ちゃんと慣れるから大丈夫!?子供が保育園入園で寂しい時のママの心の持ち方

子育て&ママ

ようやく申請が受理されて入園が叶い、
本来嬉しいはずなのに、
目前に園での生活が心配になったり、
離れて過ごすことに
寂しい気持ちになってしまうママさん。

 

分かりますよ、その気持ち。

 

 

そうですとも、出産してからこれまで
ずっと一緒に過ごしてきたのですから、
我が子が小さな社会へ飛び出すことに
不安を感じるのは自然です。

 

また、ご自身の気持ちの整理が
つかないのも当然です。

 

 

けれど、お母さんお父さんが弱気になっていると、
お子さんはもっと不安を感じてしまいます。

 

むしろ背中を押してあげないと
いけないはずなんですね。

 

きっと、初めての登園では
大泣きしてしまうことでしょう。

 

全身で「ママさんと離れたくない」と
アピールしてくることでしょう。

 

それでも、我が子のため、心に鞭を打って
送り出さないといけないんですね。

 

 

さぁ、今回は大切なお子さんが
保育園に通うために、
ママさんに持って頂きたい心について
一緒に考えてみましょう。

 

子供が保育園に行くということ

スポンサードリンク

 

遅かれ早かれ、あなたのお子さんは
社会へと旅立たないといけません。

 

今のあなたが大人として
社会活動を行っているのも、
振り返ってみれば小さな社会から
一段ずつ階段を上り、
より大きな社会へと
挑戦し続けたからなんですよね。

 

従って、お子さんも
保育園という小さな社会へデビューすることは
意義のあることなのです。

 

 

もちろんメリットだけではありませんが、
次のサイトをご覧頂くと、
デメリットも知った上で、園に通うことに関して
理解が深まると思います。

http://tg-uchi.jp/topics/3265

 

保育園に入園することによるメリット

  1. 低年齢から集団生活が体験できる
    (同年代における社会性の学び)
  2. ママさん(あるいはパパさん)の
    仕事が続けられる。
  3. ママさん(あるいはパパさん)の
    一人の時間も多少は作れる。
  4. ママ友(パパ友)同士で、
    悩みを話し合える
  5. 園の先生に、
    子育てにおける相談が出来る

 

保育園に入園することであるデメリット

  1. 子供の成長過程で、
    「出来た」を見逃すこともある。
  2. 離れて過ごす寂しさで、
    お子さんの情緒が不安定な時がある。
  3. 流行病(水疱瘡、おたふく風邪、
    インフルエンザ)をもらうリスクが高まる。

 

デメリットをクローズアップすると
登園に気が引けるところもありますが、
昨今の待機児童で
お困りのご家庭が多い現実を考えますと、
入園できるようになったことは幸運であり、
得られるメリットの方が多いのではないでしょうか。

 

寂しい時の気持ちの持ちようは?

 

我が子が大きく成長して帰ってくる。

 

とにかく、この一言で
ご自身の寂しさを振り切りましょう。

 

ママさん、パパさんが寂しそうな顔をしていると、
お子さんは確実に不安を覚えます。

 

そして、園は
自分の行くべき所ではないのではないかと、
幼いながらも感じてしまうことでしょう。

 

親としての務めは、
ご自身の心のありように正直になる前に、
まずお子さんの背中を
優しく押してあげることです。

 

そうして、成長を見守っていこうではありませんか。

 

まとめ

 

入園前に感じる寂しさは最初の一瞬だけです。

 

一歩踏み出し、
親子で新しい世界へと飛び出していきましょう。

 

お子さんは園で多くのことを学びます。

 

それを親として発見するたびに、
きっと喜びが感じられ、
当時の寂しさなどは
微塵にも感じないはずです。

 

あるいは、思い出と変わっていることでしょう。

 

楽しい園生活を送って下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました