妊婦が海外旅行するなら何を持っていく?妊娠中の旅行事情!

妊婦さん

妊婦だけど、海外旅行に行きたい。

 

子どもが生まれる前に、今のうちに海外旅行を楽しみたいと考えているそこのあなた。

 

そもそも妊婦は海外旅行に行っても大丈夫なのだろうか?

色々と疑問が湧いてきますね。

 

 

妊娠中は、何が起こるかわかりません。

突然破水する可能性もあります。

 

海外で具合が悪くなってもどこの病院に行けば良いのかもわからないですよね。

 

個人的に、妊娠中の旅行はおすすめできません。

リスクが高いです。

 

もし、妊娠中の友人が「海外旅行に行きたい」と話してきたら……

私は、「やめておいたほうがいいんじゃない?」と言うと思います。

 

出産してから、かわいい我が子と一緒にいくらでも旅行することも出来ます。

 

それでも、子どもが産まれる前に海外旅行に行きたいという気持ちが抑えられない場合もあるかもしれないですね。

 

 

今回は、妊婦が海外旅行をする際に必要な持ち物などについてご紹介して行きたいと思います。

 

脅すようで申し訳ないですが、全て自己責任です。

 

くれぐれも無理は禁物ですよ。

 

 

妊婦さんの海外旅行の持ち物はどうする?あると便利な安心グッズ!

スポンサードリンク

 

まず、海外旅行に行きたい場合は、必ず医師に相談してください。

 

最も旅行に適しているのは安定期(妊娠12週~28週)です。

ただし、出産予定日を含め28日以内の妊婦さんは診断書が必要です。

 

妊婦さんが海外旅行に行く場合は、安定期の旅行が好ましいと思います。

 

 

航空会社では、妊婦さんをサポートしてくれるサービスもあります。

利用する航空会社に電話で問い合わせてみるのが良いでしょう。

 

 

では、妊婦さんが海外旅行に行くときの持ち物についてお話します。

 

  • 健康保険証
  • 母子手帳
  • むくみ予防の靴下
  • マスク

 

健康保険証は、空港に向かう途中や帰国してからすぐ病院に向かいたい事情が出来た場合に必要です。

母子手帳と共に持ち歩いてください。

 

 

心配な事として、長時間同じ姿勢でいることで起こるエコノミークラス症候群があります。

 

エコノミークラス症候群は、足の静脈にできた血栓が飛んで肺の静脈を塞いでしまう病気です。

 

肺血栓塞栓症と言われるものです。

 

妊婦さんは非妊娠時に比べてこのリスクが跳ね上がります。

 

命に関わることもあります。

 

むくみ予防の靴下を活用し、意識して水分を多く摂って、足首の上下運動をして予防しましょう。

 

 

マスクは感染予防のために持っていってくださいね。

 

 

妊婦だと海外旅行の保険はどうなる?事前によく確認しよう!

 

旅行が無事に楽しく終われば一番ですが、何があるかはわかりません。

備えあれば憂いなしです。

 

妊婦さんが海外旅行に行った場合、保険はどうなるのでしょうか。

調べていると、旅行の当日まで申し込める保険を見つけました。

 

AIG損保

AIG損保』は、妊娠初期(22週未満)のであるならば、妊娠に関する異常を原因とした治療が保証されます。

また、24時間365日サポートしてくれるサービスがあります。

 

たびほ

たびほ』も妊婦の保険がありますが、こちらも22週までのサポートになります。

 

 

どちらの保険も妊娠22週未満の保証ですね。

 

妊娠23週以降の場合は、どうすれば良いのかと思い探してみました。

 

アトラストラベル海外保険

アトラストラベル海外保険』は26週までサポートしてくれます。

ですが、アメリカの保険会社で、申込みやパンフレットなど全て英語です。

 

英語が出来る方は海外の保険も検討してみてくださいね。

 

しっかり備えて、安心な旅が出来ると良いですね。

 

まとめ

 

今回は、妊婦さんの海外旅行についてのお話でした。

 

妊娠中の旅行はリスクが高いため、あまりおすすめはできません。

 

今回の内容は、やむを得ず海外に行かなければならない場合にも応用できると思います。

 

可能な限り心配事を解消して、海外に行けると良いですね。

 

くれぐれも身体を第一にして、決して無理はしないでくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました