就活スーツに紺ってありなの?女性のための就活の服装マナー!

お仕事

就活用のスーツはどのようなものがいいのか悩みますよね。

 

「好印象を与えるスーツはどんなもの?」

 

「やっぱり黒じゃなきゃだめなのかな?」

 

「どこまでだったら許容範囲内?」

 

「入学式に着たスーツでもいいの?」

 

と、これから就活を始める学生さんにはわからないことだらけだと思います。

 

スーツで失敗をしたくないですよね。

 

 

真面目な印象を与えてくれるのは「黒色」か「紺色」のスーツです。

 

他と差をつけたいからといって奇抜なデザインや色を選ぶことはやめましょう。

 

パンツスタイルかスカートか迷ったらスカートを選んだ方が無難です。

 

 

これから就活スーツについてのマナーを詳しく解説していきます。

 

正しいマナーを身につけ自信たっぷりで面接に挑んでください!

 

 

就活のスーツに紺はダメ?どんな印象を与えることになるの?

スポンサードリンク

 

就活スーツの色と言えば黒をイメージする人が多いと思います。

 

実際、街中で見かける就活生達は黒のスーツを着ている人が多いように思います。

 

紺のスーツを着てもいいのか悩みますよね。

 

しかし、最近では黒に次いで紺も定番カラーとなっています。

 

ビジネスシーンでも就活としても着用OKです。

 

紺色のスーツを着ているからといって印象が悪くなるということはありません。

 

安心して下さい。

 

 

紺のスーツは、すっきりして見え表情も映えますので爽やかな印象を与えてくれます。

 

紺色は収縮色です。

 

野暮ったさや、だらしない印象を与えることはありません。

 

さらにフレッシュ感をアピールする手助けにもなります。

 

爽やかで誠実そうなイメージを与えてくれるため、好印象につながりやすく選考でも有利になる場合が多いでしょう。

 

誠実さや爽やかさは新卒の就活生に求められるものです。

 

それをアピールすることで清潔感が伝わり身だしなみの印象もよくなります。

 

 

黒と比較すると、黒はフォーマルさをアピールすることができるので就活にもちろん適しています。

 

ただ、やや堅い印象を与えてしまうこともあります。

 

その点、紺は黒スーツより暗くないので黒スーツより女性らしく柔らかい印象を与えることができます。

 

企業や業種によっては堅いイメージが好まれる場合もありますが営業や接客業などは柔らかい印象の方がいい場合もあります。

 

企業によって求められる印象は違います。

 

柔らかい印象を与えたい場合には紺色を選びましょう。

 

 

紺色スーツなら靴とシャツとバッグはどうする?おすすめの就活コーデ!

 

就活で着るなら「白無地」のシャツを選びましょう。

 

どんな人にも似合って清潔感が出せるのが白色の特徴です。

 

また紺色スーツにも合います。

 

業界にもよりますが白色で薄いストライプのシャツを選ぶのもいいでしょう。

 

ただし太いストライプはNGです。

 

 

パンプスは「革素材」との相性がいいです。

 

身長や体型を問わず、堅実な印象を面接官に与えます。

 

色は「黒」でヒールの高さは3~5センチの低めヒールを選びましょう。

 

飾りがついているものは避け、つま先の丸まったタイプの物がオススメです。

 

 

バッグはA4サイズが入るショルダーバッグで色は「黒」を選んで下さい。

 

説明会やセミナーでは資料を配布されるので、A4サイズが入るバッグであればきちんと保管できます。

 

面接時にはバッグを床に置く機会が多いです。

 

自立型のバッグが倒れず便利ですよ。

 

いかにも就活生だな、というバッグの方がTPOをわきまえていると面接官から認められることでしょう。

 

 

まとめ

 

就活スーツとして紺を選んでOKです。

 

清潔感や爽やかさ、柔らかい印象を与えてくれます。

 

シャツは白色無地。

 

パンプスもバッグも黒を選びましょう。

 

いかにも就活生なスタイルの方が面接官に好印象を与えてくれます。

 

TPOをわきまえた就活コーデで面接に挑んでくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました