マンション住まいの子供の騒音問題!裁判になったらどうなるのか!?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





マンションの騒音トラブルで
最も多いと言われているのが
子供の足音です。

足音の他にも
子供の騒ぐ声
多いトラブルに1つです。

騒音と言っても、
騒音だと感じるには
個人差があります

ですので、
どちらが悪いと言いにくく、
トラブルが長引いてしまう傾向にあります。

難しい問題ですよね。

ご近所さんとは
うまくやっていきたいものです。

とは言え、
うるさいのもストレスです。

そこで、
大家さん管理会社
間に入ってくれます。

それでも解決しない場合…

最悪の場合、
裁判となってしまうこともあります。

多くの場合は
「引っ越すなんて悔しい」
「負けた気がする」
とか感情的な部分が大きいです。

でも、裁判となると
感情的な部分を除けば
メリットはありません。

どちらも100%赤字になります!

裁判になってしまう前に解決しましょう。

マンションの子供がいる家族!騒音で訴訟を起こされる事例が!

スポンサードリンク

子供は本来うるさいものです。

元気いっぱい騒いでいるというのが、
健康的な子供の姿ではないでしょうか。

ただ、それが
昼間だったらまだいいけど、
夜もそれだと…

って人は多いと思います。

私は子供が好きだし、
元気いっぱいなのは
とてもいいことだと思います。

でも、仕事で疲れて帰ってきて、
家でゆっくり自分の時間を
楽しみたいと思っている時に
上の階の子供が騒いでいたら…

それは

「うるさい!!」

ってなります。

夜にうるさいのは
子供だろうと大人だろうとNGです。

そう思う人がほとんどだと思います。

「一回うるさくしたから即裁判」
となるわけではありません。

何度か注意をして、
時には大家さんや管理会社さんからも
注意してもらって…

それでも改善しない場合、
我慢の限界を超え、
裁判となってしまうのです。

世の中には色々な人がいます。

ちょっとしたことで
癇に障る人もいます。

裁判は訴える側も
大変な労力とお金がかかります

だから、
訴えたり訴えられたりということは
稀なことであるかもしれません。

でも
「世の中には色々な人がいる」
ということを忘れないで下さい。

もし、あなたの家族が
「訴えるぞ!」
と言われてしまってる場合、
それ相応のことをしてしまっているのです。

反省してください。

それ相応の事をしていない相手が悪質な場合は、
警察などに相談して早めに解決しましょうね。

マンションの騒音で裁判!費用はどれくらい?解決方法は?

裁判には7ケタのお金が必要
だそうです。

すぐに用意できる金額ではないですね。

「悔しい」
「負けた気がする」
という感情で払うには
かなりもったいない
金額のように思えます。

そして、
損害賠償が成立した場合、
賠償金は約40万前後とのこと。

100万単位の
お金と労力と時間を使って
赤字になるわけです。

裁判で得られるメリットは
「白黒はっきりする」
ということだけです。

もちろん、
これをどうとらえるかは
人それぞれだと思います。

白黒はっきりして、
騒音に悩まされることも
なくなることでしょう。

しかし、
住人同士の関係は
より険悪になることが予想されます。

マンションのほかの住民からも
「裁判まで起こした気難しい人」
と噂されそうです。

騒音対策はどうすればいい!?オススメの方法!

「それでも!」と
訴える人もいると思います。

他人にどう思われようと
関係ないという人はたくさんいますから。

解決方法としては、
小さいお子さんがいるのであれば、
部屋にコルクマットなどを敷いて
防音に努めましょう

そして、下の階含め、
近隣の住人とは
普段から挨拶をしたりして
コミュニケーションを取りましょう

要は、
仲の良い関係を築いておきましょう
ということです。

まとめ

マンションの騒音問題で
最も多いのは子供の足音

訴訟へ発展してしまうこともあります。

ですが、
お互い時間と労力とお金を使い
白黒はっきりする
ということ以外
メリットはありません

苦情を言われないためにも、
小さいお子さんがいる場合は、
部屋にコルクマットを敷くなど
対策をとりましょう。

コミュニケーションもしっかり取り、
普段から良好な関係を築きましょう

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする