なぜ梅雨というの!?子供に聞かれた時にちゃんと答えられる!?

疑問解決法

 

雨が降り続く梅雨…。

 

じめじめしていて気分もなんだか
どんよりしてしまいますよね。

 

そもそも梅雨とは一体何なのでしょうか?

 

 

子供に聞かれてお困りの方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

 

大人として、
しっかり答えられるようにしたいですね!

 

今回は梅雨について、詳しく簡単に
ご紹介したいと思います。

 

梅雨とは?

スポンサードリンク

 

梅雨とはご存知、春と夏(5~7月)の間に
雨が多くなる時期を指します。

 

日本上空には気団という温度や
湿度の違う空気の塊が沢山あります。

 

そんな気団がいくつもぶつかり合います。

 

 

ぶつかって空気の流れが乱れた部分が
よく言われる前線というものです。

 

前線は空気や気圧、
湿度のバランスが崩れるために
雨が降りやすいのです。

 

どうして梅雨っていうの?

梅雨は「ツユ」または
「バイウ」と読みます。

 

元々は「バイウ」と呼ばれており、
中国発祥の言葉なのです。

 

梅の実が熟す時期となったことから
梅雨と呼ばれるようになった説や、
梅の実が潰れているほど
完熟している時期であることから
「潰ゆ(ツユ)」と発音するようになった説も。

 

また、植物に露がかかることで
ツユと発音するようになった説など
様々です。

 

どうしてたくさん雨が降るの?

雲は上昇気流が起こることで出来ます。

 

空気が上に上がり気圧が下がります。

 

そして空気が冷やされます。

 

その空気に含まれている水蒸気が
緩和水蒸気量に達することで
水蒸気の状態ではいられなくなります。

 

そうすることで水蒸気は
氷の粒や液体に変化するのです。

 

それらが集まったものが雲です。

 

そんな雲が一定の重さになることで
上昇気流でも雲を支えられなくなります。

 

そして雲が
落ちてくるというわけなのです。

 

それが雨なのです。

 

子供にはなんて説明すれば良い?

子供に聞かれても
答えられるようにしたいですね。

 

子供に説明出来るように
もう一度、簡単に説明しますね♪

 

上空には冷たい空気と温かい空気があって
それぞれがぶつかり押し合います。

 

その間に梅雨前線という境目が発生します。

 

それが雨を降らす原因となっているのです。

 

そんな梅雨前線が停滞する時期を
梅雨といいます。

 

梅雨のありがたみを伝える

いかがでしたか?

 

ご参考になりましたでしょうか?

 

子供に聞かれても
しっかりと答えられるように
しておきたいものですね!

 

梅雨は外で遊びたい子供にとっては
つまらない時期かもしれないですが…。

 

梅雨のデメリットばかりだけでなく
雨が降るありがたみも
伝えられたらいいですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました