飛行機に落雷するとどんな事故が起こる?飛行機と落雷の関係性!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





飛行機に乗った時に気になること。

それは「雷が落ちてきたらどうなっちゃうの?」ということ。

私、雷が苦手なんですよね。

雷が自分に落ちてくる確率なんてものすごく低いということはわかっています。

ですが、雷が鳴り始めると「雷に打たれるかもしれない!」

と胸がざわざわ。

毎回恐怖を感じてしまいます。

飛行機は空を飛んでいるから地上にいるより雷に打たれる確率が高いような気がするのですが……。

どうなのでしょう。

そして、飛行機が雷に打たれるとどうなってしまうのでしょうか

調べてみたところ通信機器のトラブルはあるようですが対策もされており、墜落することはないようです。

ちょっと安心。

飛行機って落雷しても大丈夫?
もし落ちたらどうなるの?

スポンサードリンク

「飛行機に雷が落ちる」という表現は正しくないようです。

なぜかというと上空にいる飛行機の場合、雷雲が必ずしも飛行機の上にあるわけではないからです。

機体の横にあるかもしれないし、下にあるかもしれないのです。

「雷が落ちる」と言わず「雷を受ける」

「落雷」の代わりに「被雷」という言葉を使うそうです。

もし雷を受けたら機体はどうなるのでしょうか?

被雷で、まず考えられるのは通信機器の故障です。

すると地上管制官との情報交換が困難になってしまいます。

計器類にトラブルが起こることもあり自動操縦などに支障が起こったりもします。

この他、雷の衝撃で機体の一部が破損したりへこみが出来たりすることもあります。

被雷の瞬間は火花が飛ぶので、その光景はかなりの恐怖感を覚えます。

雷の勢いは非常に強いので、被雷の際には機体が揺れるなどのショックがありますが、感電することはありません。

一見、飛行機の被雷は、重大事故につながりそうですが、これらの問題は安定した飛行が出来なくなるほどの大問題になることはありません

飛行機が落雷にあう確率ってどれぐらい?飛行機の安全性は?

飛行機は本来、帯電しやすく雷を受けやすいという恐ろしい事実があります。

外国の機関の統計によると、飛行機の1日の使用時間を7時間とすると被雷の確率は12カ月に1回とのこと。

被雷の確率は高いですがその分、飛行機の安全性も高いです。

雷を受けた時に一時的に通信機器や計器類に支障をきたしても他の機器で補えるような安全設計がなされているからです。

飛行機は飛んでいる間、空気と機体が擦れることで静電気が発生します。

そしてそのままなにもしないと電気をため込んでしまいます。

雷は電気が通りやすいところに落ちるという性質があります。

上空を電気が帯びた巨大なものが飛んでいればそこに雷が落ちやすくなります。

そこで飛行機は電気をため込まないように放電索と呼ばれる金属の棒のようなものがつけられています。

その数は20~30本。

常に放電している状態を作っています。

雷で飛行機が墜落したというニュースを聞かないですよね?

それはこのように雷に備えた仕組みがきちんとできているからです。

しかしいくら安全性は問題ないと言っても、飛行機に被雷すれば機体はなんらかのダメージを受けます。

パイロットの操縦に制限が加わりますし乗客は不安になります。

ですからパイロットはできるだけ雷を避けて飛行するようにしています。

まとめ

飛行機は本来、帯電しやすく雷を受けやすいです。

飛行機が雷を受ける確率は外国の機関の統計によると、飛行機の1日の使用時間を7時間とすると被雷の確率は12カ月に1回とのこと。

被雷すると通信機器の故障や計器類に支障をきたします。

その場合でも、他の機器で補えるように安全設計がなされていますので墜落するということはありません

もちろん機内の乗客が感電するということもありません

飛行機にはきちんと雷対策がなされていますのでご安心を!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする