熱海花火の屋台情報2019!穴場スポットや穴場駐車場とチケット情報も!

季節の各地方のイベント

 

これから暑くなるにつれて
様々なイベントがある中で
夏の風物詩と言えば花火を思い浮かべる人も多いでしょう。

 

中でも熱海の花火
夏はもちろんのこと、
年中開催されている花火として名を広めています。

 

そこで今回は
熱海の花火について
屋台情報や穴場情報などをご紹介していきます。

 

  1. 熱海花火の屋台の出店情報!
  2. 熱海花火の穴場観覧スポットは?
    1. 花火会場からすぐそば 「サンレモ公園」
    2. 天守閣から見える花火が綺麗! 「熱海城」
    3. MOA美術館
    4. 熱海海上花火クルーズ船から見る
    5. 「熱海シーサイドスパ&リゾート」
    6. 「ホテル貫一」
    7. 「ホテルニューアカオ」
    8. 「ホテル ミクラス」
  3. 熱海海上花火大会は夏季限定で有料観覧席が購入できる!
  4. 熱海花火の駐車場情報!穴場駐車場も!
    1. 清水町駐車場
    2. 初川駐車場
    3. 熱海駅前駐車場
    4. 来の宮駐車場
    5. 中央町駐車場
    6. 和田浜駐車場
    7. 熱海市東駐車場
    8. 熱海駅前北駐車場
    9. 熱海銀座町
  5. 熱海海上花火大会とは?魅力と見どころ
  6. 熱海海上花火大会の日程と時間は?
  7. 熱海海上花火大会の打ち上げ数は?
  8. 熱海花火大会の会場はどこ?
  9. 熱海海上花火大会へのアクセス方法!
    1. 車で行く場合
    2. 電車で行く場合
  10. 熱海花火大会の交通規制はある?
  11. 熱海海上花火大会の穴場ホテルは?
  12. 熱海海上花火大会雨天の場合は?
  13. 熱海海上花火大会のトイレ情報
  14. 熱海海上花火大会の喫煙所は?
  15. 熱海市の観光スポットはこちら
    1. MOA美術館
    2. 來宮神社
    3. 熱海温泉
    4. 熱海七湯めぐり
    5. 伊豆山神社
    6. 熱海城
    7. 熱海トリックアート迷宮館
    8. アカオハーブ&ローズガーデン
    9. 起雲閣
    10. 海上釣り堀 筏釣りの東海
    11. 熱海梅園
    12. 熱海温泉 熱海プリン
    13. まさる
    14. 熱海 まぐろや
    15. 海幸楽膳 釜つる
  16. まとめ
    1. 共有:
    2. 関連

熱海花火の屋台の出店情報!

スポンサードリンク

 

熱海花火は1952年(昭和27年)に始まった
歴史のある花火大会です。

 

花火が開催される日には
屋台と地元の飲食店の出店が
約20~30店舗並びます。

 

決してそこまで屋台の数は
多いとは言えません。

 

それには理由があり、
熱海花火を見に来る人は
宿泊する人が多いです。

 

なので、
食事はホテルや旅館で済ませる人が多いため、
そこまで屋台の数は多くないのですね。

 

屋台が出店される場所は
第1工区スカイデッキ周辺
約10店舗ほど。

 

第2工区レインボーデッキ
地元飲食店の屋台ブースが
約10店舗ほど。

 

熱海駅から熱海サンビーチまでの
道沿いにいくつか出店されています。

 

屋台は16時頃から花火大会が終わるまで
営業しています。

 

メニューもいろいろあり
焼きそば、たこ焼き、お好み焼き、
焼き鳥、チヂミ、
フランクフルト、フライドポテト、
からあげ、串カツ、
アメリカンドッグ、
手羽先、焼きとうもろこし、
かき氷、じゃがバター、
ベビーカステラなどがあります。

 

おつまみ的なもので言えば
きゅうりの1本漬け、
塩ダレキャベツ、枝豆
などがあります。

 

「熱海と言えば」の海の食材を生かした
イカ焼き、サザエのつぼ焼き、
ゲソ揚げ、いかめし、
いかメンチ、特大エビ
などがあります。

 

中でもおすすめの屋台メニューは、
サザエ飯、サザエコロッケ
そしてたこ焼きのたこの代わりに
イカやエビを入れて焼いた
洋風ジャンボえび焼き
美味しくておすすめです!

 

デザート系では
リンゴあめやチョコバナナ、
そして金魚すくいや
スーパーボールすくいなどもあります。

 

是非花火と一緒に
屋台も楽しんで下さいね!

 

熱海花火の穴場観覧スポットは?

 

熱海花火を見るにあたり
どこで見るのが良いのでしょうか。

 

一般的な観覧場所としては、
サンビーチ海水浴場
熱海港海岸線の一帯などになります。

 

しかしやはり人が多く混雑するので、
ここでは穴場の観覧スポットを
いくつかご紹介します。

 

花火会場からすぐそば 「サンレモ公園」

こちらは打ち上げ会場から
徒歩5分ほどのところにある公園です。

 

海のそばにあり、
しかも会場から近いので、
迫力のある花火を
間近で見ることが出来ます。

 

駐車場もありますが、
満車の場合は周辺にパーキングもあり、
30分100円で停められます。

 

車以外だとバスがあり、
東海道新幹線熱海駅から
東海バス熱海港網代旭町行きで約10分、
マリンスパ前で下車して、
徒歩すぐのところにあります。

天守閣から見える花火が綺麗! 「熱海城」

7月と8月の花火の開催日は
21時まで延長で営業しており、
天守閣から花火を見ることが出来ます。

 

お城から花火を見る事は
なかなかないと思いますので、
天守閣から花火が見れるのは
熱海城ならではです。

 

ゲームや卓球コーナー、
そして入場料は別になりますが、
熱海トリックアート館があるので、
花火が始まるまでの間は
遊びながら時間を潰す事も出来ます。

MOA美術館

美術館の駐車場から
花火を観覧することが出来ます。

 

こちらは会場から少し離れているので
人出が少なく穴場ではありますが、
花火が多少小さい事
周りの建物が視界に入るのが
デメリットかもしれません。

 

多少迫力は劣りますが、
人が少ないので
ゆっくり見たいという人には
おすすめです。

熱海海上花火クルーズ船から見る

「熱海第10喜久丸」や「トラベルコ」、
「阪急交通社」「アソビュー」などでは、
様々な花火大会の
クルージングツアーが企画されています。

 

海上から見る花火は
地上とはまた違った雰囲気があり、
とても綺麗でおすすめです。

 

そして熱海湾には
お部屋から花火が見れる
宿泊施設がたくさんあります。

 

人気宿をいくつかご紹介します。

 

「熱海シーサイドスパ&リゾート」

熱海湾の目の前にあり、
全部屋オーシャンビューなので、
花火をゆったりと見ることが出来ます。

「ホテル貫一」

打ち上げ会場のほぼ真正面に位置する
こちらのホテルでは、
海側にある19室で大迫力の花火を
楽しむことが出来ます。

「ホテルニューアカオ」

全室オーシャンビューで、
海の上に建っているような景観が
魅力のホテルです。

 

JR熱海駅から無料送迎バスで
約10分程度です。

「ホテル ミクラス」

こちらの観覧席は宿泊客専用で、
宿泊者限定の特等席です。

 

ホテルに併設されている露天風呂からも
花火を見ることが出来ます。

 

目の前で打ち上がる迫力満点の花火を
温泉に浸かりながら見れるなんて
とても贅沢ですね。

 

是非花火を観覧する際の
参考にしてみて下さい。

 

熱海海上花火大会は夏季限定で有料観覧席が購入できる!

夏だけではなく、
年間を通して開催される
全国でも珍しい熱海海上花火大会ですが、
夏季の間だけ有料観覧席を購入する事が出来ます。

 

一枚1000円
定員は1600名です。

 

予約の前売り券が1300枚、
当日券が300枚用意されています。

 

エアークッション付きで
3歳以下は無料になります。

 

有料観覧席の場所は
親水公園レインボーデッキの海側にあり
17:00から規制が始まって
17:30より観覧席に入ることが出来ます。

6/1から7月~9月までの有料観覧席が
全国のセブンイレブン店頭
またはセブンチケットWEBサイトで販売されます。

 

セブンイレブン店頭で購入する場合は、
マルチコピー機でセブンチケットを選び、
「イベント・アート」
「祭り・花火大会」
「熱海海上花火大会」を選びます。

 

コピー機から払込票が出てきますので
それを持ってレジに行き、
支払いをすれば完了です。

 

こちらは開催当日の正午まで
購入する事が出来ます

 

ネットで購入する場合は、
セブンチケットのサイトにいって、
検索窓に【熱海海上花火大会】と入れて
検索します。

 

熱海海上花火大会のページが出てきたら、
必要事項を入力して
申し込みをすれば完了です。

 

こちらでの申し込みは
開催の前々日の23:59まで可能です。

 

そして発券は前日の23:59まで
可能となっています。

 

有料観覧席で大迫力の熱海の花火を
堪能してみるのはいかがですか?

 

熱海花火の駐車場情報!穴場駐車場も!

熱海の花火大会に行く際には
車で行かれる人も多いと思いますが、
花火大会の当日は会場に
専用の駐車場は用意されません

 

したがって車で行く際には
周辺の有料駐車場に
停めなくてはなりません。

 

そこで会場周辺の
駐車場をいくつかご紹介します。

 

清水町駐車場

こちらは収容台数31台、24時間利用できます。

入庫後8時間までは30分毎に100円
8時間以上16時間は一律1600円
16時間以上は1時間毎に100円となっています。

 

初川駐車場

収容台数38台、24時間利用できます。

入庫後8時間までは30分毎に100円
8時間以上16時間は一律1600円
16時間以上は1時間毎に100円となっています。

 

熱海駅前駐車場

収容台数70台、24時間利用できます。

入庫後8時間までは30分毎に100円
8時間以上16時間は一律1600円
16時間以上は1時間毎に100円となっています。

来の宮駐車場

収容台数83台、7:00~19:00まで開いていて、
19:00以降は出庫のみ可能となっています。

料金は1時間100円です。

中央町駐車場

収容台数105台、24時間利用できます。

入庫後8時間までは30分毎に100円
8時間以上16時間は一律1600円
16時間以上は1時間毎に100円となっています。

和田浜駐車場

収容台数125台、24時間利用できます。

入庫後8時間までは30分毎に100円
8時間以上16時間は一律1600円
16時間以上は1時間毎に100円となっています。

熱海市東駐車場

こちらは普通車約320台
大型車10台停めることができます。

24時間開いていて、
入庫後8時間までは30分毎に100円
8時間以上16時間は一律1600円
16時間以上は1時間毎に100円となっています。

そして安くて穴場なのが
次の2ヶ所です。

 

熱海駅前北駐車場

こちらは自走式で
予約制の駐車場なのですが、
24時間利用できます。

料金は15分87円
当日最大756円となっています。

 

熱海銀座町

こちらは収容台数18台、24時間利用できます。

0時から8時までは60分100円
8時から0時までは60分300円
最大800円で利用可能です。

 

ただし特定日には
8時から0時まで60分800円
最大設定無しになるので
注意が必要です。

 

こちらを利用したい場合には
特定日でないか事前に調べてから
行かれることをおすすめします

 

その他、当日駐車場探しに
困らないようにする為には、
事前に予約しておくとスムーズですね。

 

そんな時はスマホやパソコンなどで
駐車場の貸し借りが出来る、
オンラインコインパーキングの
akippa」が便利でおすすめです。

 

こちらは、もともと使われていない
個人が所有する駐車場や駐車スペースを
最短15分という単位で貸し出すシステムの
サービスです。

 

普通に有料駐車場に停めるよりも
安く停められることも多く、
事前予約は14~30日前からする事が出来るので、
良ければこちらもチェックしてみて下さいね!

 

熱海海上花火大会とは?魅力と見どころ

熱海海上花火大会は1952年に始まり、
2019年で68年目を迎えた
歴史ある花火大会です。

 

約19万人の来場者数を誇り、
夏だけではなく年間を通して
10回以上開催されていて、
熱海名物としても有名です。

 

以前は冬には開催されていなかったのですが、
28年前に伊豆東方沖地震が発生した時に
熱海や伊豆に来る観光客が減ってしまい、
その打開策として
冬の花火大会が始まりました。

 

その後、熱海の冬の行事として
地域の人々に定着していきました。

 

熱海の地形は3面が山に囲まれていて
すり鉢状の地形をしています。

 

そのため海の上で打ち上げる
花火の音が反響しやすく
まるでスタジアムのような
音響効果が得られます。

 

その迫力は花火業者の人達も絶賛していて
日本一の花火の打ち上げ会場とも言われています。

 

ここ近年で評判、そして見どころなのは、
打ち上がる音と光のデジタルスターマイン
フィナーレの大空中ナイアガラです。

 

全ての花火が海上で打ち上げられるので
海面に反射する花火が
とても綺麗と評判です。

 

様々な色に輝く花火の光が
熱海の夜空全体に広がり、
まさにその光景は圧巻のひと言!

 

クリスマスの頃にも
開催されることもあって
カップルにも人気となっています。

 

さらに熱海には日本三大温泉の
熱海温泉があるので、
花火と一緒に温泉が楽しめるのも
魅力ですね。

 

是非大迫力の花火を
堪能してみて下さい!

 

熱海海上花火大会の日程と時間は?

熱海海上花火大会が行われる開催日は

 

平成31年3/31(日)、4/20(土)
令和元年5/11(土)、5/26(日)、6/16(日)、6/29(土)、
7/26(金)、7/30(火)、8/5(月)、8/8(木)、8/18(日)、
8/23(金)、8/30(金)、9/16(月)、12/8(日)、12/15(日)

 

となっています。

 

開催時間は
7~8月以外の春、秋、冬はPM8:20~8:45まで、
7~8月はPM8:20~8:50となっています。

 

熱海海上花火大会の打ち上げ数は?

熱海花火の打ち上げ数ですが、
単発やスターマイン、新種の花火などが
一日あたり約3000発、
夏には約5000発打ち上げられます。

 

8/30には二尺玉が
打ち上げられる予定です。

 

熱海花火大会の会場はどこ?

熱海海上花火大会が行われる会場は、
あたみサンビーチからあたみ港のある
あたみ湾で行われます。

 

熱海海上花火大会へのアクセス方法!

熱海海上花火大会が行われる会場への
アクセス方法をご紹介します。

 

車で行く場合

関西方面からは茨木ICから
名神高速道路で約2時間
→小牧ICから東名高速道路で約2時間
→沼津ICから伊豆縦貫自動車道(無料区間)へ。

 

その後県道141号線、11号線、
20号線、103号線を経由して約40分で
熱海市内へ行けば到着です。

 

電車で行く場合

東京方面からは
東京駅からJR新幹線こだま号名古屋行きに乗り
約50分で熱海駅です。

 

関西方面からは
新大阪駅からJR新幹線こだま号東京行きに乗り
約3時間10分で熱海駅です。

 

熱海駅からは徒歩約20分程度で
会場に到着です。

 

行かれる際の参考にして下さい。

 

熱海花火大会の交通規制はある?

7~8月に行われる
夏期の花火大会の間だけ
交通規制が行われます。

 

例年交通規制が行われる場所は
渚町中通り市道東海岸通り線
サンレモ公園周辺
で行われます。

 

渚町中通り市道東海岸通り線
20:10~21:00までの間
歩行者専用道路になります。

 

サンレモ公園周辺
17:00~22:00までの間
車両通行禁止となります。

 

その他にも一部の道路が
18:00~22:00の間
一方通行になるところがありますので
車で行く場合には注意して下さい。

 

夏期の花火大会の時は
人出も多くやはり混雑が予想されますし
交通規制もあって
車の運転には注意が必要です。

 

夏期に車で花火大会に行く場合は、
熱海駅の周辺か
ひとつ前の函南駅、湯河原駅に駐車して
電車で熱海駅か来官駅に行き
そこから徒歩で会場へ行くことをおすすめします。

 

熱海海上花火大会の穴場ホテルは?

ホテルの部屋から花火が観られるとあって、
花火大会の会場の近くには
いくつものホテルがあります。

 

その中でも宿泊者専用観覧席が
用意されているホテルがあります。

 

ホテル ミクラス
・熱海温泉 ホテル貫一
・熱海温泉 ホテルサンミ倶楽部
・熱海温泉 月の栖 熱海聚楽ホテル
・熱海温泉 秀花園湯の花膳
・熱海温泉 ホテルニュータカハシ
・熱海温泉 やすらぎの宿 みのや

 

などは専用席が用意されているので
宿泊も兼ねてゆったりと花火を楽しめます。

 

他にもおすすめホテルを
いくつかご紹介します。

 

リラックスリゾートホテル
・熱海温泉 大月ホテル和風館
・熱海温泉 旅館立花
・熱海温泉 アタミシーズンホテル
・熱海温泉 熱海玉の湯ホテル
・熱海温泉 ホテルサンミ倶楽部別館
・熱海温泉 熱海後楽園ホテル
・熱海温泉 ホテルニューアカオ
・熱海温泉 ホテル大野屋
・熱海温泉 熱海ニューフジヤホテル
・熱海温泉 金城館
・グランビュー熱海

 

などがありますので
参考にしてみて下さいね。

 

熱海海上花火大会雨天の場合は?

年間を通して何度も開催される
熱海海上花火大会。

 

花火は雨が降ると
中止になる場合が多いですが、
熱海海上花火大会は雨天決行
延期は無しとされています。

 

過去には大雨警報が出ているときでも
花火を開催したことがあり、
よほどの事がない限りは
花火大会は開催されます。

 

熱海海上花火大会のトイレ情報

会場周辺のトイレですが、
第1工区スカイデッキ周辺
第2工区レインボーデッキにトイレがあります。

 

渚親水公園熱海サンビーチには
大きめの公衆トイレがあります。

 

全部で9ヶ所ほどあるのですが、
観覧席内にはトイレがありません

 

花火前後はどこもかなり混雑するので
事前に場所をチェックしておいて
早めに済ませておくと安心ですね。

 

熱海海上花火大会の喫煙所は?

2017年の6/26から、
熱海サンビーチとその周辺の遊歩道が
喫煙禁止区域に指定されました。

 

ですので、
砂浜と遊歩道は喫煙禁止となっています。

 

さらに親水公園エリアも
喫煙禁止となっています。

 

R135道路沿いの階段周辺に
喫煙場所が4ヶ所ありますので
喫煙する際にはそちらを利用して下さいね。

 

熱海市の観光スポットはこちら

熱海に花火を見に来た際に一緒に楽しめる、
熱海の観光スポットをご紹介します。

 

MOA美術館

昭和57年に開館した美術館で
日本や中国を中心とした
絵画や書籍、彫刻などの名品が
300点程収蔵されています。

來宮神社

全国でも珍しい禁酒の神様として
有名な神社です。

 

この神社にある御神木の大楠は
樹齢約2000年になり、
周囲が24cmあり全国2位の太さを誇ります。

 

この御神木は国の天然記念物に指定されており、
木の周りを一周すると
寿命が一年延びると言われています。

 

近年ではパワースポットとしても
人気を集めています。

熱海温泉

熱海は言わずと知れた
全国でも有数の温泉地です。

 

温泉がたくさんありますので
せっかく熱海に来たからには
温泉に浸かってゆっくりリラックスして
帰ってはいかがですか。

 

熱海七湯めぐり

過去に熱海温泉で自噴していたと言われる
七つの源泉を復元した
モニュメントを巡るというものです。

 

現在は入浴は出来ませんが、
スタンプが用意されているので
スタンプラリーをして
記念に持って帰ることが出来ます。

 

小沢の湯というところでは
高温の蒸気を利用して
ゆで卵を作る体験も出来ます。

 

伊豆山神社

箱根神社とともに二所権現と言われる
古社として有名な神社です。

 

源氏の守護神として有名
縁結びの神様としても知られています。

熱海城

観光目的として作られたお城で、
360度熱海の眺望が楽しめます。

 

資料館があり、
3~4月にかけては200本程の桜が咲くので
桜の名所としても賑わっています。

熱海トリックアート迷宮館

こちらは熱海城の別館になります。

 

様々なトリックアートが
約50点展示されていて
錯覚体験も出来るので
トリックを楽しんでみて下さいね!

 

アカオハーブ&ローズガーデン

バックに海を見ながら
たくさんのお花を楽しめる
雄大な花の楽園です。

 

園内には12種類のテーマガーデンがあり、
季節ごとにいろいろなお花が
園内を彩って楽しませてくれます。

 

四季を通して様々なお花を楽しめるほか、
ハーブ石鹸を手作りできる
体験工房などがあります。

 

ハーブグッズのお買い物や
ランチ、スイーツも楽しめるので
女子旅にもおすすめです。

起雲閣

大正、昭和の浪漫を残す建築様式です。

 

熱海三大別荘のひとつとして
賞賛されています。

 

現在は熱海市指定有形文化財として
一般公開されています。

 

海上釣り堀 筏釣りの東海

気軽に海釣りを楽しめるスポットとして
賑わっています。

 

テレビでも数多く放映されている
熱海で人気の海上釣り堀です。

熱海梅園

1886年(明治19年)に開園した梅園で、
59品種、472本の梅の木が植えられています。

 

1月中旬から3月頃には
熱海梅園梅まつりが行われ、
11月中旬から12月の紅葉の時期には
もみじまつりも開催されます。

観光と一緒に楽しみたい
グルメもいくつかご紹介します。

 

熱海温泉 熱海プリン

こちらは熱海で初めての
本格プリンの専門店です。

 

カバのイラストが可愛いパッケージの
看板商品「熱海プリン」が人気です。

 

店頭ではプリンソフトクリームも
販売されているので
食べ歩きしてみてはいかがですか。

まさる

創業50年以上の老舗の海鮮処で、
人気なのは熱海漁港で水揚げされた
新鮮な魚介類を使った海鮮丼です。

 

マグロやイカ、ウニやエビなどが
豪華に盛り付けられた
とても贅沢な一品です。

熱海 まぐろや

熱海駅から徒歩約5分のところにあり、
水産会社の直営店なので
その日にとれた新鮮なお魚を
安い値段で食べることが出来ます。

 

人気のまぐろ丼は500円なので
ワンコインで食べられるのも魅力ですね。

海幸楽膳 釜つる

創業150年の和食処です。

 

干物定食や五代目丼がおすすめで
干物や鯵のたたきなどの
新鮮な地魚料理を味わうことが出来ます。

 

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

【熱海海上花火大会】 Atami sea fireworks 2019 Atami hot spring of night view and fireworks Inspiring a nice night Location 静岡県熱海市 熱海海上花火大会 2019 今年初めての花火です。 前から行きたかった熱海の花火 高台から見る熱海温泉の夜景と 海上花火はやはり綺麗でした。 #日本の風景#静岡県#熱海#熱海花火大会 #花火#fireworks #夜景#夜景ら部 #最新 #latest #カメラのキタムラ #東京カメラ部 #tokyocameraclub #jp_gallery #japan_photo #japan_focus #japan_gallery #japan_photo_share #japan_of_insta #japan_photo_now #japan_night_view #japan_daytime_view #japan_great_view #japan_hirogaridomei #japan_view #lovers_nippon #lovers_japan #lovers_night #nihonnobi

Mitsuhiro Niijimaさん(@michan214)がシェアした投稿 –

いかがでしたか?

 

熱海海上花火大会は
年間を通して花火を楽しめる
珍しい花火大会です。

 

開催日には屋台も楽しめますし、
近隣にはゆっくりと花火を楽しめるホテルも
たくさんあります。

 

全て海上から打ち上げられる花火は
地上の花火とはまた違った美しさで、
迫力も満点!!

 

あまり見ることの出来ない冬の花火では、
澄んだ夜空に打ち上がる花火が
夏とはまた違った美しさを魅せてくれます。

 

是非熱海海上花火大会で
いろんな季節の花火を楽しんでみて下さいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました