雨ならベビーカーと抱っこ紐どっちがいい?赤ちゃんとお出かけ問題!

子育て&ママ

雨の赤ちゃんとのお出かけには、
ベビーカーか抱っこ紐のどちらが正解なのでしょうか?

 

どちらを選択しても赤ちゃんを濡らさないようにすることが大切です。

 

ベビーカーと抱っこ紐それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

したがってどちらが良いと断定することは出来ません。

 

お出かけ時の荷物の量や公共交通機関の利用など、お出かけシーンに応じて使い分けることをお勧めいたします。

 

 

赤ちゃんとのお出かけにおいて雨の日は憂鬱ですよね。

 

ただでさえ、おむつやミルクなど荷物が多くなりがちな上、買い物や傘など手荷物が増えると大変です。

 

さぁ、今回のテーマは雨天のべービーカーと抱っこ紐の活用について考えてみたいと思います。

 

赤ちゃんのベビーカーと抱っこ紐!メリットとデメリットは何?

スポンサードリンク

 

育児においてどんな道具が支持されるのか、これは実際に経験した人でなければイメージがわかないと思います。

 

今でこそ自分で傘を差して歩くくらいに成長しましたが、私の子供もかつては親に抱きかかえられなければ、どこにも移動できない赤ちゃんでした。

 

 

私も雨のなか赤ちゃんと出かける経験をしたことがあり、その経験則からお勧めすることも出来ます。

 

しかし道具には使い勝手があり、その使い勝手の善し悪しは個々人で感じ方があります。

 

 

そこで、今回は客観的なメリットとデメリットを紹介したいと思います。

 

まずは、ベビーカーについてです。

 

メリット

  • 赤ちゃんを抱きかかえるよりも重量の負担がない
  • 荷物かごがあり、手荷物が乗せられる
  • カスタムが利くため、赤ちゃんのおもちゃをぶら下げると赤ちゃんの退屈がしのげる
  • その気になれば、その場でおむつの交換も可能である

 

デメリット

  • 階段利用時に困る
  • 公共交通機関や人の往来の多い場所では身動きしづらい
  • 折りたたみ収納できるが、使用時にはセッティングの手間がある
  • 外出先でトイレを利用するとき、大型トイレでないとベビーカーから離れないといけなくなる

 

ベビーカーは「それ自体」にメリットとデメリットが共存しているようです。

 

次に抱っこ紐について考えてみましょう。

 

メリット

  • 赤ちゃんと密着しているので赤ちゃんの様子が分かりやすい
  • 赤ちゃんとの密着により赤ちゃんを冷やしにくい
  • 手にも次がない場合、身軽である
  • 手にも次がない場合、両手に自由が利く

 

デメリット

  • 手荷物が増えると、かなりの重量を感じて大変
  • 赤ちゃんの成長に伴い、足に負担が来る
  • おむつの容量を超えたおしっこは自分にかかってしまう

 

抱っこ紐は身軽さに対して、自身へ重量的負担がかかることが分かりました。

 

 

 

雨の日の赤ちゃんとお出かけするコツ!雨対策にできること!

 

雨の日は気温も低くなります。

 

したがって、赤ちゃんのことを第一に考えると、雨に濡らさないことと、防寒対策が大事になるでしょう。

 

ベビーカー、抱っこ紐のいずれの利用においてもこの対策は必要であるため、どちらの選択においてもフェアなんです。

 

つまり、前述のように道具としてのメリットとデメリットを正しく理解した上で、お出かけ目的に応じて使い分けることが大切です。

 

 

ここで雨天における要点をまとめてみたいと思います。

 

  • 傘の利用は風の有無や雨の強さに応じて検討しましょう
  • ベビーカー使用時は傘を固定するアイテムを使うと便利です
  • 風や雨が強いときはカッパの使用をお勧めします

※ベビーカー用のカッパや、抱っこ紐の使用時は赤ちゃんを濡らさないレインコートなど、それぞれの用途に適したアイテムが販売されています。

 

いかがでしょうか。参考になりましたか?

 

個人的には歩く距離が多いとベビーカーが活躍した記憶があります。

 

けれど、妻はベビーカーのセッティングを面倒に感じるのか、抱っこ紐を最も活用していました。

やはり個人で都合の良さがあるようです。

 

 

まとめ

失敗しないための事前準備として、この記事を活用して頂けると、私も大変意義を感じます。

 

赤ちゃんは不快感を泣くことで訴えてきます。

 

そして赤ちゃんによっては、ベビーカーで揺られているのが好きな子もいるようですから、様々な条件を総合的に判断して、便利な使い方をなさって下さいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました