花粉症で肌荒れってあるの!?どんな食べ物で対策すればいい!?

花粉症

花粉症の症状といえば「鼻水」・「くしゃみ」・「目のかゆみ」・「涙」などが一般的ですね。

 

しかし、実は花粉症による「肌荒れ」も多くの人が悩まされる症状の一つです。

 

 

花粉症による肌荒れを「花粉症皮膚炎」といいますが、特に化粧をされる女性にとっては大問題ですよね?

 

 

今回は、花粉症で肌荒れになる原因、花粉症皮膚炎の対策、花粉症の肌荒れに効く食べ物についてご紹介していきます。

 

花粉症で肌荒れになる原因

スポンサードリンク

 

花粉症で肌荒れになる原因は主に3つあります。

① 肌への摩擦

花粉症の方はマスクをしたり、ティッシュで鼻をかんだりすると思いますが、これが皮膚への摩擦になり肌荒れを起こしています

また、目がかゆくなる人は無意識に目をかいているかもしれません。
これも摩擦になります。

 

② 乾燥

花粉症がひどくなる春先ではまだ湿度が低く、紫外線も強くなる時季です。
環境的に乾燥しやすいので肌荒れの原因につながります。

 

③ 肌のバリア機能の低下

肌の表面の角質層にはバリア機能があり、肌のうるおいを保ち、刺激や異物から肌を守ってくれます。

しかし、摩擦や乾燥により角質に傷がつくことでバリア機能が低下します。

そして、その角質の隙間から花粉が入り込み、直接肌を刺激することで炎症やさらなる肌荒れを引き起こします。

 

花粉症皮膚炎の対策

肌荒れの対策はいろいろあります。
それぞれの方法について説明していきます。

① 肌に刺激をあたえない

肌をなるべく触らないようにしましょう。
洗顔はなるべくクレンジングを使わず、洗うときはゴシゴシ洗わないでください。

スキンケアの時もなるべく肌をこすらないようにして、1つで化粧水、乳液、美容液が含まれているようなものを使えば肌に触れる回数も減らせます。

 

② スキンケアの化粧品を変える

もし、いつも使っている化粧水がヒリヒリしみるような場合は、保湿力が高いものよりも、低刺激な敏感肌用のものに変えるとよいでしょう。

 

③ メイクは控えめに

メイクを濃くしてしまうとそれ自体も肌に負担をかけますが、メイクを落とすときも更に肌へ負担をかけてしまいます。

 

④ 室内に花粉を持ち込まない

外から建物に入る時は頭や体をはたいて花粉を落としてから入りましょう。
また、室内に空気清浄器を完備して室内の空気をきれいに保ちましょう。

 

⑤ 肌のバリア機能の改善

肌のバリア機能の改善には睡眠や食事などの規則正しい生活習慣が重要です。
また、加湿器で部屋の湿度を50~60%くらいに保つと肌にいいです。
そして、肌のバリア機能を高める栄養を意識して摂ることです。

 

⑥ 最終的には病院へ

何をしても改善できない場合や、すでに症状が深刻な場合は病院へ行きましょう。

 

花粉症の肌荒れに効く食べ物

肌のバリア機能を高める栄養素は(ビタミンA・E・B2・B6・C)です。
そして、花粉症と肌荒れに効く食べ物は以下の通りです。

 

① 花粉症の症状を緩和する

レンコン、甜茶、ヨーグルト、玉ねぎ、ゴボウ、きくらげなど。

 

② 肌荒れに効く食べ物

うなぎ、鶏肉、キウイなど。

食べ物に関してはキリがないので選ぶのが手間だという方には、野菜ジュースやサプリメントもオススメです。

 

まとめ

上記の内容をまとめます。

  • 花粉症で肌荒れになる原因
    ① 肌への摩擦
    ② 乾燥
    ③ 肌のバリア機能の低下
  • 花粉症皮膚炎対策
    ① 肌に刺激をあたえない
    ② スキンケアの化粧品を変える
    ③ メイクは控えめに
    ④ 花粉を持ちこまない
    ⑤ 肌のバリア機能の改善
  • 花粉症の肌荒れに効く食べ物
    ① 花粉症を緩和する:レンコン、甜茶、ヨーグルト、玉ねぎ、ゴボウ、きくらげなど。
    ② 肌荒れに効く食べ物:うなぎ、鶏肉、キウイなど。

肌のバリア機能を高める栄養素は(ビタミンA・E・B2・B6・C)です。
場合によっては野菜ジュースやサプリメントも有効です。

 

いかがだったでしょうか?

もし、花粉症で肌荒れになってしまった場合は上記の内容を参考にしていただき、肌荒れがひどくなる前に対処しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました