浴衣と着物の違いとは?見た目でわかる?今更聞けない和服の常識!

おしゃれ

浴衣と着物。
どちらも日本の伝統的な服装で、民族衣装です。
着物よりは浴衣の方が身近で親しみがあるという人が
多いのではないでしょうか?

 

お祭りや花火大会、旅館などの宿泊先など。
日本人であるほとんどの人が一度は浴衣を着たことが
あると思います。

 

浴衣も着物も同じように見えますが、その違いをあなたは
知っていますか?
着たことがあっても「浴衣と着物の違いってなに?」と
聞かれたら説明できる人は少ないのではないでしょうか?

 

私もちゃんと説明できません。
違いとは?と聞かれると・・・。

「浴衣の方が生地が薄い?」とか
「着物は下に色々着るけど、浴衣は着ないよね・・・?」
とか・・・。
そんなことしか言えません。

 

なんて無知!
日本人ならその違いを知っておきたいですよね。
最近は外国人観光客も多いですし、そんなことないかも
しれないけど聞かれたらちゃんと答えられるようにしたい!

 

浴衣と着物の違いについて一緒に学んでいきましょう!

まず、主な違いはこちら。
・下着を着るか着ないか
・着用する場面
・素材
とのこと。

それぞれ詳しくみていきましょう!

 

 

浴衣と着物の違いって?パッと見同じに見えるけど?

スポンサードリンク

 

一つ目の違いは「下着」です。

なにが違うのかと言いますと・・・。
浴衣 → 下着だけ
着物 → 「長じゅばん」というものを必ず着用する
というところです。

浴衣というものはラフな感じに着ても大丈夫なもの。
これに対して着物は「長じゅばん」という着物専用の
下着のようなものを着ないといけません。

 

気軽に着ることができるのが浴衣。
しっかりと着こなさないといけないのが着物。

 

 

二つ目の違いは「着用する場面」です。
浴衣はこれと言った正しい着方というものがありません。
そのため、お祭りなど色々な場面で着ることが出来ます。
それに比べて着物はお正月などしっかりした場面で着る
ことが多いですね。

気楽な場面では浴衣でOKですが、重要な場面、
大事な場面では着物でないといけません。

 

浴衣はカジュアルなもの、着物はフォーマルなものと
いったところでしょうか。
冠婚葬祭やドレスコードのある場所に浴衣を着るのは
マナー違反になってしまいます。

 

洋服に例えるとTシャツと短パンで結婚式や高級レストランに
行くようなものです。

三つ目の違いは「素材」です。
浴衣と着物を比べると使われている素材も大きく違いがあります。

着物には木綿、ウール、化学繊維を使っていて
さらに絹も多く使われています。
これに対して浴衣は木綿が主体で作られています。

 

見た目が似ていても素材はまったく異なるのですね。
ちなみに浴衣はもともとバスローブのような用途で
湯上りに使われていました。

それがだんだん夕涼みなどに着られるようになり、
現在では花火やお祭りなど夏に着る外出着として
定着するようになっていったようです。

 

 

浴衣と着物の違いは小物にも注目!すぐにわかる見分け方!

浴衣と着物は帯や履くものなど小物にも違いがあります。

着物の帯は幅の広い布からできています。
また、帯の上の部分には「帯あげ」という細長い布を結びます。

浴衣は着物の帯より短い半幅帯が使われます。
そして帯あげをつけない点も着物と異なる部分です。

履くもの

着物を着る時には白い足袋を履き、その上に女性は草履を履きます。
対して浴衣は素足で下駄を履きます。

小物からも浴衣はカジュアルに楽に着られるもので、
着物はフォーマルな服装だということがわかりますね。

 

 

まとめ

浴衣と着物はパッと見が同じように見えて似ていますが、
以下の大きな違いが三つあります。

・下着を着るか着ないか
・着用する場面
・素材

また帯や履物にも違いがあります。
いかがでしょうか。
浴衣と着物の違いについて理解を深められましたか?
場面に合った和装を楽しみましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました