これでスッキリ!目元のむくみの取り方はこうやるべし!

スポンサードリンク





朝起きたら目元がむくんでいることが
ありますよね。

目元がすっきりしないと
化粧もなんか決まらなくて、
憂鬱な気分で一日を
スタートさせなくてはなりません。

そんなときに試してみたい
朝、目元のむくみを取る方法
ご紹介します。

目元のむくみの取り方

スポンサードリンク

目元がむくんでいるときは
まず血行をよくしてあげることが
大切です。

ホットタオルを作り、
3分ほど目元を温めます。

そのあと、冷水でタオルを濡らし絞り
冷やします。

温めて血行をよくし、
むくんだ目元を冷水で引き締めます。

これを2~3回繰り返すことで、
むくみを解消できます。

そのほかには、
マッサージが効果的です。

リンパがある首をほぐし、
顔のポイントマッサージをします。

首を5周ほど回します。
そのあと、首のリンパを
なぞるようにさすり
鎖骨に流します。

ポイントマッサージでは、
眉間のへこみに指を添え
眉毛の流れに沿って動かします。

マッサージをすると
だいぶ目元がすっきりする感じが
すると思います。

目元がむくまないようにするには?

なぜ朝、目元がむくむかというと、
前日の夜の行動が原因のものと
日ごろ、むくみがたまりやすい体質なことも
原因になります。

前日の夜に、
お酒を飲みすぎたから、
というのはよく聞く理由ですね。

お酒を飲むと利尿作用で
体の中の水分が出ていきます。

そのため、のどが渇いて
過剰に水分をとって
むくみに繋がります。

また、塩分の多い食事をとっていると
体の塩分を薄めようと
水分をため込みやすくなってしまいます。

寝ているときは横になっているので、
余計な水分がたまりやすい状況が
できてしまいます。

低すぎる枕で寝ていると
頭のほうに水分が溜まり、
やわらかいまぶたに
特にむくみができるのです。

朝、むくまないようにするには、
余計な水分をため込まないように
する必要があります。

お酒の飲みすぎは避けて、
塩分の多い偏った食事は
改善しましょう。

また、日ごろから
適度な運動をするようにして血行をよくし
老廃物のたまりにくい体質を作ることも
大切です。

カリウムが含まれている食べ物は
体の塩分濃度を調節して
余計な塩分を体の外に出してくれます。

むくんで困っているときは
朝に、カリウムを含むバナナやキウイを
食べてみるのもおススメです。

まとめ

朝、目元がむくんでいる理由は
血行不良によって
老廃物や水分が
流れにくくなっていることが多いです。

横になっていることで
頭のほう、特にやわらかい目元は
むくみができやすい部位です。

マッサージをして流れをよくし、
また日ごろの食生活を見直して
むくみにくい体を手に入れましょう。