青梅花火大会の穴場スポット2019!混雑しない花火?破格の有料席や日程も

季節の各地方のイベント

東京都心から電車で約1時間半の場所にある青梅市で毎年行われている
「青梅花火大会」をご存知でしょうか?

都営バス路線が青梅市に開通したことを記念して1949年に始まり、
今年で71回目を迎えます。

 

歴史のあるこの花火大会は、
他の花火大会に比べると混雑も少なく、
知る人ぞ知る穴場の人気花火大会として有名です。

 

今回はそんな青梅花火大会について、
穴場スポットや日程、
有料席など詳しくご紹介していきます。

 

青梅花火大会の穴場スポット

スポンサードリンク

 

青梅花火大会には、
会場周辺に無料で楽しめる花火観覧の穴場スポットが
いくつかありますのでご紹介しますね!

 

穴場スポットその1「青梅市立第一小学校周辺」

まず穴場スポットとしてご紹介するのは、
「青梅市立第一小学校の周辺」です。

 

会場となる永山公園グラウンドのすぐ隣にある学校で、
花火大会当日は13時以降校庭を一般に開放してくれます。

 

校庭から花火までの距離は、
有料観覧席がある永山公園グラウンドからとほぼ同じで、
花火の迫力を間近で楽しむことができるスポットとして一番おすすめです!

 

ただし、とても人気で有名な穴場スポットなので、
混雑していることは覚悟したほうがいいですし、
少し早めにいって場所を確保する必要があるでしょう。

 

また校内での食事やアルコールなどの飲み物、
喫煙、ペットの同伴などは禁止されていますので注意してくださいね!

 

◾️青梅市立第一小学校

【住所】青梅市本町223

【開放開始時間】当日3日13:00以降

【青梅駅からの距離】徒歩4分

 

穴場スポットその2「釜の淵公園」

次に穴場スポットとしてご紹介したいのは、
駅から徒歩圏内にある「釜の淵公園」です。

釜の淵公園では、川沿いでバーベキューエリアがあり、
花火の前にバーベキューが楽しめます!
(予約不要、8:30-17:00まで)

 

家族や友達と集まって、楽しいひと時を過ごすことができますよ!

この場合のバーベキューの用意は各自でお願いします。

 

もしくは専用のバーベキューレンタル「BBQ-PARK」を利用するのもおすすめです。
(予約デスク:03-5658-4201/03-5658-4600)

 

また公園内には、芝生のエリアもあるので、ビニールシートと食事を持参して花火を見ながらピクニックもおすすめですよ。

寝転んで見上げる花火も味があっていいですよね!

 

◾️釜の淵公園

【住所】青梅市大柳町1392

【開放時間】6:00-22:00

【青梅駅からの距離】徒歩15分

 

穴場スポットその3「青梅鉄道パーク」

明治、大正、昭和の時代を駆け抜けた蒸気機関車などが勢揃いし、
現物保管されている「青梅鉄道パーク」は、鉄道好きにはたまらない公園です。

 

この青梅鉄道パークが、昨年より花火大会の当日18:30より公園内を開放してくれています!

鉄道パークから花火大会の会場である永山公園グラウンドはお隣同士なので、
迫力ある花火を楽しむことができる穴場スポットとなっています。

 

一点注意したいのは、
鉄道パーク自体の営業は17:30までとなっており、
花火観覧のための開放は18:30以降となります。

 

公園内でこの間の時間を過ごすことができないので、
一度退場するもしくは18:30以降に来るようにしてくださいね!

 

◾️青梅鉄道パーク

【住所】青梅市勝沼2-155

【開放開始時間】18:30以降

【青梅駅からの距離】徒歩9分

【公式サイト】http://www.ejrcf.or.jp/ome/

 

穴場スポットその4「PLAZA5のカラオケまねきねこの入っているビルの屋上」

会場から少し離れた場所になりますが、
穴場スポットとしておすすめしたいのが、
プラザ5という商業施設内にあるカラオケまねきねこのビルの屋上です。

花火大会当日、屋上へ上がることができ、そこから花火を楽しむことができます!

 

会場まで距離がありますので、迫力には少しかけますが、
高いところからはっきりと夜空に上がる花火を見ることができる穴場スポットです。

商業施設ということもあり、
駐車場が700台完備しているだけでなく、
飲食店やトイレが充実しているのが嬉しいですよね!

 

◾️PLAZA5

【住所】青梅市千ヶ瀬町3丁目400

【青梅駅からの距離】徒歩15分

 

穴場スポットその5「青梅駅周辺」

青梅駅から会場まではとても近いので、
駅からも花火を楽しむことができます!

駅周辺にはベンチなども設置されていますので、
そこから観覧するのもおすすめです。

 

周辺にコンビニやお店もありますので、
食事やトイレに困ることはありません。

 

ただ公共機関でお越しになる人でごった返すので、
常に人の出入りがあり、落ち着いて見るのは難しいかもしれません。

 

青梅花火大会の有料席情報とチケット

青梅花火大会の会場となる永山公園グラウンド内から花火を見るためには、
有料のチケットを事前に購入する必要があります。

ここでは有料席についてやチケットの値段や購入方法についてご紹介します。

有料席のチケットの種類と値段

有料席には、
お値打ち価格で購入できるイス席と、
たたみ約2畳分の広さがあるマス席の2種類あります。

値段は下記の通りです。

・イス席:1000円

・マス席A区画(中央):6000円

・マス席B区画(外側):5000円

 

思いやり席

下記に該当する方を対象に、
ネッツたまぐーセンター(文化交流センター)屋上に
「思いやり席」をご用意しています!

・車イス利用者(介助者1名含む)

・障害者手帳をお持ちの方(知的障害を含む)

・足の悪い高齢者(75歳以上)

・上記該当者の家族1人4席(対象者を含む)まで

料金は1座席500円です。

席の数は、イス席56席と車イス席10席です。

 

販売期間

2019年7月8日(月)9:00から販売開始となります。

先着順で完売次第、終了となります。

ご購入をお考えの方は、お早めにお求めくださいね!

 

購入方法

イス席は、花火大会の実行委員会である青梅市観光協会のある
「東青梅センタービル3階」で購入可能です。

マス席は、
「東青梅センタービル2階」で購入可能です。

もしくは青梅駅近くにある「青梅観光案内所」で購入できます。

 

青梅観光案内所は、
平日の9:30-17:00(お昼休みのぞく)で営業しています。

 

購入条件として、
マス席はお一人様5区画まで、
イス席はお一人様10席までとなりますのであらかじめご了承ください。

 

また、青梅花火大会の有料席チケットは
インターネット上での販売はありませんので、ご注意ください!

 

青梅花火大会は混雑しない?来場者数は?

青梅花火大会の例年の来場者数は、1万4千人程度です。

花火大会といえば、
見渡す限り、人、人、人!という混雑が典型的ですが、
それに比べるとこの青梅花火大会は、比較的混雑の少ない花火大会といえるでしょう。

 

同日に都内の他の場所では、
いくつか花火大会が行われており、
青梅納涼花火大会自体が、
東京都内で穴場的な花火大会となっています!

 

少しでも人混みを避けて花火を楽しみたいという方にはおすすめの花火大会です!

 

また、会場となる永山公園グラウンド内に関しても、
全席指定の有料席となり、
チケット購入者のみ入場できますので、
当日席や場所取りに困ることはありません。

 

多くの人で賑わっているといえども、ゆっくり屋台を楽しんだり、花火を席から楽しむことができます。

とはいえ、やはり花火が始まる前や終わった後は、
会場周辺や駅周辺では混雑がみられます。

少し時間をずらして行動するとスムーズに動けますよ!

 

青梅花火大会の日程と打ち上げ時間は?

青梅花火大会の日程

青梅花火大会の開催日は、
令和元年8月3日(土)です。

雨天の場合、翌日4日(日)に延期されます。

開場時間は午後5時で、
花火の打ち上げは午後7時15分からになります!

 

青梅花火大会の打ち上げ時間

青梅花火大会の打ち上げ時間は、
午後7時15分に始まり午後8時55分までなので、
100分間の打ち上げとなります!

100分間という長い時間花火を都内で楽しめるのは嬉しいですよね。

 

青梅花火大会の見どころ

青梅花火大会には見どころがたくさんあります!

そのうちのいくつかをご紹介していきますね。

花火と音楽、そして自然のコラボレーション

まず青梅花火大会といえば、
森の中から花火が打ち上げられることで有名な花火大会です。

迫力ある花火と美しい自然とのコラボレーションが見どころです!

さらにそこへ音楽も加わって花火が打ち上げられるため、
豪快な演出を最初から最後まで楽しむことができます!

 

打ち上げ本数の増加!

例年に比べて打ち上げ本数が増えています!

2017年に3801本だった打ち上げ本数は、
2018年に4001発となり、
2019年の今年はなんと4132発まで増えています。

間近で上がる花火の迫力に興奮の連続となること間違いありません!

 

永山大照明

青梅花火大会の風物詩といえば「永山大照明」という花火です。

この花火は、永山公園グラウンド内に設置される有料席からしか見ることができない花火で、その幻想的な演出が人気をよんでいます。

ライトアップとスモーク演出された森の中から音楽に合わせて花火が上がります。

有料席から観覧される方は、絶対に見逃せない花火ですよ!

 

青梅花火大会の屋台情報

青梅花火大会の屋台は、
有料観覧エリア内のみに出ます。

屋台の種類は、お好み焼きや焼きそばなどはもちろんアルコールの販売もあります!

有料観覧席のチケットをお持ちの方は、ゆっくり花火を見ながら、お祭りフードも楽しんでくださいね!

 

一方で、有料観覧席のみの屋台ということは、自由エリアから花火を見る場合は、屋台に行くことはできません。

 

花火大会といえば屋台のお祭りフードも楽しみの一つなので少し残念ですよね。

事前に食べ物や飲み物を購入してから花火大会に行くようにしてくださいね!

 

青梅駅にはスーパーやコンビニが点在していますので、食べ物や飲み物の購入に困ることはなさそうですので安心してくださいね。

 

青梅花火大会の開催場所

青梅花火大会の開催場所は、
「青梅市永山公園グラウンド」になります。

住所は、東京都青梅市本町217です。

 

青梅花火大会の駐車場情報

花火大会当日は、大変な混雑が予想されますので、
公共機関の利用をおすすめしたいですが、
周辺には何箇所か駐車場があります。

どこも収容台数か少ないのが難点ですが、
何箇所かご紹介しますね!

 

青梅駅前駐車場

駅の駐車場で会場までのアクセスが良好です。

しかし、駅近であることに加え、収容台数が少ないので、すぐに満車になってしまう可能性があります。

【住所】青梅市本町159

【利用時間】24時間

【料金】30分100円

【駐車可能台数】34台

【会場までの距離】徒歩10分

 

PLAZA5の駐車場

穴場スポットとしてご紹介したPLAZA5の駐車場は、
会場までは少し距離がありますが商業施設ということもあり、
700台収容可能です。

PLAZA5利用のお客様への配慮は忘れずに、駐車してくださいね!

 

【住所】青梅市千ヶ瀬町3丁目400

【利用時間】24時間

【料金】無料

【駐車可能台数】700台

【会場までの距離】徒歩15分

会場周辺の路上駐車は、近隣の皆様のご迷惑となりますので、絶対にしないでくださいね!

 

青梅花火大会へのアクセス

公共機関でお越しの場合

JR青梅線青梅駅より花火大会の会場となる
永山公園グラウンドまでは歩いて約10分です。

花火が始まる前と終わった後は、
駅の混雑が見込まれますので、
あらかじめ往復券を購入するか、
suicaなどのICカードを使ってスムーズに
乗り降りできるようにしておくと便利ですよ!

 

自転車やバイクでお越しの場合

おすすめなアクセスの仕方に、バイクや自転車でのアクセスがあります。

車よりは小回りがきき、渋滞も起こりにくく、
当日は臨時駐車場もありますので、そこに駐車して、
歩いて会場までアクセスするとスムーズです。

臨時駐車場となるのは、
「永山公園大型バス専用駐車場」と
「永山公園管理棟前」になります。

 

青梅花火大会の交通規制

青梅花火大会では、花火大会当日交通規制があります。


出典:colorssss.com

交通規制が行われる時間帯は17:00-22:00の間です。

青梅駅から花火大会会場側の道や青梅市立第四小学校周辺から花火大会会場側の道路は、会場方向への車両通行止めとなります。

 

もともと周辺道路は幅も狭いので、花火大会当日は車で会場周辺へ近づかないことをおすすめします。

事故防止のための入場規制となりますので、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 

青梅花火大会の雨天の場合は?

青梅花火大会当日の8月3日(土)が雨天の場合、延期となります。

翌日4日(日)が延期日となります。

雨天の場合、詳しくは公式ホームページで掲載されますので確認してからお出かけくださいね!

 

青梅花火大会のトイレ情報

有料席が設置される永山公園グラウンド内には、
仮設トイレが何箇所かに設置されます。

穴場をはじめとする会場外から無料で花火を見る場合は、
青梅駅トイレやコンビニ、スーパーなどのトイレを使用することになります。

 

どちらの場合も数に限りがありますし、
花火大会の影響で混雑することは予想されますので、
早めにトイレに行くようにすることやトイレットペーパーを持参することは忘れないでくださいね!

 

青梅花火大会の気温と服装

青梅市の気温

東京都青梅市の8月の気温は、
平均最高気温は30度、平均最低気温は22度です。

1日の平均気温は25度を超え、
1年の中でもっとも湿度が高く、
ジメジメと暑いのが青梅市の8月の特徴です。

ここ数年は、異常気象ということもあり、
35度を超えるような暑さになる日も予想されます。

 

青梅市のこの時期は、典型的な日本の暑い夏といえますので、
しっかり暑さ対策をして花火大会に行きましょうね!

 

青梅花火のオススメ服装

数字からみても暑いことがおわかりいただけたと思いますが、
服装はどのようなものがいいのかご紹介していきます!

 

真夏ですので、半袖短パンでも日中はもちろん、
夜でさえも25度以下になることが少ないので十分過ごすことができます。

しかし、半袖短パンという肌の露出は、
肌へのダメージが強いため、日焼け防止対策が必要です。

 

風通しの良い服は必須ですよ!

薄手の長袖を羽織るのも良いでしょう。

それに加えて、帽子をかぶることや日焼け止めをぬること、
人が少ないところでは日傘をさすことをおすすめいたします。

 

着替えを持っていって、汗をかいたら着替えるのもおすすめです。

特に小さい子どもは体調を壊しやすいので、
着替えの準備をお忘れなくしてくださいね!

 

また熱中症対策も必要です。

この季節は脱水症状になることが多く、
自分が必要だと思う以上の水分補給が必要です。

普段よりも多くの水分を持参し、摂るように心がけてくださね!

 

水だけを飲むのもいいですが、
水の中に少し塩を混ぜたものなどを作って持っていくと、
より熱中症対策に効果的です。

 

もう一つ注意したいのが虫対策です。

花火大会は野外ですし、公園内の森の近くということもあり、蚊を始めとした虫がいます。

薄手の長袖を羽織ったり、虫除けスプレーをしたり、かゆみ止めの薬を持参したりと、虫除け対策を忘れずにしてくださいね!

 

青梅花火大会周辺のおすすめスポット

花火以外にも青梅市には、見どころ溢れる観光スポットがあります!

昭和レトロ商品博物館

懐かしい昭和中期のお菓子やタバコ、薬などのパッケージが展示されており、歴史とその当時の人たちの暮らしが垣間見ることができる博物館です。

常に新しいものが創造されてる現代において、昭和時代のパッケージを通して昔のよき人々のあり方を保存する場として人気をよんでいます。

【住所】青梅市住江町65

【営業時間】10:00-17:00

【駅からのアクセス】青梅駅より徒歩5分

【入館料】大人350円、子ども250円

【公式ホームページ】http://ome-akatsukafujio-museum.com/retoro/

 

青梅赤塚不二夫会館

「天才バカボン」や「ひみつのアッコちゃん」「おそまつくん」のなど昭和を代表する人気漫画を生み出した漫画家、赤塚不二夫さんの博物館が青梅市にはあります!

博物館をぐるりと回ってこれば、笑顔が溢れていること間違いなしの展示やギャク、売店コーナーを楽しむことができます。

ぜひお立ち寄りくださいね!

 【住所】青梅市住江町66

【営業時間】10:00-17:00

【入館料】大人450円、小人250円

【駅からのアクセス】青梅駅から徒歩5分

【公式ホームページ】http://ome-akatsukafujio-museum.com/index.html

 

御岳山ハイキング

四季折々の景色が楽しめる御岳山に
日帰りハイキングに出かけてみてはいかがでしょうか?

 

青梅線御嶽駅からバスに10分のり、
ケーブルカーの駅「滝本駅」からケーブルカーに乗車、
山頂の武蔵御嶽神社まで登れば気持ちの良い眺めがそこにはあります!

 

ケーブルカーに乗らずに、
滝本駅迎えにある登山道から頂上を目指すこともできます。

他にも初心者から中級者向けの登山コースもいくつかあります!

 

その日の気分や自分のレベルに合わせて自然の中のハイキングを楽しむのもおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか?

青梅市は、都内からアクセスが良く、
昔ながらの街並みが残るレトロなまちとして、
まちを歩くだけでも可愛いお店があったり、
美味しいものが食べれたりと人気のまちです。

 

そこに大迫力の花火大会が開催され、
まちはますます賑やかに夏の楽しい夜のひと時となります。

 

都内からのアクセスも良好ですので、
都会を少し抜け出して、
比較的まったり観覧できる青梅花火大会にぜひ今年は足を運んで見てくださいね!

 

8月3日の花火大会といえば
新潟の長岡花火もオススメです!

長岡花火2019の駐車場とアクセス!新幹線情報や穴場スポットも!

 

 

■第71回青梅市納涼花火大会

【開催期間】2019年8月3日(土)(雨天の場合翌日4日に延期)

【開催場所】青梅市永山公園グラウンド

【花火打ち上げ時間】19:15-20:50

【打ち上げ本数】4132発

【アクセス】JR青梅線青梅駅から徒歩5分

【公式サイト】https://www.omekanko.gr.jp/event/3996/

【お問い合わせ】青梅市納涼大会実行委員会(青梅市観光協会内)

東京都青梅市東青梅1-2-5 東青梅センタービル3階

TEL: 0428-24-2481(8:30-17:00)

E-mail: niwa@omekanko.gr.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました