おにぎりを冷ますと乾燥しちゃう…美味しい状態を保つには!?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





家族のために、自分のために、
おいしいおにぎりを作りたい!と思いませんか?
冷めてもふっくらおいしいおにぎりを作るのに大事な
ポイントは冷めてからラップで包むことです。

温かいままラップに包むと、ラップの内側に水滴ができて
しまいます。
そしておにぎりが傷みやすくなります。
それに、ご飯の味も落ちて冷めた時に硬くなってしまうんです。

冷ましてからラップに包むことで、ラップの内側に水滴が
できることを防ぐことができます。
しかし!ただ冷ますだけではおにぎりが乾燥してしまう
んですよね・・・。

困ったものです。
同じように悩んでいるあなた。
なんと、この問題はキッチンペーパーや布巾、木のまな板を
うまく使うと解決できちゃうんです!

おにぎりの美味しい冷まし方ってどうすればいいの!?

スポンサードリンク

最初にもお伝えした通り、水滴があるとおにぎりは
傷みやすくなり味も落ちてしまいます。
ラップの内側に水滴ができるのを防ぐためには冷ます
必要があります。

しかし、ただ冷ますだけでは表面が乾燥してしまいます。
解決策をご紹介します。

キッチンペーパーや布巾を活用

おにぎりをお皿の上に並べて、上からキッチンペーパーか
布巾をかぶせます。
これだけでおにぎりの表面が乾燥することを防げるんです。
とっても簡単ですね♪

木のまな板を活用

おにぎりを木のまな板にのせ、様子を見ながら裏返します。
木のまな板が蒸気を吸いとってくれるので、
表面がカピカピにならずに済みます。

駅弁などで木の箱に入ったものを見たことありませんか?
これもお米が美味しく食べられるようにするための工夫です。
わっぱの弁当箱もふっくらしたお米がキープできます。
最近、人気でよく見かけますよね。

ところでおにぎりが冷めるまでって、どのくらい待てば
いいのでしょうか?
目安としては20~30分ほど待った方がいいようです。
「冷ます=粗熱を取る」です。

長時間常温で放置すると雑菌が繁殖してしまいます。
夏場は特に注意!
触って「熱い!」とならない、人肌くらいの温度を目安に
しましょう。

また、炊きたてご飯を一旦ボウルなどに移してから、
塩やふりかけなど混ぜ込むと通常より早く冷ますこと
が出来ます。

おにぎりを包むのはラップ?アルミホイル?美味しいのは?

あなたはおにぎりをラップで包みますか?
それともアルミホイル?
ちなみに私はラップ派ですが、アルミホイル派も多い
みたいですね。

ラップとアルミホイルには、それぞれメリットがあります。

ラップのメリット

・中身が見える
・レンジでそのまま温められる
・包みやすい

アルミホイルのメリット

・通気性がよく蒸れにくい
・水滴が出ない

比較してみると・・・

ラップ
→温められるし中身もわかるので便利。
→密封性が高いので通気性が悪い。
そして蒸れやすく、水滴がつきやすい。

アルミホイル
→時間がたってもふんわりをキープできる。
→凸凹ができるので水滴はできず傷みにくい。
→レンジで温められない。

なるほど・・・
それぞれのメリット・デメリットを比較して、
使い分けるのがよさそう!

私は旦那さんのおにぎりを、
毎日ラップで包んでいますが・・・
旦那さんは食べる時に、レンジで温められないので
アルミホイルの方がよさそうだと思いました!

ちなみに・・・おにぎり専用のアルミホイルもあります!
アルミホイルの内側に紙のシートが付いているので、
余分な水分を吸収してくれます。

つまりちょうどいい水分をキープしてくれるんです!
これを活用するのもいいですね♪

まとめ

おにぎりのおいしさを保つためには・・・
・おにぎりは熱いうちに握って、冷めてから包む
・キッチンペーパー、布巾、木のまな板を活用して冷ます。
・ラップとアルミホイルのメリット・デメリットを
比較して使い分けるのが良い。

美味しいおにぎりを目指しましょう!