赤ちゃんの海外旅行はいつから連れて行ける?飛行機の旅行の注意点!

お出かけ&旅行

旅行が大好きで、子どもが生まれたら早く一緒に旅行に行きたい!

そう思っているそこのあなた。
今回は赤ちゃんと一緒の海外旅行についてのお話しです。

 

旅行が好きでも妊娠するとなかなか行くのは大変ですよね。

妊娠中は海外旅行に行くのを我慢していたという方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

「子どもが生まれたら早く一緒に旅行にいきたいなあ」

「出産して、体も落ち着いてきたので旅行に行きたいな」

そう考え始めているのかもしれませんね。

 

長期休みの旅行などを利用して海外に行きたいと思っていても、赤ちゃんがいる場合はどうなるのでしょう。

 

赤ちゃんは、
生まれてすぐでもパスポートの申請が可能という点から、
かなり早い段階から海外に行くことは可能です。

 

今回は、乳幼児(0~1歳未満)を想定して書いていきたいと思います。

色々準備が必要になりますので、少し大変だと思います。

 

中でも、
海外旅行に付き物の飛行機に乗せる時の気圧とか大丈夫かな?
など、不安になってしまいますよね。

 

では、細かく見ていきましょう!

 

赤ちゃんって飛行機にいつから乗れる?海外だとどうなるの?

スポンサードリンク

 

赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるのでしょう?

ANAやJALの場合ですが、
生後8日以降なら飛行機に乗っても良いという決まりになっています。

 

また、
赤ちゃんもパスポートは生まれてすぐに申請することが可能です。

 

飛行機に乗ろうと思えば、
生後8日以降のかなり早い時期から乗れることになりますね。

 

ただ、いくら決まりがOKでも、
あまりにも生まれたての赤ちゃんを海外に連れていくのは不安ですよね。

早くても生後1カ月くらいは過ぎてからの方がオススメです。

あなたの産後の体調も1ヶ月くらい経っていれば、
しっかりと元気な状態である事が多いと思います。

 

ちなみに、JTBのウェブサイトによると自分の子どもの海外旅行デビューが0歳という方もけっこーいらっしゃいました。

 

乳幼児は動き回らないので手がかからないという声があるようです。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、手がかかるものだと思っていたので私にその発想はありませんでした。

色んな考え方がありますね。

 

また、飛行機の運賃ですが、

国内線は大人1名に対して、
幼児(出生日を含む生後8日以上満3歳未満)1名までは無料。

2人目は子供の普通運賃が適用されます。

パパも一緒に行くのなら赤ちゃん2人まで無料という事ですね!

 

それに対して、
国際線は国内線と違い、
大人料金の10%の幼児運賃が発生します。

行く国によっても違うようなので、
確認してみましょう。

 

赤ちゃんと海外旅行する時の注意点!事前にしっかり対策を!

 

赤ちゃんと一緒に海外旅行をする場合には注意点もあります。

飛行機内での注意点

離着地時には気圧がかかります。
赤ちゃんは耳抜きが上手にできないので、
耳が痛くなり泣いてしまうことも。
赤ちゃんに授乳やミルクを飲ませると耳抜きができるので、
離着陸に合わせて飲ませてあげましょう。
赤ちゃんの耳抜きについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
また、感染症なども心配ですよね。
赤ちゃんに必要なワクチンはあらかじめ打っておいてあげると、
飛行機の機内も現地でも安心です。

ママも機内ではマスクをしておいて自分が感染して赤ちゃんにうつらないようにも気をつけましょう。

もちろんパパも。
また、赤ちゃんはあちこち触りますし、
すぐに指や物を口に入れてしまうので、
あらかじめ飛行機内のシート周りで、
赤ちゃんが触りそうな部分を除菌シートで拭いておくのも必須です。

現地での注意点

地域によっては紫外線などによって赤ちゃんに肌トラブルが起きる可能性があります。

日焼け止めを塗ったり、様子を見て日陰に入ったりと、
紫外線の刺激から赤ちゃんの肌を守りましょう。

 

ニュースで見た事があるかもしれませんが、
海外では蚊を媒介した感染症のリスクも高まります。

虫よけを使ってあげたり、
長袖を着せたりして赤ちゃんを守りましょう。

 

赤ちゃん用の飲み物や食べ物を用意しておいて、
海外旅行先の水や食べ物を赤ちゃんに食べさせたり飲ませたりしない事もオススメです。

 

また、
万一に備えて、
赤ちゃんの分も海外旅行保険に加入する事をオススメします。

日本語が通じる医療機関の場所をあらかじめ調べておきましょう。

赤ちゃんとの海外旅行には次戦の準備もたくさんあります。

赤ちゃんのパスポートを準備

まず、赤ちゃんもパスポートが必要です。

 

パスポートは生まれてすぐから申請可能ですが、大人がパスポートを申請する時と同様に申請する必要があります。

 

・一般旅券発給申請書
・戸籍謄本または抄本
・身元確認書類
などが必要になります。

赤ちゃんの身元確認書類は、
母子手帳や赤ちゃん本人の健康保険証などです。

 

しかし、都道府県によって異なる場合があるので
申請するのに何が必要なのかを問い合わせてみてください。

 

20歳未満の場合は、5年のパスポートになります。

 

12歳未満だと手数料が大人より安く、
都道府県収入証紙2000円と
収入印紙4000円。

計6000円が必要です。

 

それからパスポートに必要な写真も準備しましょう。

赤ちゃんのパスポートの写真なんて、
可愛い事間違いなしですね!

 

パスポートが手に入って、いざ海外旅行に行く段階になってもまだまだ準備するものはあります。

 

その他の持ち物

万が一病院にかかる際のために、
母子健康手帳のコピーがあるとスムーズです。

 

他には、

  • オムツ・おしりふき・ビニール袋・赤ちゃんの着替え
  • 温度調節のためのおくるみ
  • 授乳の為のケープなどの準備・ミルク準備

が必要です。

 

飛行機内に持ち込める量には制限がありますので、
何でもかんでも持っていくのはやめておきましょう。

飛行機の大きさなどによって機内荷物に関しての決まりが違うので、
あなたが使う航空会社に問い合わせておきましょう。

 

まとめ

赤ちゃんを連れての海外旅行。

生後8日以降の赤ちゃんなら飛行機に乗れるんですね!

意外と早くてびっくりですね。

 

また、色々と準備が必要だったり、
注意点もあることがわかりましたね!

大変ですが、
旅行のわくわくの中での準備はとっても楽しいと思います。

 

赤ちゃんの体調の変化は予測できないことも多いですし、
色々と心配もあるかと思いますが、
事前にしっかり準備をして海外旅行に備えてください。

 

お母さんも赤ちゃんもパパも無理をしないようにしてくださいね。

 

楽しい海外旅行になりますように!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました