カレーを冷蔵庫に入れ忘れてた! これってまずい?正しい保存方法は?

家事のあれこれ

みんなが大好きなカレー

 

市販のカレールーで簡単に作れて、
しかも一度にまとめて作っておけます。

 

節約にもなるし、忙しくても簡単に作れるので
よくカレーを作る方って多いと思います。

 

ところで、たくさん作ったカレーを
あなたはどのように保存していますか?

 

知っているかもしれませんが、カレーを
お鍋のまま常温保存するのはNGなんです。

 

保存する場合は、作ったその日に冷蔵、冷凍保管しましょう。

 

暑い真夏に一晩常温に置きっぱなしにしてしまった!

 

なんて時は、そのカレーはアウトです!

 

諦めましょう。

 

もったいないですが、処分して下さいね。

 

そんなことにならないように、カレーをおいしく保存する方法をご紹介していきます!

 

カレーは一晩放置した方がおいしいはうそ!?常温保存は危険!

スポンサードリンク

 

カレーは「寝かせた方がおいしい」とか
「一晩置いた方がおいしい」とかよく耳にしますよね。

 

確かに時間が経った方が、味がしみこみおいしくなります。

 

(煮物と同じ原理です。)

 

でも常温のまま寝かしてもおいしくはなりません。

 

それどころか、食中毒の危険が・・・!

 

朝、火を入れ直せば多少は大丈夫だろうと
お鍋を出しっぱなしにしている方も多いのでは?

 

カレーの具には必ず肉か魚介類を入れると思います。

 

肉や魚介類にはウェルシュ菌という細菌が
存在していることが多いのですが、
この菌が食中毒の原因となります。

 

なんとこのウェルシュ菌は”芽胞”を作ってしまうと
100℃で6時間の調理にも耐えられる強い菌です。

 

常温保存だと、早ければ6~8時間で菌が増殖してしまいます。

 

晩御飯に作ったカレーが翌朝には…
というのは十分考えられます。

 

食べる前に温め直したとしても、菌は死滅しません。

 

一度繁殖してしまうと食中毒は
避けられないと考えておきましょう。

 

大量に使ったカレーが何日もつか気になるところですが・・・

 

常温だと冬でも翌日までが目安です。

 

真夏だと半日でも危険。

 

何日もつかと考えるよりも、季節を問わずに
作ってすぐに食べきれなかったら冷蔵保存
、または冷凍保存するようにしましょう。

 

 

カレーの保存方法はどうすればいいの?賞味期限は延ばせる!

安全にカレーを保存するにはどうしたらいいのでしょう?

 

ポイントは「素早く冷ましてすぐ冷蔵庫」です。

 

自然に冷めるのを待っていると、
表面は冷めても中は生ぬるい温度のため
菌が繁殖しやすくなります。

 

手順

・大きめのボールに氷を入れて水を張ります。

 

・氷を入れたボールの中にカレーの鍋を浸けます。
(もし大きいボールが無い場合は、カレーを
他の容器や鍋などに移して浸してください。)

 

・カレーをかき混ぜながら急速に冷やします。

 

・カレーが冷めたら、ジップ付き保存袋にカレーを小分けにして冷蔵庫に入れます。

 

~保管方法別の保存期間~
常温で保存:1日程度(夏場は半日でも危ない)
冷蔵庫で保存:2日~3日程度
冷凍庫で保存:1ヶ月程度

 

コツは3つです。

 

1.カレーをできるだけ早く冷まして冷蔵庫に保存する

 

2.冷ます際は、カレーをかき混ぜながら冷ます

 

3.ジップ付き保存袋にカレーをしまう際、
空気をしっかり抜いて密封する

 

カレーを長期保存したい場合は「冷凍庫」が適切です。

 

冷蔵庫の保存期限は2日~3日ですが、
冷凍保存の場合は1ヶ月も保存できます。

 

カレーを冷凍保存する時はジャガイモやニンジンを
取除くといいですよ!

 

カレーのじゃがいもは冷凍すると
スカスカになって美味しくなくなります。

 

冷凍する前にジャガイモやニンジンは全て
取り出してすり潰してから冷凍するのがオススメ!

 

 

まとめ

カレーは手軽に作れて、おいしい反面、腐りやすい食べ物です。

 

食中毒予防のためにも季節関係なく、
食べきれないカレーはすぐに冷蔵か
冷凍保存するようにしましょう。

 

長期保存したい場合は、冷凍庫が一番!

 

安全においしく保存して、カレーを楽しみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました