不登校の卒業式!親として参加させた方がいいの?校長室で卒業式も?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





不登校の子供を持つ親の心境は、
なかなか複雑なものですよね。

子供の気持ちを優先させてあげたい。
今の時代、学校に行くことだけが全てじゃない。

そう思いながらも、
普通の楽しい学生生活も実は味あわせてあげたい…

一言では語れない苦労と、
子供の将来に大きな不安を抱いてしまいます。

けれど、
時間は容赦なく流れてゆきます。

そして、
子供は不登校から立ち直れないまま
ついには卒業式を迎えてしまうケースも
少なくは無いんです。

不登校の子どもたちは、
どの様にして卒業式に臨むのべきでしょうか。

そもそも絶対に参加すべきなのでしょうか。

これまで行きたくとも行けなかった学校へ、
卒業式だからと言って
登校できるとは考えられません。

卒業式に参加しない選択肢だって大いにありなんですよ!

あまりお子さんを追い詰めないようにしましょうね。

でも、お子さんは実は学校に行きたかった、
卒業式だけでも出たい!なんて思っている可能性も。

さて、今回のテーマは
親の立場から不登校の子供を
卒業式へ参加させるべきかどうか考えてみたいと思います。

不登校だけど卒業式だけでも参加させた方がいいの!?

スポンサードリンク

そもそも
不登校の生徒に
学校側が参加を強制させることは
教育なのでしょうか

ここで重要なのは、
何故不登校に至ったのかです。

理由は生徒それぞれにあるはずです。

  •  いじめ
  •  学業について行けない
  •  ただの反発心
  •  身勝手な甘え
  •  家庭の事情

不登校がいじめが原因の場合

いじめが原因であれば、
生徒間の人間関係や学校環境が
不登校につながったと考えられ、
この問題が解決しない限り、
生徒は登校したくとも出来ないでしょう。

こんな状況で
卒業式への参加を求めるのは生徒にとって苦しみ以外の
何ものでも無いでしょう。

不登校の理由が学業についていけなかったの場合

学業について行けない場合の不登校は、
親と先生の協力により、
卒業式の参加は期待できそうですね。

ただし、
生徒本人は決して
良い卒業式とは感じられないでしょう。

仕方が無く参加した感は否めません。

不登校が反発心からの場合

ただの反発心。

すなわち反抗期による
不登校の場合も親や先生の協力で
参加は望めそうですが、
問題行動が起こらないか注意は必要かもしれません。

大人であれば
誰しも記憶にあると思いますが、
反抗期の心の中は、
本人でもコントロールしにくいため、
理由のない苛立ちが爆発するかもしれません。

従って、
無理強いは止めておいた方が良いでしょう

不登校の原因が甘えの場合

ただの甘えの場合、
厳しさをもって参加させる方法がありますが、
卒業式だから厳しくすると言うのでは、
子供も理解できないかもしれません。

そして親のあなたが、お子さんの不登校が
ただの甘えであると思っていたとしても、
お子さんにとっては何か重大な理由があるのかもしれません。

不登校になるにはそれなりの理由があります。

お子さんが親であるあなたに不登校の理由を
きちんと話せる。
そんな環境をまずは整えてあげてください。

いずれのケースも、
卒業式を迎えるずっと前から
環境の改善やお子さんの心境に寄り添うことで、
登校しやすくしてあげることが重要であると考えます。

立前だけで卒業式の参加を求めるのは、
不登校のお子様本人のためにはなりません。

不登校の卒業式!親がアドバイスするとしたらなんて言う?

卒業式は
学校生活の区切りであり一生に一度のものです。

区切りは
それまでの自分との決別にもつながります。

卒業式に出て欲しい場合は、
これからの生活のため、
これまでの自分とお別れをする儀式として、
優しく導いてあげると、
お子さんも頑張って参加してみよう
という気持ちに切り替えやすいかもしれません。

学校には行けなかったけど、
この先には自分が頑張れることがある!
そう思える機会に卒業式を使う事もできるんです。

また、前述にもありますが、
卒業式の無理強いは何の解決にもなりません

どうにもこうにも
閉鎖的になってしまい卒業式に出られなそうな場合は、
式への参加はせず、自宅で卒業祝いをしてあげる方が、
これからの社会生活への糧となるのではないでしょうか。

  • 卒業式に出なかった
  • 不登校で学校へ行けなかった

これはあなたのお子さんのただの特徴であって、
悪いところでは決してありません。

お子さんが卒業式に出席するか迷っている場合は、
こちらの記事を読ませてあげたり、
あなた自身が参考にしてお子さんにお話してあげてくださいね。

不登校で卒業式に行きたくない…怖いのを我慢してでも出なきゃダメ?

まとめ

一見、
楽しそうな学生生活を送っているようでも、
子供との関わりは
時に難しさを感じることがあります。

それが不登校のお子さんであれば、
なかなか心に寄り添うのも難しいと
感じる事も多くなりますよね。

そもそも不登校にならない、
もしくは不登校から立ち直る
取り組みがあってからの卒業式だと思います。

どうしても、不登校が改善できなかったのであれば、
それは学校生活というものにあなたのお子さんが合わなかっただけです。

それは悪い事ですか?
卒業式に行けないならそれでいいと思いませんか?

日本は”みんなと同じ”ということに縛られすぎています。

今の日本で生きるのなら、
”みんなと同じ”は欠かせないと思う人も多いでしょう。

でも、みんなと違っても、
むしろ違うから成功している人だってたくさんいます。

親であるあなたが、不登校のお子さんを、
”人と違うからダメだ”という目で見てたら終わりです。

まずはあなたからお子さんの個性を認めてあげましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする