レディーススーツのボタンの数の違いとは?できる女の着こなし辞典!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





社会人になりたての頃は、無難なリクルートスーツを選んで着ていたという方が多いかと思います。

社会人になりたての頃というのは覚えることもたくさんあるし、色々と気を使うし、スーツまで気が回りませんもんね。

もう必死です。

それでも、しばらくして仕事や会社に慣れてくると

「もう少しいいスーツが欲しいな」とか

「おしゃれなスーツが欲しいな」なんて欲求が出てくると思います。

でも、いざスーツを新調しようと思ってもどんなスーツがいいのか迷いますよね。

色や素材、形などたくさんのスーツがあります。

ボタンの数も違います。

実は、ボタンの数というのはあなたのイメージを大きく左右するのです。

「どんな印象にみられたいのか」と「シーン」に合わせてボタンの数を決めるのが大人の着こなしと言えるでしょう。

スーツのボタンというのは1~3つが一般的です。

ボタンの数や留め方によって全体の印象が変わります。

着用できるシチュエーションも変わってきます。

例えば、ビジネスシーンや面接といった堅い場とカジュアルな職場やパーティーなどではスーツの着こなしが同じであってはいけません。

ボタンの数や留め方を変えることでその場に応じた着こなしが出来ること。

それこそが出来る女のスーツの着こなしです。

女性のスーツのボタンが2つはどんな印象に?着こなしのポイント!

スポンサードリンク

スーツの中で最も主流であるのが2つボタンのスーツです。

あなたがビジネスシーンでスーツを着用することが多い場合。

また、面接を控えているというのであれば迷わずこちらのスーツを選びましょう。

2つボタンのスーツはすっきりシャープな印象を与えます。

1つボタンのスーツのように胸元が大きく開かず、全体的にスリムに見えるという特徴があります。

直線的でシャープなラインになるので「きちんと感」や「誠実そうな印象」を演出してくれます。

胸の大きい女性などがサイズの合っていないスーツを着ると、ボタンを留めた時にとても窮屈に見えてしまいます。

ボタンを留めることを前提としてサイズ選びをして下さいね。

2つボタンのスーツはリクルートスーツに多くビジネスシーンや面接といった場面に最も適しています。

業種や場面に関わらず着用できるのでスーツ選びに困った時には2つボタンのスーツを選ぶと良いでしょう。

女性のスーツのボタンが1つの場合は?より華やかな印象に!

次に1つボタンのスーツはどんな印象を与えるのでしょうか。

ボタンが1つのスーツはウエストラインが締まり、程よいくびれが出来ます。

そのシルエットにより華やかさや女性らしさといった印象が前面にあらわれます

男性と比べて女性の体つきは丸みを帯びています。

そんな女性らしさを生かすデザインといえるでしょう。

女性の場合、ビジネスの場面はもちろん入学式やパーティーなどで着用するスーツでも1つボタンのものが多く見られます。

1つボタンのスーツは2つボタンと違い「カジュアル」な印象を与えます。

ファッショナブルで華やかでもあります。

そのため面接や堅いビジネスシーンには不向きです。

1つボタンのスーツが活躍する場面はカジュアルな職場や堅苦しくないビジネスシーン、パーティーなどです。

まとめ

1つボタンと2つボタンのスーツが与える印象と、それぞれどんなシーンに適しているのかをお伝えしました。

どちらも特徴があり与える印象も違います。

どんな場面でもOKなのは2つボタンのスーツです

2つボタンのスーツを選んで間違いはありません。

しかし、シーンによって1つボタンのスーツにするなどして使い分けるのも良いでしょう。

そうすることで、あなたなりのスーツのおしゃれを楽しむことができそうですよね。

場面によってスーツを着こなせる素敵な女性になりましょう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする