防災グッズを用意してない人は早めに準備を!最低限の備えをしよう!

スポンサードリンク





いつ起こるか分からないのが自然災害です。

悠長に構えていると
突然の災害に見舞われるケースもあるでしょうし、
慌てて有事に備えたものの、
全く発生の兆候がなく、
出来ればゆっくり
防災グッズの精査を行いたかった
というケースもあるでしょう。

これに関して正解はありません。

それこそ
いつ発生するか分からない事象だからです。

したがって、
決して慌てる必要は無いものの、
忘れないうちに
個々人に出来る範囲の備えを行うことが
肝要なのです。

では、いざ備えを検討するとして、
何を常備すると良いのでしょうか。

避難時は出来るだけ身軽な方が
自由が利いて良いはずです。

つまり、
荷物は出来るだけコンパクト
かつ軽量を目指す必要があります。

その為に防災グッズに関して
一貫した考えを持つ必要があります。

防災グッズは
あくまでも避難生活支援グッズです。

最悪無くても生きていけます。

それでは、
避難の邪魔にならない
最低限の備えとは
どんなものかについて、
これから考えてみましょう。

防災グッズ最低限必要なものって知ってる?一人暮らしでも用意が必要!

スポンサードリンク

まず、一人暮らしでも
防災グッズが必要か否かについては、
明確に必要です。

仮に家族がいれば、
家族一人一人の備えを作る必要があります。

荷物の分散化は軽量化でもあり、
万が一はぐれても、
個人個人で防災グッズを活用できるからです。

最低限必要なものについては、
予めリスを作成すると、
防災グッズを揃えるのにも
不足が出にくくなりますのでお勧めです。

次に絶対入れておきたい
最低限をいくつかご紹介します。

  • 懐中電灯
    (小型軽量で充電機能やラジオなど付いた
    多機能ライトがお勧めです。)
  • 軍手(怪我防止)
  • マスク(災害時の防塵に)
  • 折りたたみスリッパや靴
    (玄関から逃げられなかった場合に備える)
  • ホイッスル(救助に合図)
  • 簡易救急セット
    (怪我をすることに備える)
  • 最低限の日用品
    (タオル、ポケットティッシュ、常備薬、歯ブラシなど)
  • ヘルメット
  • 多少の非常食と水
  • 軽量サバイバルシート
    (防寒・保温シート)

この中でヘルメットの用意が難しい場合は
帽子などに置き換えてみても良いでしょう。

最低限の備えが命をつなぐ!防災グッズのリストを参考にしよう!

手ぶらでも避難所までたどり着けば、
何とかなるでしょう。

ただし、救援物資が届くまでは
ある程度時間がかかります。

また、避難所の生活も
事態が落ち着くまでは
混乱を極めるでしょう。

その間に重宝するのが防災グッズです。

前述のリストに
個人個人で省略、置き換え、追加などを行って
より軽量活コンパクトにまとめてみましょう。

もちろん、
用意をしてすぐに活用するとは限りません。

つまり、
時代の移り変わりにより、
便利グッズも変わってきますし、
防災グッズの必需品の概念も変わってきます。

数年に一度内容を見直すことをお勧めいたします。

まとめ

一番は何もないことなのですが、
地震は断層活動の一環で発生します。

台風は大気の流れにより発生します。

竜巻も自然現象で、
火事は時に自然が関係し、
場合によっては人的災害もあります。

つまり、いつとは言えませんが、
いつかどこかで発生するからこそ、
いつも意識の片隅に
防災を掲げておく必要があると
私は思います。

防災グッズも
その一環で備えることになりますし、
地域活動として
消防団などに参加するのも良いでしょう。

生きてこそ楽しい未来が得られます。

その為に、様々な視点で備えていきましょう。