エアコン暖房の適切な使い方を知りたい!節約になる設定温度とは!?

疑問解決法

寒い季節の暖房器具は
何をご使用になりますか?

子供の頃は、
石油ストーブが部屋の隅で
陣取っていました。

現在の住まいでは
専らエアコン任せで、
リビングの一角に
電気カーペットを
敷いているくらいです。

 

エアコン、ファンヒーター、
電気ストーブ、オイルヒーターなど
様々な暖房器具がありますが、
それぞれ得意とする用途があるそうです。

 

まずは、
わかりやすく紹介されているサイトを
ご紹介いたしますのでご覧下さい。

 

【2020年最新版】電気代の安い暖房器具を知って暖房費を節約しよう!
冬の暖房費はできるだけ抑えていきたいものです。パネルヒーター、ファンヒーター、オイルヒーター、電気ストーブ、エアコン、こたつ、ホットカーペット、電気毛布、電気ひざ掛けなど様々な暖房器具から特徴別に比較し、電気代の安い暖房器具をご紹介しています。

 

1. 空間を暖める暖房器具

 

エアコン、ファンヒーター、オイルヒーター。
エアコンファンヒーター
比較的早く暖かい風を出しますが、
風を送る分乾燥しやすくなります
一方オイルヒーター
暖まるのに時間がかかりますが、
輻射熱でジワッと空気を暖めるため
乾燥しにくくなります

 

2. 照射対象を暖める暖房器具

電気ストーブ
ストーブ正面の対象を暖めるのに最適で、
熱の伝導は赤外線や遠赤外線で行います。

 

3. サブ暖房器具

こたつ電気マット
毛布や布団などを用いた
狭い空間内を暖かくするのに
重宝します。
部屋全体を暖かくしながら
不足を補う暖房器具です。

 

ご紹介いたしましたサイトには、
各暖房器具の
平均的な電気代についても
記載されていますが、
今回のテーマであるエアコンは
設定温度によって働きが変わるため、
料金はある程度変動します。

もちろん、
少しでも節約しながら
快適な空間を実現したいのが
人の正直な気持ちですね。

 

それではもう少し
エアコンの暖房を使用する上での
お勧めポイントについて
掘り下げてみましょう。

 

暖房でエアコンを使う時の適温ってどれぐらい?おすすめの設定温度!

スポンサードリンク

 

この設定温度で
サーキュレーターなどを活用し、
室内の空気を効率的に循環させたり、
窓に断熱シートを貼り付けて
不要な放熱を抑えることで
暖房機能高めると、
お財布にも優しくなるそうです。

 

冬の暖房代金を節約したい!暖房効率を上げるコツとポイント!

 

 

節約には不要な放熱を抑えることと、
身につける者の工夫が必要です。

 

1. 不要な放熱を抑える

窓ガラスは夏も冬も
空調効率を落とす大きな要因になります。
断熱ガラスでなければ、
エアパッキン(プチプチ)
断熱フィルムなどを活用し、
窓ガラス越しの放熱を予防しましょう。

 

2. 身に付けるモノを見直す

暖房をガンガン効かせるのも良いですが、
自身の身に付けるモノを見直すと、
余計な暖房をかけずに
快適な暖かさを確保できます。
ブランケットなどを活用することもお勧めです。

 

まとめ

暖房は、
エアコンとサーキュレーター、
こたつなどを組み合わせると
効率が上がることが分かりました。

さらに、
身につけるモノにも工夫をすると、
余計なエネルギー消費が避けられます。

 

いろいろ試して
自分に一番合った暖の取り方を
見つけ出しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました