就活のスーツにグレーはあり?印象が悪く不利になるって本当なの!?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





就活におけるスーツのグレーはある意味賭けの色です。

好意的に受け取られるケースと、
自分の個性を優先してしまうと取られるケースがあります。

企業の考え方一つでプラスにもマイナスにも働いてしまうのです。

グレーのスーツはタブーとはされていないものの、
色の濃度次第でカジュアルに見えてしまい、
堅い企業では好ましく受け取られない可能性があるのです。

では、どのくらいの濃さなら大丈夫なのでしょうか。

就活スーツの色!グレーはどう思われる?面接官の意見を聞いてみた!

スポンサードリンク

冒頭で就活スーツにグレーを選ぶのはきわどいという事を述べました。

グレーは決して悪い色ではありません。
むしろ多くのビジネスマンに愛用されているくらいです。

特に暑い夏場においてはライトグレーなどで、色から受ける暑苦しい印象を払拭するのにグレーは重宝します。

しかし、就職活動においては一般ビジネスシーンとは少し違った観点で服装をチェックしています。

就活で重要視されるのは、
一般論をどれだけ意識しているかを見て、
社会適応性について確認すると言う点です。

一般論は時代と共に変化するようです。

価値観が時代の変化で変わるように、リクルートスーツに関する考え方も変わっているのです。

とある面接官の話では、昔は濃紺かダークグレーがリクルートスーツの定番だったそうです。

ところが現代では汎用性の高さと色から受ける洗練さ、清潔感よりブラックが定番となっているそうです。

こういう一般論を上手くキャッチしているかが、周囲との協調性であったり、営業職であればニーズをキャッチする力と受け取られます。

外れた格好をする者にマイナス点が付いてしまうのです。

ただし、職種によってはあえて定番にとらわれない個性であったり、意思表現力を求めるため、上手にグレーを着こなしていることでプラス点が与えられたりすることがあります。

結局は、企業の特徴によってグレーのスーツを使っても差し支えないこともあれば、ブラックや濃紺を使用した方が良いこともあります

ただし、就職活動は何も一社しか受けないわけでは無いでしょうし、学生でありながらたくさんスーツを持つことも無いでしょう。

従って、定番一着で活動する方が経済的ですよね。

その観点で考えると、

公務員など真面目さが重要視される職業ではブラックのスーツが、
多少個性が必要な業種なら濃紺がオススメの色という訳です。

就活スーツの色が与える印象は?色やデザインで自分を演出しよう!

つづいて色が与える印象をご紹介します。

就職活動においてはどの色であっても無地を選択すると良いでしょう。

ブラック

ブラックは、落ち着いた印象であり、清潔感や洗練さも与えます。

もちろんシワの入ったスーツや肩にフケが落ちたスーツは逆効果ですので、お手入れだけは欠かさずに行って下さい。

濃紺

濃紺は日本人の肌の色によく合うカラーであると言われています。

自然な着こなしになりやすく、上品で洗練した印象を与えることでしょう。

グレー

ブラックや濃紺と比べて柔らかい、あるいは優しい印象を与えます。

ライトグレーであれば明るい印象を与えます。

一方、カジュアルっぽく見えてしまい、堅い職種では好まれていないのも事実です。

身だしなみとおしゃれを区別しよう!

就職活動において身だしなみは重要視されます。

身だしなみとは人に不快感を与えない服装や言動とその心がけを指します。

一方でお洒落は着飾ることであり、身だしなみをベースと考えると、そこに個性を付与したものと考えられます。

すなわちお洒落には人それぞれの好みが大いに反映されてしまうのです。

就職活動では、
職種によっては個性も重要視されますが、
それだけでは無く、
組織への協調性も重要視されます

それは面接などのヒヤリングで確認されるだけで無く、
服装や所作などからもチェックされてしまうのです。

その事を念頭に入れて、
あなたの受けたい業種のイメージもしっかりと掴んで、
就活スーツの色を選びましょう。

まとめ

ここまでスーツの色についてあれこれ考えてみましたが、グレーは就職活動ではやや賭けになってしまいます。

できれば使用せず、無難な色で勝負した方が後悔も無く力が出し切れるのでは無いでしょうか。

グレーのスーツは、就職が決まって以降で活用してみることをお勧めいたします。

服飾系など個性を出した方が良さそうな業種は、
濃紺やグレーを。

公務員や銀行など真面目さを出した方が良い業種は、
ブラックのスーツを選びましょう。

あなたの就活を応援しています!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする