ねぶたとねぷたそれぞれの意味の違いとお祭りの違いや日程を解説!

季節の各地方のイベント

夏の東北青森と言えば
ねぶた祭り!

しかし、同じくらい有名な
ねぷた祭りもあります。

どちらも由緒正しい
伝統あるお祭りだと
ご存知でしたか?

 

よくある誤解と言えば、
ねぶたは青森ねぶたのことで人形型、
ねぷたは弘前ねぷたのことで扇型
という認識です。

誤解が多く、
多くの人が正確な情報が
あいまいなのも事実です。

 

それでは、
ここでねぶたとねぷた、
それぞれの違いを
詳しくご紹介致します!

 

ねぶたとねぷたで一体何が違うの?!

スポンサードリンク

 

青森三大ねぶた、
と言われるのがこちら。

  • 青森ねぶた
  • 弘前ねぷた
  • 五所川原立ねぷた

この3つです。

 

私は3つめの五所川原立ねぷたは、
聞いた事がなかったです。

青森県五所川原市の地名に由来し、
津軽半島中南部にあります。

 

  • たは青森ねぶたのことで人形型
  • たは弘前ねぷたのことで扇型

こんな間違いが多いと最初にお話ししましたが、

 

★ 五所川原立ねぷたは
「ねぷた」と言われますが人形型で、
掛け声はヤッテマレと言うそうです。

★ 弘前ねぷたには
人形型のねぷたもあります。

★ 青森ねぶたには扇型はありません。

このように、
型の違いによって、

ねぶたとねぷたの呼び方が
異なるわけではありません

 

地域によって呼び方が違う!

青森周辺北津軽・下北近辺には
ねぶたという呼び方が多く、

弘前を中心にした津軽地方では
ねぷたという呼び方は多いようです。

 

津軽地方にあたる
五所川原立ねぷたが人形型であるのは、
型の違いによって
呼び方が違うという説を否定しますよね。

 

青森周辺には「ねぶた」という呼び方、
津軽地方には「ねぷた」が多い。

 

その理由は、
地方による訛りが原因
と言うことになります。

 

ねぶた祭の由来は?どんなお祭り?日程は?

ねぶた祭の由来は?

ねぶた祭りは、
青森ねぶたの歴史に由来があります。

 

奈良時代に中国から由来した七夕祭、
津軽の伝統行事の精霊送り、
人形送り、虫送りが一体化した
無病息災を願うお祭りと言われています。

 

その際に、
紙、竹、ローソクを利用した
灯篭ができて、
その後人形や扇を象った
灯篭になりました。

この竹と紙でできた灯篭のことを、
ねぶたと言いました。

 

 

戦争を経て、
一時は事実上衰退したかに見えたねぶたは、
企業が主体となり復興を遂げた経緯から、
観光・イベント化の要素を含みながら
現在に至ります。

 

「ねぶた」という呼び方は、
東北・信越地方のネンブリ流し
関東地方のエンブチ流し、
ネボケ流し、
ネムッタ流し
禊祓いのねむり流し、
これらの名称をもとにして、
といつのまにか
ねぶた言われるようになった
と考えられています。

 

祭りの内容は?

正式名称は、
青森ねぶた祭(祭り、まつり、ではない)
人形型で、20台ほどの参加です。
扇形はありません。

 

 

大きさは、

高さは5メートル
横は9メートル
奥行き7メートル

という規定があります。

高さより横幅が広いのが特徴です。
ハネトという衣装を着て進行します。
掛け声は、ラッセー
もしくはラッセーラー

 

ねぶた祭の日程は?

毎年8月2日~7日

2日から6日は夜間に行われ、
8月1日には前夜祭も行われるので、
実際には8月1日からねぶた祭り
という感覚になります。
ねぶたには種類あって、

  • 大型ねぶた
  • 子供ねぶた
  • 地域ねぶた

があります。

子供ねぶたは8月2日・3日に運行します。
雨天時は、
ビニールをかぶせて決行することが
多いようです。

 

ねぶた祭への参加しやすさは?

衣装を用意すれば参加OKです!

ハネト(跳人)として参加できます。

自由参加で、事前申し込みも必要ありません。

ハネトの衣装は、
市販なら1万円程、
レンタルで4000円前後です。
毎年300万人以上が参加する
と言われるほどの一大行事です。

 

ハネトは衣装が決まってるのでご注意を!

詳しくはこちら

ねぶた祭りのハネトに参加!スニーカーで踊ってもいい?私服はダメ?

ねぶた祭りのハネトは持ち物をどうしてる?バッグを持つのはNG?

 

ねぷた祭りの由来は?どんなお祭り?日程は?

 

ねぷた祭りの由来は?

江戸時代の七夕祭り、
松明流し、
精霊流し、
眠り流し、
盆灯籠などが一体化して、
現在のねぷたに発展したと
言われています。

また、眠り流しは、
夏の暑い時期、
過酷な農作業と繁忙期に
目に見えない魔物と、
疲労による睡魔を追い払おうとした
伝統行事です。

 

ねぷたという呼び方は、
眠り流しが、
ねむた流しねむたねぷた
訛りが混じって変化していったと
考えられています。

 

祭りの内容は?

ねぷたまつりは、
弘前ねぷたが有名です。

正式名称は、
弘前ねぷたまつり(祭、祭り、ではない)
多くが扇型ですが、人形型もあります。

扇型は明治時代以降に
作成されるようになったもので、
明治以前は人形型・箱型が主流でした。

80台ほどの参加があり、
大規模なお祭りです。

高さは、大きなものなら
高さ6メートルから10メートルで、
青森ねぶたよりも大きいので
迫力満点のようです。

掛け声は、

  • 弘前ねぷた「ヤーヤドー
  • 黒石「ヤレヤレヤレヤー

 

弘前ねぷたまつりの日程は?

8月1日~7日
前半と、後半でコースが異なり、

  • 1日から4日のコース
  • 5日から6日のコース
  • 最終日の7日のコースがあります。

後半になるにつれて、
大型のねぷたが運行されます。

 

弘前ねぷたまつりの参加しやすさは?

参加団体は毎年80団体と言われていて、
飛び入り参加を受け入れている団体があります。
服装や参加条件は
各団体によって異なるので、
詳しくはこちらでお問い合わせを!

弘前市立観光館 電話:10172-37-550

 

まとめ

 

ねぶたとねぷた、
それぞれの違いについてご紹介致しました。

地方による訛りが原因で
呼び方が異なるというのが事実です。

 

現在では、有名な祭りが
青森ねぶた・弘前ねぷた。

参加すれば、
なおいっそう楽しめるのは
間違いありませんね。

 

青森ねぶたを観に行って
幸運の鈴を拾うのもオススメですよ〜

ねぶた祭りのハネトの鈴をGETすると幸運になれる!?拾える場所は?

 

是非、夏の参加型イベントとして
ご検討してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました