汗染みが目立つ色って何色?汗染みを目立たせない対策とオススメ服装

疑問解決法

もうすぐ暑い夏がやってきます。
そうすると汗が気になるところ。
汗をかくこと自体は生理現象です。私たちの身体に
とって欠かせない働きの1つですが・・・。

 

その汗によって汗染みができてしまうと恥ずかしいですよね。

 

汗染みが気になって、着たい服も着れないという
経験はありませんか?

 

ちなみに、私は汗が気になって夏にグレーのトップスは
怖くて着れません。
本当は気にせず着たいんですけどね・・・。

 

汗染みが目立つのは汗で色が変わった時に、元の色と
差が付きやすいものです。
私の恐れているグレーは特にそう。

 

春から夏に着たい明るいカラーも汗染みが目立ちます。
反対に白や黒、ネイビーなどは汗染みが目立ちません。
素材や柄によっても汗染みが目立つもの、目立たない
ものがあります。

 

これらをうまくコーディネートに取り入れて、
汗染みを目立たないようにすることができます。

 

 

汗で色が変わる服は避けたい!暑い時期にオススメの服装は?

汗染みが目立つのは、汗で色が変わった時に元の色と
差がつきやすい色の服です。
逆に目立ちにくいのは汗をかいても元の色と変わらない
色の服です。

 

グレーやベージュ、明るいカラーの服は汗染みが目立つ
ので避けたいところ。
一方で汗染みが目立たないのは白や黒、ネイビーなどの
ダークカラーのもの。

 

黒やネイビーは元の色が濃いので、汗で服の色が濃く
なっても、元の色とあまり変わりません。
白も汗による色の変化がほとんどわからない色です。

 

でも、汗染みが目立たないからといって、いつも白や
ダークカラーのコーディネートというのもつまらない
ですよね。

 

もっとおしゃれを楽しみたいですよね!
実は素材によっても、汗染みが目立たないものがあるんです。

 

ポイントは吸水性と速乾性。
吸水性が高いものほど汗を吸い込み色が変わります。
低いものは汗を吸い込みにくいので汗染みが目立ちにくい
と言えます。

 

また、ポリエステルなどの速乾性の高い素材は、
汗をかいてもすぐ乾くので安心です。

 

色と素材に加え、柄を工夫することでも汗染みを
目立たなくすることが可能です。
無地のものより、柄のある服の方が汗染みが目立ちません。
柄の中に汗染みが目立つ色と目立たない色が混ざっているため、
汗染みが目立たなくなります。

 

また、柄があることによって汗で変色した部分以外にも
目がいくので、汗染みが目立ちません。
特にボーダーやチェックといった細かい柄があるものが
おすすめです。

 

 

汗じみを防止する方法って?自分ですぐにできる汗対策!

インナーは汗の強い味方です!

夏に活躍するのはキャミソールタイプのインナー。
脇の部分に汗取りパッドがついているものを選びます。

オススメはサラサラ機能まであるこちら↓
他にもグレーやベージュなどの色もありますよ〜

 

この汗取りパッドは小さいものから大きいものまであります
ので、シーンのよってうまく使いわけましょう。

大きめの脇汗パットが入っているのはこちらのタイプです↓

 

Tシャツタイプのインナーは脇をしっかり覆ってくれるので
安心です。
ただ、アウターからはみ出ないように気をつける必要があります。

オススメはこちら↓
Tシャツなどに響きにくく、襟ぐりも空いているので、
見えちゃう心配もなし!
お腹の部分も涼しくてオススメです。

 

お腹が冷えやすいあなたは
こちらのお腹まで隠れるロングタイプがおすすめですよ。

 

どんなに汗対策をしていても、汗染みがついてしまうこと
もあります。
そんな時は薄いカーディガンやストールをかけるなどして
隠してしまいましょう。

 

汗そのものを抑えることも有効です。
市販の制汗剤を上手に使いましょう。

 

・ロールオンタイプ
液体タイプで皮膚にぴたっと密着し、高い効果があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バン(Ban) 汗ブロック ロールオン プレミアムラベル(40mL)【Ban(バン)】
価格:558円(税込、送料別) (2019/8/3時点)

楽天で購入

 

スティックタイプ
固形タイプの直塗なので皮膚に密着し、効果が持続しやすい
のが特徴。
サラサラとした使用感で、かつヒヤっとしないので
冬場にも使いやすいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ban(バン) 汗ブロックスティック プレミアムラベル 20g
価格:760円(税込、送料別) (2019/8/3時点)

楽天で購入

 

まとめ

汗染みが目立たない色、素材、自分で出来る対策などを
ご紹介しました。
是非取り入れてみて下さい。
上手く取り入れてストレスフリーな夏を過ごしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました