七夕の願い事って誰が叶えるの?短冊の色や叶う願い方を徹底解説!

季節のイベント

七夕ってロマンチックで素敵ですよね。

短冊に願い事を書いて飾るのもとてもわくわくします。

お子さんのいるご家庭では家で七夕飾りをする人も多いですし、
最近ではイオンなどのショッピングモールに笹が置いてあって、
願いを書いた短冊を飾れるようになっているのもよく見かけますね。

真剣なお願いから面白ネタまで様々な願い事が書いてあります。

 

ところで、
七夕の願い事って誰が叶えてくれるのかご存知でしょうか?

「誰が叶えてくれるのか」
これをきちんと知っておかないと
せっかくの願い事が叶わない!
なんてことにもなっちゃうんですよ。

ちなみに織姫ではありません。

 

また、
「短冊の色」でも叶う願い事が変わってきます。

 

  • 七夕の願い事を叶えてくれるのは誰か?
  • 自分の願い事は何色の短冊に書けばいい?

こちらについて詳しく解説いたします!

七夕の願い事は誰がいつ叶えてくれるの?

 

スポンサードリンク

七夕といえば織姫と彦星ですよね。

じゃあ願い事は織姫が?彦星が?叶えてくれるの?
と思ってしまいますがそれは違います。

願いは織姫にかけるのですが叶えるのはまた別なんです。

 

七夕に願い事をするようになったルーツは中国の「乞巧奠(きこうでん)」と呼ばれるものです。

「乞巧奠」は、
女性が織物・手芸・裁縫などの上達を祈るものです。


その文化が奈良時代に日本に派生し、様々な要素が加わって、
日本式の短冊に願い事を書いて飾るという七夕祭りになったんです。

 

日本で短冊に願い事を書くようになったのは江戸時代。

そこから文化は広がり、
願い事は織物の上達だけにとどまらず、
様々な習い事の上達を願うものになったようです。

「織物が上手くなりたい」

「習字が上手になりますように」

など、願い事というよりも目標に近いものだったようですね。

 

何でもいいから願い事を叶えて!という行事ではなかったんですね。

七夕は短冊に願いというよりは目標を書いて、
「こんな風になるぞ!」という、
自分の目標を明らかにするものだったんです。

 

目標が見えるようになれば、それに向かって何をすべきかが分かるようになります。

そうなると、叶うかどうかは自分次第ということですね!

 

短冊に願いを込めて笹に飾る。
織姫様に一生懸命願いを掛ける。

だけど、それは自分の決意表明。

願い事は誰かが叶えてくれるものではなく、
自分で叶えるものなのなのですね!

【朗報】織姫の父が力を貸してくれる!?

願いは自分で叶えるものですが、
天帝(織姫のお父さんです)が願い事を叶える手助けをしてくれてると言われているんですよ!

これでちょっと安心できますね^^

 

天帝は全てのものを支配している偉い神様。

織姫と彦星を引き離し、一年に一回合わせる約束をしたのも天帝なんです。

そんな天帝が力を貸してくれるのなら何だか頑張れそうですよね!!

七夕の短冊の色で叶う願い事が変わる?おまじないの方法!

 

『たなばたさま』という童謡があります。
ほとんどの日本人は耳にしたことがあるのではないかと思います。

 

歌詞に、
「ごしきのたんざく」というフレーズが出てきます。

「ごしき」とは「5色」の事ですね。

そう、短冊には正式には5つの色があるんです。
さて、5色とは一体何色なのでしょうか。

短冊の色

その色とは、

「青(緑)」「赤」「黄」「白」「黒(紫)」の5色です。

 

それらの色は、
「木、火、土、金、水」を表しており、これらがこの世の全ての根源であるという、
中国の陰陽五行説というものに基づいたものです。

 

それぞれの色は意味を持ち、
それに合わせて願い事を書くと叶いやすいそうです。

青(緑)

青(緑)は、成長に関するもの。

例えば、「逆上がりができるようにななるぞ!」「すぐ怒らないぞ!」といった願い事ですね。

赤は、感謝。

「おじいちゃんいつもありがとう。長生きしてね!(おじいちゃんにたくさん喜んでもらうぞ!)」というもの。

黄は、人間関係に関する願い事。

「あの子と仲直りするぞ!」「新しいクラスで友達をたくさん作るぞ!」などですね。

白は、守りたいルールに関すること。

具体的には、「暴飲暴食をしない!」「早寝早起きをする!」といったものです。

黒(紫)は、学業に関するお願い事をするのに適しているそうです。

「大学合格!」などですね。

 

短冊の色によって、叶う願い事が違うのはあまり知られていませんね。

ちなみに、この5色を短冊や飾りに使うことは魔除けの意味もあったそうです。

 

まとめ

七夕に願い事を書くとき、それはあなたの決意表明です。

織姫様に願いを込め、それを自分の力にしてください。

そうすれば天帝様が力を貸してくれますよ。

 

また、短冊の色で叶う願いも変わってきますので、
あなたの願い事に効果的な色の短冊に書きましょうね!

青(緑)の短冊・・・「成長」

黄色の短冊・・・「人間関係」

赤の短冊・・・「感謝」

白の短冊・・・「規則や義務」

紫(黒)・・・「学業」

 

これはあなたが目標を達成するメンタルを作る上でもとても重要になってきますよ。

あなたの願い事が叶いますように。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました