飛行機が怖いから海外なんて無理!楽になる方法ってあるの?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





飛行機に乗ることに対して恐怖や不安を感じてしまう。

いわゆる飛行機恐怖症だという人は意外と多いのではないでしょうか。

ちょっと苦手だという人から過剰に恐怖を感じてしまうという人まで。

あなたはどの程度でしょうか?

様々な原因があると思いますが、心理的なものや経験的なものからくることが多いようです。

完全に克服するには時間が必要です。

でも不安感や恐怖感を緩和することはできます。

飛行機は車やバス、電車よりはるかに安全な乗り物です。

ほら、ちょっと安心したでしょ?

ちょっと不安が消えたでしょ?

行機が落ちるのが怖い!
飛行機恐怖症の心理とは?

スポンサードリンク

飛行機がなぜ怖いのか?

考えられる理由を挙げていきます。

飛行機の環境からくる不安

飛行機に乗ると長時間一つの空間に居ざるを得ません。

閉所に恐怖感を感じてしまう人にはこの飛行機の環境は不安を感じる要素となってしまうのです。

また、飛行機は高い空の上を飛びます。

高所恐怖症の人にはたまらないですよね。

恐怖でしかないと思います。

飛行機そのものに対する不安

飛行機というものに不信感を持っている場合も乗ることに不安や恐怖を感じる要因となります。

飛行機のような巨大な鉄の塊が空を飛んで大丈夫なわけがないとなかなか信用できない人もいます。

墜落してしまうのではないかと考えるわけです。

操縦にせよ整備にせよすべて人に任せるしかなく自分ではコントロールできません。

こうした「自分では何もできない」という感覚がより不信と不安をあおるとも言われています。

負の経験による不安

過去に飛行機に乗った時に乱気流に巻き込まれるなどして、ひどく飛行機が揺れたことがトラウマになってしまうことがあります。

このまま墜落してしまうんじゃないかという恐怖を味わってしまった場合。

トラウマとなって深く心と記憶に刻まれます。

その他ニュースなどで飛行機事故やテロを目撃してしまった場合。

自分が関わっていなくても飛行機に対する恐怖が急に起こる場合があります。

それまでなんともなかった人が急に乗れなくなってしまったり、大人になってから急に恐怖を感じるようになることもあります。

飛行機事故の確率って知ってる?これを知れば克服できる!

飛行機はバスや電車と比べて極めて安全な乗り物だと言われています。

アメリカの国家安全運輸委員会によると飛行機事故が起こる可能性は世界的にみてもたったの0.0009%。

アメリカ内に限れば0.000034%。

これは、8200年間毎日飛行機に乗っても事故に遭うか遭わないかというほど低い確率なんです。

それに対して車で事故に遭う確率は0.03%。

これと比較しても格段に低い確率だというのがわかりますね。

また、日本の民間航空機の事故も1985年の日航機墜落事故以来33年間起きていません。

飛行機のパイロットは常に二人体制です。

これはどちらかにもしも何かがあってももう一人が必ず対処できるということです。

さらに毎年4回は飛行訓練と審査を行っていて最新のデータに基づいて操縦技術の訓練や知識を学んでいます。

飛行機のパイロットは安全のプロフェッショナルなのです。

飛行機は飛ぶ前に必ず精密な整備を受けます

この作業を行うのも選び抜かれた航空整備士達です。

技術や勉強を極め狭き門をくぐり抜けてきています。

整備士がOKを出したということは機体は絶対に安全だということです。

まとめ

飛行機恐怖症の方は意外と多くいます。

原因は様々。

ですが飛行機は車やバス、電車などの他の移動手段と比べて安全な乗り物だと言われています。

それは優秀な整備士やパイロット、管制塔の人々によって常にチェックされているからです。

飛行機に対する不安が少しでも和らぎますように!