弁当に保冷剤の水滴が付くのが気になる!どう使うのがベター?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





夏場のお弁当に保冷剤は欠かせませんよね。
あなたも保冷剤を保冷バッグに入れてお弁当を
持ち歩いていると思います。

しかし、お弁当を食べようと思ったら、保冷剤の水滴
お弁当やバッグの中が濡れていた!
という経験はありませんか?

もしくはご主人やお子さんから、
そんなクレームを受けた!とか。
お弁当もバックも濡れてしまうなんて、
いい気はしませんよね。

そんな事態は避けたいものです。
良い結露対策はあるのでしょうか?
対策として「タオルやキッチンペーパーで保冷剤を包む」
ということをしている方も多いかと思います。

もちろん、それも有効な対策です。
他にも、使う保冷剤を変えるだけで出来る対策もあったり、
簡単な方法が色々あるのでご紹介していきます!

弁当に保冷剤の水滴が付かない方法ってあるの?

スポンサードリンク

どうしてお弁当に水滴がついてしまうのか?
ポイントは「温度差」にあります。
お弁当の温かさと保冷剤の冷たさの温度差が水滴を作ります。

そうです。
つまりお弁当と保冷剤の温度差を出来るだけ小さく
すればいいのです!
それでは具体的な対策をご紹介していきます。

お弁当を良く冷ましてからフタをする

ごはんとおかずが、まだアツアツのうちにフタをして
保冷剤と共にバッグに入れる。
こんなことしていませんか?

これだと、お弁当と保冷剤の温度差がとても大きくなって
しまいます。
つまり、水滴がとても出やすい状況と言えます。

お弁当はごはんもおかずも両方しっかりと冷ましてから
フタをしましょう。

不織布の保冷剤を使う

同じ保冷剤でも、実は水滴が付きやすいタイプと
そうでないタイプがあるんです。
水滴がつきにくいタイプというのが不織布の保冷剤。

不織布の保冷剤とは、よくケーキ屋さんでつけてくれる、
あの保冷剤です。
表面がざらざらしているのが特徴。

不織布タイプだと吸水してくれるので、
水滴が付きにくいですよ。

キッチンペーパーやタオルで包む

保冷剤をキッチンペーパーやタオルで包む方法も
おすすめです。
保冷剤から水滴が出ても、水滴を吸収してくれるので
お弁当やバッグの中身が濡れてしまうことはありません。

薄手のキッチンペーパーを使用する際は、何枚か重ねて
保冷剤を包んだ方が安心です。

密閉しやすい保冷バッグを使う

保冷バッグの性能が落ちているという事が水滴の原因
ということもあります。
もともと性能が悪い保冷バックも同じです。

お弁当を冷ましてから入れたとしても、保冷バッグの
性能が良くないと水滴が発生してしまいます。
そこで、おすすめしたいのがしっかり密閉できるタイプの
保冷バックです。

隙間があるタイプだと外気と保冷剤の温度差ができやすく、
水滴が発生してしまいます。
しっかりと密閉でき、外気をシャットアウトできるタイプの
保冷バッグを選ぶようにしましょう。

弁当の保冷剤は上と下のどっちに置く?正しい使い方は?

保冷剤はお弁当の上に置く?下に置く?
どちらの方が良いのか迷いますよね。
正解はお弁当の上です。

冷気は下へ下へと流れるからです。
保冷剤のポケットが付いているタイプの物であれば、
保冷剤はそこに入れるのがいいでしょう。

100均でも保冷剤入れとお弁当バンドが一体化している
便利商品があります。
これを活用してみるのもいいですね。

まとめ

・お弁当と保冷剤の温度差で水滴が生じる
・お弁当はしっかり冷ます
・保冷剤は不織布タイプが良い
・保冷剤をキッチンペーパーやタオルで巻くと
水滴を吸収してくれる
・しっかりと密閉できる保冷バッグを選ぶ
・保冷剤はお弁当の上に置くのが良い

保冷剤でお弁当が濡れないようにする方法をご紹介しました。
いかがだったでしょうか?
是非、次回から試してみてください♪
美味しくお弁当をいただきましょう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする