生えてきます!ネギの再生は何回までできる?リボベジ

家事のあれこれ

リボベジという言葉をご存知でしょうか?

 

どうやらリボーンベジタブルを
略した用語のようです。

 

再生する野菜、すなわち
野菜の切れ端を栽培することで
再び食べられる状態になる野菜のことを
リボベジというのだそうです。

 

参考文献として次のサイトをご紹介いたします。

www.e-obs.com/tv/special/reborn_vegetable/about

 

リボベジは
本来捨てられるような切れ端を使って
栽培するところがエコであり
経済的で、魅力的な野菜活用法です。

 

さて、今回このリボベジについて
もう少し掘り下げてみましょう。

 

ネギの再生は何回までできるの?

スポンサードリンク

 

もしも無限に再生できるのであれば、
これほどありがたいお話はないでしょう。

 

けれど、これに関しては
実際に実験してみないことには分かりません。

 

ここで、実際に試されているサイトを
一つご紹介いたします。

ネギの再生は何回できる?キッチンで再生野菜の作り方を紹介!
こんにちは!最近、野菜が高いですよね~。そんな時におすすめなのが、キッチンでも出来る再生野菜です。出来るものは限られていますが、少しでも出来たら節約になりますよね!そして成長していくのを見るのが楽しみになるんですよ^^今回はネギの再生は何回

 

栽培方法に水栽培とプランター栽培の
二つの方法があることが分かりました。

 

水栽培は水に浸すだけの
簡単な栽培方法です。
時々水を換える必要があります。

 

一方プランター栽培は
プランターと土、肥料を用意する必要があり、
初期投資が必要です。

 

この二つの栽培方法で得られる違いは、
ネギの再生回数のようですね。

 

  • 水栽培は2回が限界
  • プランター栽培は工夫により
    何度でも再生する

 

と言った結果が
実践により得られたようです。

 

 

ただし、プランター栽培においては
再生を重ねていくうちに
栄養分が不足してくるためか、
再生後の太さが
だんだん細くなっていく傾向にあるようです。

 

したがって、様子を見ながら
栄養補給として肥料を加えると、
元気を取り戻し延命させることができます。

 

上手に再生栽培する方法は?

 

水栽培の場合、定期的な水の交換が必要です。

 

基本的には毎日交換を心がけましょう。

 

放っておくと、カビが生えてしまうので
楽な栽培方法とは言え、
放置しないよう気に掛けてあげて下さい。

 

根っこから5センチ程度を残して
使用して下さい。

 

 

プランター栽培の場合、
根っこに関しては水栽培と変わりません。

 

土に植えて水やりを忘れないことです。

 

再生を繰り返していくうちに
細くなってくるようであれば、
肥料を加えて下さい。

 

 

どちらにも共通していることは
太めのネギを選んで植える方が
元気に再生してくれるようです。

 

まとめ

 

季節が春から夏にさしかかると、
プランターで野菜の栽培を始める方も
多いことでしょう。

 

ただし、初めては何事もうまくいかないモノです。

 

その為、まずは簡単なリボベジから始めると、
家庭菜園のハードルもグッと下がってきて、
楽しめるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました