海にクラゲが出る時期っていつ?刺されずに泳げる期間は短い!?

お出かけ&旅行

日本の海にクラゲが出る時期を知っていますか?

よくお盆の頃はクラゲが出ると聞きます。

 

海水浴に行っても、クラゲに刺されたらせっかくの楽しい気分も下がってしまいますよね。

 

お盆の頃と一口に言っても、海水の温度や潮の流れなどにも影響されるようです。

 

それでは、
日本の海でクラゲが出る時期や、注意が必要なクラゲの種類について書いていきたいと思います。

 

日本の海のクラゲの時期っていつ?注意が必要な時期とクラゲの種類

スポンサードリンク

 

日本の海でクラゲが出るのはお盆の頃からです。

 

くらげは実はいつでも海にはいるらしいのですが…

クラゲが、ポプリ期(くらげが子供の時期)から
エフィラ期へ移行する(大人へ成長する時期)のが、
お盆明けの時期なんです。

くらげはポプリ期はイソギンチャクのように固定されているのですが、
大人になると海にふわふわ浮かんでくるんです。

なので、くらげが大人になるお盆明け辺りから
クラゲに刺されることが増えるんですね。

 

なぜお盆なのかというと、
水温が高くなることに関係があるんだそう。

ちなみに、クラゲは10月ごろまで 活発。
お盆以降も海に入る場合にはくらげに注意が必要なんですよ〜

 

刺されると怖いくらげ

さらに刺されると怖いクラゲがいるようです。

心配になりますよね。

 

では、注意をしたほうが良いクラゲの種類についてお話します。

 

刺してくるクラゲは、
ミズクラゲ
アンドンクラゲ
カツオノエボシ
などです。

 

文字を並べただけではイメージが湧いてこないですよね。

順番に説明していきます。

ミズクラゲ

水族館で人気があるクラゲです。
多くの人が「知ってる!」「見たことある」と反応するクラゲだと思います。
ミズクラゲには、ほとんど毒性はありません。
綺麗だからといって、迂闊に触ると刺されてしまいます。
人によって、刺されるとピリピリするという症状があるクラゲです。

 

アンドンクラゲ


出典:matome.naver.jp

「クラゲに刺された」という多くの場合がアンドンクラゲだそうです。
お盆の時期に多く発生するのは、このクラゲです。
刺されるとミミズ腫れのようになることもあります。
数回刺されるとアナフィラキシーショックを起こすこともあるそうです。

 

カツオノエボシ(かなり危険)

カツオノエボシはかなり危険なクラゲです。

綺麗なのでつい触ってしまいそうですね。

 

カツオノエボシは、ヒドロ虫が集まって出来たクラゲです。
触手に強力な毒を持っていて、刺されると激痛が走るそうです。

個体は、大きさは約10センチ程度で透き通った青色をしています。

個体自体は10センチ程度ですが、なんと触手は10メートル。
長いものでは50メートルに達する個体もいるようです。
センチメートルではありません。メートルです。

カツオノエボシに2度刺されると
アナフィラキシーショックで命に危険が及ぶ場合もあります。

 

非常に危険なクラゲです。
本体が死んでいても刺される恐れがあるそうですよ。

 

カツオノエボシはかなり怖いですね……注意しましょう。

 

海のクラゲ対策は何がいい?刺されない予防法と対処法をレクチャー!

クラゲに刺されないための対策は何がいいのでしょうか。

 

一番良いのは、海に行かないことです。

危ないものには近づかないに越したことはありません。

 

ですが、夏ですし海水浴に行きたいですよね。

 

クラゲ避けのネットを導入している海水浴場もあるので、海水浴場に確認してみると良いと思います。

 

自分で出来る対策としては、肌の露出を極力少なくすることがクラゲ対策になります。

 

万が一、クラゲに刺されてしまった場合は患部をこすらずにクラゲの触手を抜くことが応急処置になります。

 

ですが、よくわからない状態で処置すると余計に毒が広がってしまう可能性もあります。

 

クラゲに刺されてしまった場合は、病院に行くのが一番良いです。

 

カツオノエボシに至っては、処置による刺激でさらに刺胞が飛び出てくる恐れがあるので、自分で処置をしない方が賢明です。

 

まとめ

水族館で見るクラゲと、海水浴場で遭遇するクラゲではまるで見方が変わりますね。

 

個人的にクラゲを眺めるのが好きですが、海辺でクラゲを見たら逃げると思います。

 

カツオノエボシは本当に危険なので、もしそれらしきものを見かけたら逃げて近づかないようにしてください。

 

海水浴に行く前に、画像をよくみて覚えておく事をオススメします。

 

危ないものが分かっていれば、避けることができますよね。

危険なクラゲを頭の片隅に入れつつ、海水浴を楽しんでください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました