明日が休校になる確率ってどれぐらい?台風で休校になる基準とは?

学校のあれこれ

台風が発生するとついつい期待してしまうのが
「もしかしたら明日学校にいかなくていいかも!」ということ。

そう「台風のための休校」を期待せずにはいられません。

不謹慎ですがね。

あなたもそんな期待をしたことがあるはず。

大人になった今でも「仕事休めるかも♪」とつい期待してしまいます。

ただ、学生時代に台風で休校になるという経験をしたことはないですが。

台風の少ない地域で育ったということもありますが、今振り返ると一度もなかったな……。

逆に台風の多い地域で育った人は台風のための休校という経験が多いのでしょうか?

 

そもそも学校が休校になる基準というものがあるのでしょうか?

そして休校になる確率は??

同じような疑問をお持ちのあなたのために、そこのところを今日はお話ししていきます。

判断基準となるのは気象庁が発表する警報や注意報です。

そしてそれが何時に発令されたかで休校になる確率が変わってきます。

 

明日学校休みになる確率が知りたい!休校になる基準って?

スポンサードリンク

 

自然災害などを理由に学校が休校になるかどうか。

それを判断しているのは各市町村の教育委員会です。

その判断に従って学校長が休校の指示を出します。

教育委員会が各学校長に判断を委ねている場合もあります。

その場合は近隣の学校長同士で連絡を取り合い調整することもあるようですよ。

ただし「教育委員会が休校の判断をしたのに学校長が休校にしない」ということはありません。

 

判断基準は気象庁から発表される警報や注意報です。

~警報とは~

予想される被害の度合いが大きく、一定基準を超える危険が予想される場合に発令されます。

自分が気をつけるだけでは安全を保てないため、学校への登校を禁止し、自宅待機させます。

 

~注意報とは~

警報よりは緊急度や予想される被害が小さくなります。

「自分で注意することで安全が保たれるレベル」であるため学校は休校にはならず、通常通りの登校となることが多いようです。

学校を休校にする目的は安全を保つためです。

地域によって安全が保たれる状況や条件は異なります。

そのため、地域によって休校の判断基準も異なります。

休校になる確率は各学校が設定した時間に警報などが発令されているかどうかで変わってきます。

登校時間前後に被害が大きくなっている、または大きくなると予想される場合は休校になる確率が高いです。

逆に夜になってから被害が大きくなりそうな場合は休校になる確率が低いです。

休校にはなりませんが、下校時刻を早めるという措置をとることは考えられます。

 

休校の情報はどこ?地域や学校のホームページをチェックしよう!

 

台風で学校が休校になるかどうかはどこでチェックすればいいのでしょう?

休校を前日に決定する学校も多いため、前日の下校時刻までに先生から連絡があることもあります。

それ以外では学校からのメール連絡や学校のホームページ、お住いの市町村のホームページでも情報をチェックすることが出来ます。

こまめにチェックして情報収集をしましょう。

 

まとめ

 

台風で学校が休校になる判断基準は気象庁から発表される警報や注意報です。

それに従って教育委員会、学校長が休校の決定をします。

 

警報が発令される時間が登校時間前後であれば生徒に危険が及ぶ確率が高いので、休校になる確率も上がります。

夜に台風が来る場合は休校になる確率は低くなりますが、下校時刻が早まる可能性が出てきます。

 

休校の情報は学校のホームページや市町村のホームページで確認することができます。

休校の目的は言うまでもなく生徒の安全を守ることです。

休校になったからといって外に遊びに出かけるなんてことしたらいけませんよ~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました