花粉症で仕事を休む人にムカついてるあなた!こんなに辛いんです…!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





花粉症とは、スギやヒノキなど植物の花粉が
原因となってアレルギーを引き起こす病気です。

症状は人それぞれ。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、喉のかゆみ、涙目など……。

もうすぐそんな花粉症の本格的なシーズンが到来しますね。

花粉症の人にはつらく、憂鬱な日々がやってきてしまいます。

重度の花粉症の人の中には会社を休む人もいると思います。

花粉症でない方や軽度の花粉症の方は、
「花粉症で仕事を休むなんて!」と不快に思うことでしょう。

「なんて非常識なんだ!」と。

わかりますよ、その気持ち。

私は花粉症ですが、花粉症になるまで
花粉症がこんなにつらいものだとは思いませんでしたから。

では、花粉症で仕事を休む人に対して、
どのように思っている人が多いのでしょう?

花粉症で仕事を休むのは非常識だ!仕事をなめているようでムカつく!

スポンサードリンク

日本はいまだに、
体調が悪くても休まず働くことを美徳とする風潮があります。

休みなしで働くことや、
仕事が忙しいせいで寝てないことが偉いといった感じ。

そんな社会で生きている私たちですから、
花粉症ごときで会社を、仕事を休むなんて非常識だ。

仕事をなめきっている。

と思う人が多くいるのも無理はありません。

重度の花粉症で悩んでいる、
つらい思いをしている人もそんなことはわかっています。

「花粉症でものすごく体調が悪いけど、
仕事を休むのは許されないだろうな……」

「花粉症を理由に休みたいなんて
言ったら叱られるだろうな」

そんな思いで具合が悪い中、
働いている人が多くいます。

花粉症の人たちはつらくて会社を休みたい、
仕事にならないと思ったことが必ずあります。

でも、実際休んだことがある人はかなり少ないのです。

多くの人が気が引けるとか、
周りの目が気になるといった理由で
辛い身体にムチを打って働いています。

だから花粉症で会社を休ませてほしいという時
というのはよっぽど信じられないくらいに辛い時
なのです。

花粉症の辛さって?咳や頭痛など症状は様々!仕事に影響する?

花粉症の三大症状はくしゃみ・鼻水・鼻づまりです。

水の様な鼻水が止まらなくて接客業なのに、
お客様の前に出れなかったなんていう人も。

目のかゆみがある人もいますし、
涙が止まらなくなる人もいます。

花粉が肌に付くことでかゆみを
引き起こし肌荒れに悩ませられることも。

口の中が痛いという人までいるそうです。

こんなふうに症状は様々。

人それぞれ違います。

でも、花粉症が辛いことに違いはありません。

このようなアレルギー症状はどれくらい仕事に影響するのでしょう?

まず、
仕事に必要な集中力や判断力が低下します。

鼻づまりなどの影響で夜眠れなかったりするので、
日中も慢性的な睡眠不足に陥りがちです。

それに加えて花粉症の薬は副作用として眠くなるものが多いです。

私も飲んだことがありますが、
あの眠気は尋常じゃないです。

二日酔いで眠いとかとは訳が違います。

そんな強力な眠気と必死に戦う訳です。

どうでしょう。

ここまででだいぶ仕事に影響が
あることがわかると思いますし、
仕事の効率も下がることがわかるでしょう。

また、鼻をたくさんかむので
鼻の下が大変なことになりますし、
頭痛も起こります。

女性は肌荒れでメイクがうまくいかなかったり、
鼻をかむことでメイクが崩れたりと最悪です。

本当に花粉症は色々な苦労をします。

肌や目がかゆすぎてメイクをしたくないけど、
ノーメイクでは仕事に行けないしほんとに大変です。

このように、
花粉症の人は様々な辛い症状と日々戦っているのです。

そして、花粉症ごときで仕事を休んではダメ!
でも、でも、花粉症が辛すぎる…と悩んでいます。

そんな花粉症の人たちが仕事を休むことに
関してどう思っているのかを
こちらの記事にまとめてありますので、
ぜひ花粉症で仕事を休む人へムカついている気持ちを
落ち着けるための参考にしてみてください。

花粉症で仕事を休むと非常識?花粉症がつらくて仕事にならない!

まとめ

花粉症で会社を休むことは非常識と考える人や、
仕事をなめていると思う人が多くいます。

花粉症の人もそれをわかっているので
休みたいと思っていても、
休まず仕事に行く人が多いです。

実際に休んだことがある人はごく少数です。

花粉症の症状は様々です。

集中力や判断力が低下するので
仕事の効率を下げてしまいます。

重度の花粉症の症状の中、
無理して働くことは仕事に悪影響を及ぼします。

今、花粉症ではないあなたも
いつか突然花粉症を発症するかもしれません。

その時のためにも参考にしてみてほしいです。

そしてできれば、
花粉症の人にも少しでもいいので
優しさを持ってあげて
欲しいです。