疲れが取れない!子育ての疲れと上手に付き合う方法はある!?

子育て&ママ

 

赤ちゃんが生まれて生後2,3箇月になると、
それなりに赤ちゃん自身も
生活のリズムが出てくるころかと思います。

 

お母さんもご実家から我が家へと帰り、
一人で赤ちゃんのお世話をし始めますよね。

 

 

朝から夜まで赤ちゃんと二人きりの毎日を
送っていらっしゃる方も多いと思いますが
正直、寝不足と慣れない育児で
疲れが取れなくなる頃でもあります。

 

そんな時、どうすればいいのでしょうか。

 

子育てをしていて 疲れが取れないあなた・・・

スポンサードリンク

 

ゆっくり休みたいけど、
赤ちゃんの世話と家事に追われて
ゆっくりできないと感じてはいませんか?

 

それはどうしても仕方のないことですね。

 

夜はまだ数時間置きに
おむつも替えなければならない時期でしょうし
昼間は赤ちゃんの昼寝の間に
掃除したり洗濯したり、
ご飯の準備があったりで
ゆっくり昼寝もできません。

 

いっそのこと、
掃除は3日に1回、洗濯も2日に1回、と
決めてしまってはどうでしょうか。

 

2日に1回掃除ができたら、
アタシよくがんばってるわ~!と
自分を褒める

 

2日に1回しかできないんじゃなくて、
2日に1回も出来たことに
フォーカスしてみましょう。

 

全てをプラスの方向から捉える、
プラス思考でやってみましょう。

 

 

またご飯の支度ですが、
赤ちゃんの首が座ってきたのなら、
背中におんぶという手もあります。

 

できるだけ高い位置で
おんぶするのがコツですよ!

 

低い位置ですと、体勢的に
あかちゃんもきついですし、
何よりお母さん自体が
赤ちゃんを重く感じてしまいます。

 

子育てに疲れたら、 リフレッシュしよう!

 

出産時、病院でお友達になったお母さんと
ラインなどで近況報告するのもいいでしょうし、
助産師さんたちとお話するのもいいでしょう。

 

できるだけ外の世界と
コンタクトを取ることが重要だと思います。

 

おっぱいをあげる間隔が
少しずつ空いてくるこの頃、
旦那さまがお休みの日に、
1.2時間だけでも見てもらって、
外出するのもいいかもしれませんね。

 

事前に旦那さまのスケジュールを聞いておいて
きちんと旦那さまに
こころの準備をしてもらうことが大事ですよ。

 

そして外出から帰ってきたら、
何はともかく「ありがとう」を忘れずにね。

 

とにかく少しの時間でも
赤ちゃんと離れる時間を作ると、
ストレスが軽減され、
リフレッシュできるようになりますよ。

 

旦那さま以外にも
両方のご実家に頼ったりしてもいいでしょう。

 

赤ちゃんには
私がいなければいけないという思いは
とても需要な事ですが
その思いが強すぎると
お母さんは赤ちゃんから離れなれなくなり、
お母さんご自身も
疲労困憊してしまうという結果になりかねません。

 

「立ってるものは、親でも使え」
と言う言葉が示すように、
旦那さま、両実家のご両親、
みんなを巻き込んで
育児をやってみてはいかがでしょう。

 

子育てに疲れて辛いときには、 誰かに相談しましょう。

それでもやはり疲れてしまって、
辛いときがありますよね。

 

そんな時はやはり
誰かに相談するのが良いでしょう。

 

近所に住むご実家のお母さんだったら、
家までやってきて
「数時間赤ちゃんを見ていてあげるから、
あなた昼寝なさいよ」
と言ってくださるかもしれません。

 

旦那さまのお母さまだって
同じ気持ちかもしれません。

 

またどうしても辛くて
不安だらけという方は、
住んでいる自治体に
子育て支援センター等がありますから、
電話を掛けてみるのもいいでしょう。

 

とにかく一人で悩まないこと。

 

赤ちゃんも泣く、お母さんも泣く なんて
共倒れ状態にならないよう、
ストレス解消だけはしましょうね。

 

子育ては辛いもの? こんな辛い時期はいつまで続くの?

子育てって辛いことばかりではありません。

 

そりゃ大変な時期も何度もあると思います。

 

けれども毎日の赤ちゃんの
成長の喜びもあります。

 

首が座った、寝返りを打った・・・などなど。

 

昨日できなかった事が、今日初めてできた!

 

こんなに嬉しいことはありません。

 

赤ちゃんが寝返りをうち、
ハイハイをしだしたら、
今度は目が離せなくなります。

 

また大変さが増してくるようにも
感じるでしょう。

 

そんな時は地区の
市民センターなどで開催されている
子育てサロンなどに顔を出してみて、
同じくらいの月齢の子がいたら
一緒に遊んでみたりとか、
そこに来ている先輩ママさんから
いろいろ教えてもらうとか。
一人で赤ちゃんといるから
大変だわ~と思ってしまうので
どこかに出かけて子供と一緒に
お母さんも遊んでみましょう。

 

親子スイミングや
絵本の読み聞かせなどにも
参加してみると案外楽しいかもしれません。

 

そして同じ世代の子供を持つ
お母さんたちと知り合って
情報交換をしちゃいましょう。

 

私も先輩ママに言われたことがあります。

 

このあかちゃんの頃がいちばんいいよって。

 

その時はわからなかったけど、
一通りの子育てを終えて、
今、やはりそう思います。

 

子供と一緒にいられて、
なんでも一緒に出来て、
子供の成長を
間近で見ることができる幸せ。

 

なにものにも代え難いものです。

 

我が子のその一瞬は
その時しかありません。

 

二度と同じことはないのです。

 

子育ては大変なことですが、喜びも大きい、
そう思って、めいっぱい
子育てを楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました