大人婚!?逆につまんない!?結婚式を演出なしでやるのってどーなの!?

結婚&結婚生活

女性は、結婚式に招待されると
自分の結婚式について
考えることがあります。

 

 

次は自分の結婚式。

結婚式はしたいけれど、
ケーキカットや祝辞などの
形式的な結婚式はやりたくない!

これって変?!

 

20代の頃は
憧れだった結婚式の一連の流れも、
30代後半になって変わってきたかも…。

 

談話中心、
演出なしの結婚式をしてみたい。

でも招待された人は
どう思うのか気になる!

 

実際どうなのでしょうか?

 

演出なしの結婚式ってどうなの?

スポンサードリンク

 

華やかで幸せいっぱいの結婚式。

結婚式も披露宴も、
順序良くプログラムに従って
式が進行していきます。

招待されたゲストは、
一緒に写真を撮ったり、
話したりしたいと
思ってはいるものの、
進行の都合で
タイミングを逃してしまう…
ということも良くあります。

 

近くに行きたい、でもいけない。

これは、新郎新婦もゲストも
感じたことがある気持ちのようです。

 

そこで、親族や友人が主役で、
ゆっくりと時間を過ごす結婚式
注目されています。

 

余興やスピーチを省き、
新郎新婦とゲストの談話中心の
結婚披露宴です。

【大人婚】と言うそうです。

 

具体的な大人婚、
余興なしの結婚披露宴で
してみたこと事例をご紹介致します。

 

 

  • 余興を省いて、
    新郎新婦が各テーブルに回って
    会話をする時間を多く確保しました。
  • 披露宴最後の定番と言えば花嫁の手紙
    両親への感謝の気持ちは新郎も同様です。
    花嫁花婿ともに、
    両親と義両親に、
    また両親から娘や息子に向けて
    お互いにお手紙を読んで
    気持ちを伝えました
  • 新郎新婦がゲスト一人一人に向かって
    メッセージを伝える
    ビデオテープを作成して上映しました。

 

余興なしの大人婚は、
ゲストとの交流を持つ時間に重きを置く
という特徴があるようです。

ゲストも、新郎新婦と
関わる時間を取れる為、
満足度は高い傾向にあるようです。

 

かしこまったスピーチや
余興もひとつのかたちです。

それぞれの良さがありますが、
演出なしの結婚式は、
ゲストと交流する時間は
長く取れるように調整できるため、
そこが一番の魅力です。

 

満足してもらえる演出なしの結婚式とは!

 

新郎新婦が
「招待する人に楽しんでもらいたい」
という気持ちがあれば、
どんなかたちの結婚式でも
祝福に満ち溢れた時間となります。

 

体験談として、
野外活動施設での結婚式に
招待されたことがあります。

新郎新婦をはじめ、
招待されたゲストの服装は、
野外活動用の普段着です。

結婚式の内容は、
集まったゲスト全員をグループ分けし、
デイキャンプをするというものです。

夕刻には、
一日過ごした際に撮った写真を上映し、
キャンプファイヤーで
締めくくられました。

ただし、この時のゲストは
新郎新婦の友人のみで、
親族は別の場を設けて
食事をしたようです。

主役は招待される側であり、
新郎新婦が実現したい会を
創っていく気持ちが詰まっていたので、
今でも忘れられない
結婚式となっています。

 

このように、
結婚式は新郎新婦の数だけ
存在してOKです。

「招待される側をもてなしたい」

という気持ちが大きいため、
満足してもらえる
演出なしの結婚式をしてみたい
という気持ちが
あるのではないでしょうか。

 

 

満足してもらえる
演出なしの結婚式は、

主役は招待されるゲストである

ということに焦点をあてて
作っていくのが
良いのではないでしょうか。

そのためには
新郎新婦が何をすれば良いかを
整理してみましょう。

 

まとめ

 

時代とともに、
定番の結婚式は変化している様です。

 

新郎新婦が談話中心の結婚式を創りたい!

という気持ちを大切にして、
二人らしい結婚式を演出していけば、
新郎新婦にとってもゲストにとっても
心に残る結婚式になると思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました