まずはママが笑顔に!子育ての疲れを解消するとっておきの方法とは!?

子育て&ママ

 

会社での仕事と違って、
子育てに休みはありません。

 

毎日毎日、
家事をこなし、
子供の面倒を見るのは
思っている以上に大変です。

 

大好きな子供のため、
家族のため、
できることなら
笑顔で過ごしていたい。

 

そんなママへ、
疲れを解消する方法を
紹介していきます。

 

子育ての疲れを解消する方法

スポンサードリンク

 

子育てをするうえでつらいのが

話を聞いてくれる人がいない
自分の時間がなくなる

ということだと思います。

 

昔はおじいちゃんおばあちゃんと
一緒に住んでいる家庭も多く、
子供を産んだ時も
自分の両親や
子育ての先輩になる人がいて
助けてもらうことが普通でした。

 

しかし現在は、
主に核家族で、
子供を産んでも
実家に帰れない状況のママも
たくさんいます。

 

旦那さんは仕事で、
家に帰ってくると疲れているし…

 

そう思うと、
子育てに関することも、
ちょっとした話もしにくく感じ、
どんどんストレスとなって
溜まっていきます。

 

なので、
ストレスが溜まってきたら、
家事も子育ても
完璧にこなすのはやめて、
少しの時間でも
お友達や気の許せる人と
お茶でもしてみましょう。

話すとスッキリしますし、
スイーツなど自分が好きなものを
食べてみてください。

 

毎日頑張っている
自分へのご褒美です。

 

 

また、出産前に趣味でやっていた
好きなことをする時間も
リフレッシュに繋がります

マンガを読んだり、ドラマを見たり。

 

笑うとそれだけで満たされますし、
泣くことには
リラックス効果や安眠効果もあります。

 

そして、子供と一緒に
外で体を動かしてみるのも
おすすめです。

 

思いっきり体を動かすと
血行もよくなり、
リフレッシュできますよ。

 

お散歩がてら、
はしゃいでみてください。

 

疲れを溜めないように普段からできること

ママ友でも両親でも誰でもいいので、
話を聞いてくれる人を持つこと

いっぱいいっぱいになる前に
その都度、話して聞いてもらいましょう。

 

一時預かりを利用したり、
買い物はネットスーパーで
家まで届けてもらうなど
頼れるものには頼りましょう

 

預かってもらっている間に
美容院へ行くなど、
一人の時間を楽しんだり、
寝不足解消のためにお昼寝したり。

 

全部のことを、
ひとりでやろうとしない気持ちを
持つことが大切です。

 

配達する人はそれを
お仕事にしている人です。

 

それでも頼ることが苦手な人は、

「こちらは届けてもらって助かった。
ネットスーパーの人は
仕事ができてよかった。
Win-winだね」

くらいの気持ちへ
方向転換してみましょう。

 

まとめ

子育ての疲れ、
ストレスは想像以上に
きついものです。

 

ポイントとしては、

    • 話を聞いてもらい、
      ストレスを溜めないようにする。
    • 自分の時間を少しでも取れるよう、
      頼れるものは頼っていく

ということです。

 

不機嫌なママは
子供も見ていて心配になります。

 

いつも笑顔でいれるよう、
うまく活用していってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました