~8年です。

部屋の中から貼る
内貼りタイプに比べて
屋外から貼る外貼りタイプは

外気や雨、
紫外線の影響を受けやすいです

そのため寿命が短くなります。

これはもちろん目安であって

貼ってから20年経っても
使える場合もあれば、
5年でダメになってしまった
という場合もあります。

経年劣化によって
ウインドウフィルムの強度が落ち

ひっぱっただけで破れてしまう状態
になることもあります。

そのような状態になると

窓ガラスの飛散防止や
防犯効果がなくなってしまいます。

日射調節や断熱、
紫外線カットなどの性能も
老朽化により低下していきます。

すぐに交換しましょう

このように
耐用年数も性能も目安はありますが、

使用状況で変わってきます。

UVカットフィルムを張り替えする時期はいつ?張り替えの目安とは?

外観的な問題であれば、
変化があった時に気づくことができて

張替え時期だとわかります。

しかし、性能の劣化は
目に見えないところで起こります。

性能的な問題により

フィルム交換の
タイミングを図ることは難しいと言えます。

張替え時期の目安になったら

異常がなくても張り替える
ことをおすすめします。

また、

使用方法によって経年劣化の進行は
様々に変わります。

最も劣化が激しくなるのは

熱がこもる場所や
湿気が多い場所での使用です。

窓ガラスの前に機械があったりすると、

夏の時期はフィルムの表面が
非常に高温になります。

常に50度~60度
なんてこともあるわけです。

また高温になると
湿度も高くなりがちです。

そのような場所では
フィルムの劣化が早まり

10年経つ前に
交換時期となることがあります。

このような環境で
フィルムを使用している場合は

こまめに
劣化具合をチェックした方がよさそうですね。

まとめ

uvカットフィルムは紫外線から
肌を守ってくれるのはもちろんのこと、

カーテンや家具の
劣化からも守ってくれます。

窓ガラスが割れてしまった
場合の飛散防止になったり、断熱効果もあったり

とても役立つアイテムです。

uvカットフィルムの寿命の目安は

内貼りタイプで約10年。

外貼りタイプで約7~8年です。

性能から劣化を判断するのは難しいので

目安時期がきたら、
見た目に異常がなくても交換した方がいいです。

また使用状況によって
劣化が早まることがあるので、

高温や湿度の高い
環境で使用している場合は

こまめにチェックしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする