お花見って桜以外じゃダメなの?お花見が桜になったのはどうして?

季節のイベント

毎年春になると恒例のお花見。

『お花見』と聞けば「桜」を思い浮かべるでしょう。

桜の開花が全国でニュースにもなるほど重要な情報ですよね。

 

でも、どうしてお花見といえば「桜」なのでしょうか?

全国各地で、開花宣言やお花見情報が行き交うのは、やはり桜は特別だからなのでしょうか。

 

それでは、お花見といえばなぜ桜なのか。

お花見という習慣は、いつから始まったのか。

桜以外のお花見はあるのか、そんな疑問を整理していきたいと思います。

 

桜以外のお花見ってある?どうしてお花見と言えば桜なの?

スポンサードリンク

 

桜以外にも、日本には季節ごとに美しい花がありまよね。

桜以外のお花見も、もちろんあります!

梅、菜の花、ひまわり畑、コスモス、もみじなど。

各所で梅見会、もみじ祭り、というように、名所として毎年賑わって話題となる鑑賞イベントがあります。

 

しかし、「お花見=菜の花」と感じる人はあまりいませんよね。

やはり、お花見といえば桜です。

そして、桜の木々を囲んでご飯を食べたりするのが、いわゆるお花見のイメージでしょう。

 

なぜお花見と言えば桜なのか?

お花見についての歴史を見ていきましょう。

お花見は、江戸時代にスタートしました。

江戸時代、徳川の時代に将軍たちが桜の植樹を勧めた時期があります。

やがて、江戸の各地に桜の名所が誕生し、庶民にもお花見が浸透していきました。

特定の山や川沿いにたくさんの桜の木を植えたことで、一か所に多くの桜が咲き誇ります。

そして多くの人が注目するほどの名所になっていきました。

 

桜の木の下で、ご飯を食べたりお酒を飲んだりという現在の、お花見スタイルが出来たのも江戸時代と言われています。

このような時代背景から、お花見と言えば桜、となっていったようですね。

時代を超えて桜を鑑賞する心は変わっていませんね。

 

なぜ桜を見るのか?日本人が桜を好きな理由とお花見のはじまり!

 

現在のお花見スタイルの始まりは、江戸時代ということが分かりました。

しかし、最初から「お花見=桜」だったわけではないようです。

時代をさかのぼると、更なるお花見の歴史が見えてきました!

 

奈良時代のお花見

 

奈良時代、貴族のあいだで流行っていたのが、花を見ながら歌を詠むという「花宴(はなのえん)」です。

このときの花は、桜ではなく、梅でした。

花宴の起源は、中国からきているようで、奈良時代は花と言えば「梅」だったようです。

美しい梅を見るとなにかで表現したい。

美しさだけではない哀しさも、今のこの気持ちをかたちに残したい。

その手段が歌を詠むということだったんでしょう。

現代でいう誰かに見て欲しい、聞いて欲しいことをSNSでアップする、という感覚にているのかもしれません。

 

平安時代のお花見

そして平安時代になると、引き続き花宴は行われていましたが、梅から「桜」へと移行していったようです。

花と言えば梅、から桜へと変化していったのは平安時代と言えるでしょう。

その後、江戸時代になると桜の植樹が始まった経緯で、現在の桜を鑑賞するお花見が始まっていったようです。

 

奈良時代や平安時代から、花を見て感じたことを歌にするという感覚が日本人にはありました。

日本人が桜を好きな理由には、一斉に咲いて短期間で散ってしまう、はかなさゆえの優美さです。

時代を超えて、日本人の心に通ずるところがあったと言えそうです。

これは外国人には理解できない心、と言われることもあるようです。

情景を言語化、共有したくなるような気持ちになる日本人の文化が、桜には秘められているのではないでしょうか。

 

まとめ

 

 

お花見が桜になったのは、奈良時代に行われていた花宴が発端となり、
梅から桜へ移行していった経緯があるとわかりました。

桜を囲んでご飯を食べるのは、
江戸時代になってから、現在も続いているんですね。

桜を見ると感じる気持ちは、
代々受け継がれた日本人の本能なのかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました