綺麗にできないあなたは必見!ステンレス掃除はコツがある

お掃除

 

毎日、きれいにお掃除しているつもりでも、
汚れが知らず知らずのうちに溜まって行く台所。

 

ステンレスの部分って何かと汚れが付いてしまいますよね。

しかも、こすっても取れない。

 

でも、いつでもきれいなキッチンでストレスなく
料理したいですよね。

 

 

そんな汚れが溜まりやすい流し台や、
やかんをキレイにする方法をご紹介!

おすすめの洗剤の種類も調べてみました。

 

ステンレスの流し台の掃除方法

スポンサードリンク

 

普段の掃除は、食器を洗った後に
ざぁっと洗剤で洗うようにしましょう。

 

ラップを丸めてゴシゴシ、
円をかくように洗うものおすすめ。

 

そして、水で洗い流し、
乾いた布巾で拭き取りましょう。

 

濡れたままだと水垢や洗剤カスが
溜まる原因となります。

 

またくすみの原因にもなりますよ。

 

 

溜まったシンクの汚れには
いくつか種類があります。

 

白い汚れ|水垢ver.

水に含まれるミネラルと
食品に含まれるカルシウムが結合して、
白く付着してしまったものです。

 

掃除せずにいると、
どんどん水垢が付いてしまい、
取れづらくなります。

 

そんな頑固な汚れには ↓

ティッシュを置き、
クエン酸水(クエン酸と水をまぜる)
パックをしてみましょう。

 

そしてメラミンスポンジでこすると
水垢が取れていくはずです。

 

メラミンスポンジってこれです↓↓↓↓↓

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便送料無料】レック 激落ちくん ( メラミンスポンジ ) 1個
価格:294円(税込、送料無料) (2018/4/30時点)

 

 

白い汚れ|洗剤のカスver.

洗剤と水のミネラルが混ざり合い、
くっついてしまった白い汚れが
洗剤のカスです。

 

水垢と区別がつきませんが、
水垢はアルカリ性、
洗剤カスは酸性の成分が多いので、
落とすのに使う洗剤も違ってきます。

 

汚れと言うよりスケールといった方が良く、
水垢と同じで
どんどん溜まっていってしまいます。

 

クエン酸で掃除したのに
まだ、白い汚れが取れない、
そんな時は洗剤カス汚れの可能性が高いです。

そんな時はアルカリ性の重曹をふりかけてみましょう。

 

そのあとメラミンスポンジでこすり、
水で流します。

 

排水校のヌルヌル汚れ・雑菌やカビ

排水溝にできる黒い汚れはカビです。

 

ドロドロした汚れも付いてしまいます。

 

ほったからかしにしていると、
段々臭いもしてきますね。

 

そんな時は、ぬるま湯重曹クエン酸
使ってみましょう。

 

排水溝に重曹をふりかけ、
その上からクエン酸を掛け、
ぬるま湯を少しずつかけると、
重曹とクエン酸が化学反応を起こし、
泡がぶくぶくと出てきます。

 

そのまま1時間程おき、
お湯で洗い流します。

 

クエン酸には抗菌作用があるので、
この洗浄方法を行なった後には、
今までよりカビが付きにくくなります。

 

 

 

ステンレスのやかんの掃除方法

 

ステンレスのやかんの汚れは、
外側は油汚れ、内側は主に
水道水に含まれるカルキです。

 

外側の油汚れは、
研磨剤入りのクレンザーでも落ちますし、
消毒用エタノール、もしくは
重曹を使っても落ちます。

 

消毒用エタノールの場合、
しゅっとスプレーして、
ウェスでゴシゴシ拭き取ります。

 

重曹の場合には、
重曹を水にとかして重曹水を作ります。

 

重曹水をウェスにつけて、
よくこすります。

 

もし、やかんの汚れがひどい時は、
重曹を直接ふりかけ、しばらく放置して、
油となじむようにします。

 

そのあと、こすって、
油にまみれた重曹を
ウェスで拭き取ります。

 

重曹が残っていると、
乾いた時に白く残ってしまうので、
水できれいに洗い流しましょう。

 

やかんが入るような大鍋があるなら、
やかんごと鍋に入れて、
ぐつぐつ煮てみると
全体を一度で汚れを落とせます。

 

水を沸騰させ、
重曹を入れて10分程煮ると、
黒いこげが浮き上がってきます。

 

それでも落ちないような焦げ付きは、
メラミンスポンジ等で磨くと
きれいになりますよ。

 

ステンレス製のやかんには
重曹は使えますが、
アルミ製のやかんには
黒ずむので、重曹はつかえません。

 

その点をお忘れなく・・・

 

 

やかんの内側の汚れ?を落とすには

内側の白いザラザラはカルキです。

 

人体に外はありませんが、
付いているとやはり気になりますよね。

 

酢を使って簡単に落とせます。

 

水を満杯まで入れて沸騰させ
を1カップもしくは
クエン酸を入れ、一晩放置します。

 

かなりキレイになっているはずです。

 

内側にも黒ずみが付くことがありますが、
これも重曹で取ることができます。

 

水を満杯に入れて、重曹をいれ、
10分ほど静かに煮たたせ、
火を止めて放置します。

 

しばらくそのままにして
お湯を捨てて、メラミンスポンジでこすると
かなりキレイになりますよ。

 

やかんの油汚れは
重曹消毒用エタノール

 

内側のカルキはクエン酸
黒ずみはクエン酸重曹
落としましょう。

 

ステンレスの掃除に使う洗剤

まず、洗剤を使うようになる前に、
普段から、使い終わったら
とにかく周囲の水気や油を
すぐに汚れを拭き取る事です。

 

水垢や油汚れなど、台所の汚れは多くは
酸性のものです。

 

この酸性汚れには重曹が効果的です。

 

ふくらし粉として
料理にも使われる重曹ですので、
食品を扱う台所でも
安心して使える所がいいですね。

 

水で練って
ドロドロペースト状にした重曹で、
ステンレスの流しややかんを磨くと、
さほど傷を付けることなく
キレイにすることができます。

 

頑固汚れはメラミンスポンジで
やっつけちゃいましょう。

 

メラミンスポンジは研磨スポンジで、
細かい編みの目状をしているので 、
表面に付いている汚れを
削り取っていきます。

 

その結果、ステンレスを
ピカピカキレイにすることができるのです。

 

食器用洗剤等では落とすことができない
水垢や油汚れなどは
メラミンスポンジを使ってみると
いいでしょう。

 

ただ、コーティング加工してあったり、
光沢のあるステンレスには
あまり向きませんので
そこは気をつけてくださいね。

 

さぁ今から、身近にある重曹などで
お台所を磨いてみませんか。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました