花粉症と風邪を併発することはあるの?気になる症状の見分け方!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





今年もきた、この季節。

それが花粉症です。

毎年花粉症で悩んでいる人にとってはとても深刻ですよね。

風邪かと思ったら花粉症だった!
花粉症と思ってたら風邪っぽくなってる?!

このように花粉症なのか、
風邪なのか判断できないこともよくあります。

風邪と花粉症の違い、
花粉症の悪化なのか風邪も併発しているのか、
見分け方をご紹介致します。

花粉症と風邪!同時にかかることってあるの?

スポンサードリンク

花粉症の症状がでてきて、
鼻の炎症から風邪を併発することがあります。

花粉症による鼻づまりで寝不足気味だったり、
体力が落ちやすくなったりするので、
花粉症の人は風邪をひきやすい傾向にもあるようです。

症状は、最初は花粉症の特徴である、
さらさらの鼻水が、黄色っぽく粘り気が出て来くると要注意です。

花粉症が悪化したのではなく、
風を併発している可能性があります。

花粉症から風邪に移行するのではなく、
風邪の症状が新たに加わってしまっている状況でう。

鼻水の状態の変化から、
風邪による細菌感染になっているかどうかを判断しましょう。

花粉症と風邪の薬の違いはなんでしょうか?

花粉症だと思って耳鼻科へ行って、
しばらくすると悪化してきた。

どうやら風邪?!となったときは、
花粉症の薬と風邪薬、どうすれば良いでしょうか。

花粉症の薬は、抗ヒスタミン薬といって
アレルギーの症状を抑える薬が主に処方されます。

風邪に対する薬は、
ウイルスを少なくするための抗ウイルス薬になるので、
自己判断での同時摂取は絶対に避けてください!

かかりつけ医に症状の経過を説明し、
その時に合った薬を服用するのが一番です。

まずは、一旦花粉症の薬は辞めて風邪薬を服用し、
風邪の症状を直すことを優先するようです。

風邪と花粉症の見分け方は?どちらか迷ったらここに注目!

風邪は、ウイルスの感染が原因でおこる症状、花粉症はアレルギーとなる物質であるアレルゲンが原因となって起こる症状です。

花粉症の場合のアレルゲンは、花粉です。

原因が異なるので、特徴となる症状にも違いがあります。

では、風邪と花粉症の症状の特徴をみていきましょう。

1.風邪の特徴

  • 鼻水は、さらさらから粘り気のある鼻水へ変化していく。
  • くしゃみは出ても、多くて3回程でいったん止まる。
  • 目が痒くなる。
  • 咳やのど、熱

のどが痛く、咳が続くことが多い。
熱は微熱から38度台が多い。寒気、頭痛を伴う。

2.花粉症の特徴

  • 鼻水は透明なさらさらで、止まることなく出てくる。鼻づまりも引き起こす。
  • くしゃみが連続で出る。一度でるとなかなか止まらないこともある。
  • 目が痒くなることはない。
  • 咳やのど、熱。

咳は出ることもあるが、風邪の症状よりは軽症。
のどの痛みやイガイガを感じる人もいる。
ほとんどではないが、微熱が出る人もいる。

このように、主な風邪と花粉症の見分け方は、鼻水、くしゃみ、目の痒みです。

「鼻水がさらさらで止まらない、くしゃみが連続する・目の痒み」が花粉症の症状になります。

花粉症は、正式名称で季節性アレルギー性鼻炎と言われるので、鼻からくる症状が大きな特徴です。

咳やのど、発熱の症状は花粉症の場合は風邪よりも軽症のことが多いようですが、個人差はあるようです。

また、花粉症は、数日で収まることがなく、ずっと続くのも特徴です。

特定の花粉が待っている期間中は、アレルゲンもに反応しているので、花粉症の症状は治まりにくいです。

まとめ

花粉症から風邪を併発することがあります。

判断材料は、花粉症の症状である鼻水の状態がサラサラか、
粘り気を帯びてきたかというのが大きな目安です。

花粉症と風邪が同時にくると、辛い体調不良がつづきますね。

病院へ行き、その時の症状に合った薬を処方してもらうようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする