結婚式のご祝儀が2万円じゃ非常識?主婦が出席するならあり!?

結婚式・新婚旅行&結婚祝い

結婚式にご祝儀はつきものですよね。

友人が結婚するのは嬉しいけど、
金欠でご祝儀が
ちょっと厳しいからなぁ…

と出席を悩んだりしたこと
ありませんか?

 

友人へのご祝儀の相場は3万円
と言われています。

金欠の時に3万円は
なかなか厳しいです。

 

学生さんや新卒で
働き始めたばかりだったり、
主婦で働いていないという
あなたにはさらに厳しいですよね。

 

「1万はさすがに失礼だけど
2万はどうかな?」
なんて考えてしまいます。

 

実際、私も主婦で
働いていないので、
まさに今その状態です。

さらに付け加えると、
結構若い時に結婚したので
式を挙げていません。

 

だからといってはなんですが、
ちょっと少なくても許されるかな?
なんて思ったり…

 

というわけで、
今回はこの問題について
調べてみました。

 

先に言っておくと、
ご祝儀が2万円というのは
非常識とまではいかないものの、
やはり3万円を包むのが妥当だと思います。

なぜなのか
これから説明していきます。

 

ご祝儀が2万だと非常識になる?節約主婦なら許してもらえる?

スポンサードリンク

 

まず、ご祝儀には
2つの金額が含まれている
と言われています。

 

  • 新郎新婦が結婚式で
    出席者をもてなすのにかかる金額
  • 出席者から新郎新婦へのお祝いのお金

 

おもてなしにかかる費用は大きく

  • 披露宴の食事代
  • 引き出物代

の2つです。

その2つの
一般的な相場は次の通りです。

  • お食事代 ・・・ 15000円~20000円
  • 引き出物代・・・ 3000円~7000円

 

出席者1人のおもてなしに
2万円前後かかるということですね。

これにお祝いのお金の
1万円をプラスした3万円
というのが相場と言われる所以です。

 

ですが、
どうしても3万円を用意できない…

そんな時は
「おもてなしにかかる金額」だけでも
ご祝儀としてお返しするのがマナー
とされています。

 

 

ですので、
おもてなしにかかる2万円以上で
切りの良い金額であれば、
マナー違反ではない
とされているようです。

そうは言っても、一般的には
ご祝儀は3万円
というイメージが強いものです。

基本は3万円で、
2万円は一部の場合のみOK
と思っておきましょう。

 

「一部の場合って?」
と思ったあなた。

次で説明します。

 

ご祝儀2万円は20代ならあり?新卒者や若者ならありなのかな?

 

ご祝儀が2万円でもOKな場合は
次のような場合が考えられます。

  • 学生
  • 社会人1~2年目
  • 経済的にどうしても苦しい状況

 

学生や働き始めは
経済的に余裕が
あまりないことが考えられます。

専業主婦で働いていない場合は
「経済的にどうしても苦しい状況」
に入るのではないでしょうか。

そのような場合は
ご祝儀に2万円包んでも問題ない
とされているようです。

 

ですが、
自分が先に結婚式を挙げていて
3万円をご祝儀として
頂いていた場合は
同じ3万円を包むのがマナーです。

なんとかして用意しましょう。

お金がないのだけれど
2万円は気がひけるなぁ…
と思う場合。

後日、プレゼントを渡したり、
食事に招待したりして
お祝いの気持ちを
伝えたらいいと思います。

 

まとめ

 

ご祝儀が2万円というのは
非常識とまではいかないものの、
やはり3万円を包むのが妥当です。

 

どうしても
3万円を用意できない…

そんな時は
「おもてなしにかかる金額」だけでも
ご祝儀としてお返しするのがマナー
とされています。

 

おもてなしにかかる2万円以上で、
切りの良い金額であれば
マナー違反ではない
とされているようです。

 

そうは言っても一般的には
ご祝儀は3万円
というイメージが強いものです。

基本は3万円で、
2万円は一部の場合のみOK
と思っておきましょう。

 

ご祝儀が2万円でもOKな場合は
次のような場合です。

  • 学生
  • 社会人1~2年目
  • 経済的にどうしても苦しい状況

 

ですが、
自分が先に結婚式を挙げていて
3万円をご祝儀として
頂いていた場合は
同じ3万円を包むのがマナーです。

 

お金がないのだけれど
2万円は気がひけるなぁ…と思う場合。

 

後日、プレゼントを渡したり、
食事に招待したりして
お祝いの気持ちを
伝えたらいいと思います。

 

参考にしてみて下さい!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました