新入社員が飲み会を断るのはあり?行かないと人間関係に影響する?

疑問解決法

会社に入れば、
その会社独特の社風があります。

会社の飲み会もそのうちの一つでしょう。

 

でも、会社の飲み会ってだるいし行きたくない…と思っていますか?

実は近年、
飲み会を断る新入社員が増えてきた!

そんな今どき情報もあるんです。

 

会社に入れば、会社に従う。

飲み会も
会社で生き残っていくための一つの手段…。

 

そんな考えは
もはや崩壊寸前なのかもしれません。

 

今回は、
現代の新入社員目線から見た、
「会社」と「働くこと」の
捉え方に焦点を充てて、
会社の飲み会と自分の生き方について
考察していきます。

 

飲み会に行かない新人ってどう思う?仕事とプライベートは別物?

スポンサードリンク

 

社歴の長い社員ほど、

会社の飲み会を断るなんてありえない!
飲み会もコミュニケーションの一つ。
社風に従うのが社会人、
プライベートよりも会社優先。

そんな意識が強いようです。

 

しかし、昨今の新入社員は

就業時間を過ぎれば仕事は終わり。
仕事後の時間は
プライベートな時間である。

という考え方の人も多いようです。

 

会社の飲み会には、
新入社員と社内の間に
感覚のずれがあります。

仕事が終われば、
遊びに行くばかりではありません。

 

 

例えばこんな事例があります。

 

「仕事とプライベートを分けている」
と言う真意は、
仕事が終われば、自己啓発に努めたい
ということです。

 

昼間は会社員、
夜は趣味の習い事。

ゆくゆくは、
趣味から資格取得を目指し、
独立を視野に入れている、
というケースがあります。

 

会社で働くことを
人生の目標としていません。

会社は仕事をする時間、
仕事が終われば
自分が実現したいことをする時間、
と区別しているようです。

 

つまり、

社内の人脈を作ることに
人生の主体を置いていない

と言うことです。

 

 

会社の飲み会の内容が、
昔はこうだった話、
説教じみている、
未来への発展のない話題であれば、
飲み会に行く時間に
意味を見出しにくくなっています。

 

「会社で生き残ることが人生ではない」
そう思っている新入社員にとっては、
仕事とプライベートは別物
という意識は強くなります。

 

飲み会に行く時間があれば、
自分の為に、
自分が良いと思った内容に
時間を消費したい。

そういった気持ちが
あるのではないでしょうか。

 

それは、決して間違ってはいません。

飲み会に行かないと嫌われる?今どきの新入社員は断る人が増えていた!?

 

飲み会に行かないと
社内では仕事が
しにくくなるのでしょうか。

 

やはり、
色んな世代、
色んな考え方を持った人が集まったのが、
会社という一つの社会的集団なので、
飲み会に来ない新入社員のことを
悪く思う人はいるでしょう。

 

しかし、社風にもよりますが、
「飲み会の参加の有無はどっちでも良い」
という考え方の人が増えているのも現状です。

非正規雇用の採用が増えている会社も多く、家庭があるので飲み会は出れませんと最初から言っている人なんかも今は多いです。

 

実際に、
飲み会を廃止し、
歓送迎会を就業時間内の
ランチタイムに開催する会社なども
あるようです。

 

 

飲み会とは異なりますが、
美容業界も変革期にきているようです。

 

昔は、

新人美容師は営業前に練習し、
営業後に先輩からの指導と反省会。
休日には講習会、

というのが当たり前だった時代も
あったようです。

 

しかし、
そういったきつい仕事の
イメージを払しょくしようと、
新人の練習は
営業時間内に行う美容院も
増えつつあるようです。

労働環境をより良くして、個々の力を発揮しやすい
環境を整えていく時代に来ているのでしょうか。

 

就業時間内が仕事なのか、
会社主体でされていることなら
就業時間外でも仕事の延長なのか。

捉え方は異なりますよね。

 

新入社員は会社に入ってから
だんだんとわかってくるその会社の社風があります。

 

まずは、
一度は会社の飲み会に参加してみて、
どういった雰囲気なのか、
何をしている時間なのかを観察してみると良いと思います。

 

時間の無駄と思いながら参加するのと、
何か収穫があるのではないか、
仕事ができる上司の話し方を
観察するだけでも
なにかプラスになることが
あるかもしれません。

2次会以降は欠席する、
という調整も可能なんですから。

 

なぜ会社の飲み会に行きたくない
新入社員がいるのか?

個人的見解は、
社会的背景が関係しているように思います。

1.「会社」カテゴリーが、身分保障の区分ではなくなってきている

どんな大企業に就職しても、
倒産や合併が
特別なことではなくなってきています。

上層部だけが共有している
しくみ、内情が、
社内に浸透してきたときには手遅れ…
という不祥事が後を絶ちません。

全ての会社がそうである、
とは言えませんが、
不況が続くこの時代では、
どこまで会社が
自分の保証をしてくれるのかと
疑わざるを得ない状況が
あるのも事実です。

会社に守られることはないから、
自分の人生は自分しか守れない

そんな意識のもとで、
サラリーマンの副業、
第二の名刺をもつことを
公に認める企業も存在します。

 

2.都会から田舎へ移住したい

生きること自体が仕事
耕し、育て、食べていく。
これが生きること。

自分の暮らし、
自分が生きることが主体となっているので、
「仕事」というカテゴリーを
あえてなくして
生活をしている人が一定数います。

移住さえすれば
理想の暮らしが
手に入るわけではありませんが、
どう生きていきたいのかと
自分に焦点を充てた、
自分主体の生き方
注目されつつあります。

各所で、
田舎暮らし特集、
移住先交流会、
助成金があるのも
時代の変化と言えるのでは
ないでしょうか。

 

まとめ

 

労働のあたりまえが
時代とともに変化しています。

 

昔はなかった、
「パワハラ」という言葉。

当たり前で
見て見ぬふりをしていた時代が、
変化しつつあります。

 

 

働き方は
会社に合わせるのではなく、
自分が主体になって
選択していく時代

 

生きるために仕事をしているのか、
仕事をするために生きているのか、
という区分が
あいまいになってきています。

 

会社自体が、
人生において
効力を持たない世代になれば、
会社の飲み会ではなく、
会社自体が存在意義を
問われるようになると思います。

 

なぜ働くのか。

その答えは世代によって多種多様です。

 

会社の飲み会を断りたい
新入社員の心の中には、
人生にとっての
働き方を追求している結果が
見え隠れしているのではないでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました