運動会の場所取りでトラブルにならない方法!もめないための対策は?

学校のあれこれ

幼稚園の運動会、保護者が張り切り過ぎて、気が付けばママ友から白い目で見られる……なんてことは避けたいですよね。

 

今回は、せっかくの運動会において

「場所取りしたいけどママ友と揉めたくない」

「余計なトラブルを起こしたくない」

「巻き込まれたくない」

 

そんなときのトラブル対策を体験談も交えてご紹介致します。

 

 

 

運動会の場所取りにもルールがあるの?気をつけるべきこと!

スポンサードリンク

 

子供の幼稚園運動会で気をつけること、コチラです。

幼稚園からの注意事項は厳守!

 

場所取りのための開門時間の厳守しましょう。

 

使用不可のもの(カメラの三脚や、テントなど)の確認は絶対です。

 

開門時間前に並ぶ保護者も多いようです。

 

もし、自分が幼稚園の近くに住んでいたら……という気持ちになって、迷惑な行為は慎みましょう。

 

シートの大きさは、家族が座れる大きさで

 

幼稚園の運動会には、子供1人に対して、大体5倍の人数が集まると言われています。

 

パパ、ママ、祖父母、きょうだいの構成が多いのでしょう。

 

その場合、シートの大きさは、5~6人分用2m×2mまでが適しています。

 

人数以上に広いシートはトラブルの原因になります。

 

中には、シートを折りたたんで詰めて、と言われる場合もあるようです。

 

余計なトラブルを避けるためには、適度な大きさのシートを各家族が調整することが重要です。

 

 

シートは、飛ばないように重しを

 

場所取りしたものの誰もいない。

風でめくれて場所取りしてるのか分からなくて判断に困る。

風で飛ばされた隙に別の人が場所を取っていた。

 

という状況はトラブルの原因になります。

 

ペットボトルを重しにするのがおすすめです。

 

地面に刺してシートを止めるのは、幼稚園では禁止されていることもありますのでご注意を。

 

譲り合いを忘れずに

 

場所取りするときも、周囲の目を忘れずに。

 

出来るだけ詰めて、みんなのことを考えましょう。

 

「一緒に座ってください」と周囲に声掛けできるくらいの気持ちもあれば良いと思います。

 

 

 

運動会の場所取りはもうしない!トラブルのならない最大の方法!

 

場所取りで余計なトラブルにならないために出来ることは、場所取りをしないことです。

 

これは、わたしもしている方法で、かなりおすすめです。

 

 

場所取りを視野に入れると、朝から時間を気にしすぎてバタバタします。

 

早く出たのに良い場所が取れなかった、

場所取りしたものの本当にこの場所でいいのかソワソワする、

広く取りすぎって思われてる?気になる……

 

など楽しい運動会以外の心配事がとても多いです。

 

 

場所取りしないで開始時間までに行っても、シートを広げられる場所は必ずあります!

 

競技が始まると、実はシートなら移動してわが子に合わせた場所で立ち見している人が結構多いです。

 

また、場合によっては写真席・クラス観覧席というのが設置されていて、場所取りはできないけど一番観覧しやすい場所を事前に用意してくれていることがあります。

 

競技の学年の保護者だけが利用できる場所なので、入れ替わり制の特等席なんですよね。

 

そういった場所がある場合は、場所取り不要です。

 

 

個人的に思うことは、運動会が始まれば、雰囲気も合わさってどこで見るかは気になりません。

 

何を見るかに気を取られます。

 

何を見るか、それはわが子の成長した姿、頑張っている姿を見ることですよね。

 

場所取りに気を取られず、身軽な気分で過ごす運動会はきっと素晴らしい一日になると思います。

 

 

まとめ

運動会の主役は、こどもたちです。

 

幼稚園では、こどもたちが本番に力を発揮できるように、日々練習を重ね、当日は安全面にも気を配りながら滞りなく進行できるように準備がされています。

 

運動会の場所取りも、保護者が配慮するべき運動会の準備の一つだと思います。

 

楽しい運動会になるように、子供たちを応援できるといいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました